紀里谷和明、再婚の可能性は?離婚原因って?実は素顔はこんな人

紀里谷和明、再婚の可能性は?離婚原因って?実は素顔はこんな人
出典元:紀里谷和明Twitter

【紀里谷和明 再婚 可能性 離婚 原因 実は 素顔 こんな人】

紀里谷和明さんと言えば、映画監督で宇多田ヒカルさんの元夫というイメージが強いですね。そんな紀里谷和明さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

紀里谷和明 プロフィール・経歴

【芸名】紀里谷和明(きりや かずあき)
【出身】熊本県
【生年月日】1968年4月20日
【職業】映画監督・写真家

父親は、熊本・宮崎で手広くパチンコ店を経営する岩下兄弟株式会社の代表を務め、母は軍人の娘の長男として生まれる。

1983年、中学2年の終わりに中退し、単身アメリカのサンディエゴに行きマサチューセッツ州にある全米一のアートハイスクール「Cambridge School of Weston」に進学する。

学校では、デザイン・音楽・絵画・写真などハイレベルなアートを学ぶ。

卒業後の1987年にパーソンズ美術大学環境デザイン科に進み建築を学ぶが、2年で中退。

学生時代当初はビジネスマンを目指していたが、英語が通じない時に自分が描いた絵を渡して喜ばれた経験からアートの世界を志向するようになっていく。

21歳のときデザイン会社を設立するもうまくいかず、ヨーロッパやアフリカを放浪。大学中退後の5年間は何をやってもうまくいかず、自ら「暗黒の時代」と呼んでいた。

NY在住時26歳のときに知り合いから頼まれた音楽雑誌『VIBE』用の作品をきっかけに写真の仕事を始め、ジェイ・Zなど多くのアーティストの写真を手掛けるようになる。

以降、日本国内外でPV制作も数多く手掛ける。CM、広告、雑誌のアートディレクションや映画『御法度』の劇場用ポスター写真撮影など幅広く活躍。

2004年、子供のころ好きだった『新造人間キャシャーン』を映画化し、監督デビューを果たす。

2009年には2作目『GOEMON』を制作し、明智光秀役で俳優としても出演。2012年チェコで、クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマンさん出演の映画『ラスト・ナイツ』を撮影、2015年公開。

再婚の可能性は?離婚原因って?

撮影がキッカケで知り合いその後2002年に宇多田ヒカルさんと結婚しました。が、2007年に離婚しました。
離婚原因って?

「好きになるのに理由がないように、別れることにも理由はない。気持ちのことだから、何ひとつ解析できないんですよ。解析できたら解決するもん」と説明。結論として「結局、彼女は若すぎた。俺は未熟だった。そういうことだと思う」と明かしている。
(引用元:http://www.oricon.co.jp/)

また、結婚したことについて、未練とかでなはく今でも結婚してよかったと思っているし、今でも愛している。とインタビューで答えられていたようです。まっ、後悔はしていないということでしょうね。

再婚の可能性は?
宇多田ヒカルさんは既にイタリア人男性(バーテンダー)と結婚し出産されましたので宇多田ヒカルさんとはありえないですが、他の人との噂などあったでしょうか?

どうやら噂によると2010年ごろモデルの冨永愛さんと恋愛の噂があったようです。お互いバツイチ同士なのでもしかしたら再婚?なんてこともありうるかもしれないですね。

実は素顔はこんな人

紀里谷さんをみていると自信たっぷりな感じが見受けられていましたが、このようなことを述べられていました。

子供の頃、父親が経営するパチンコ店の工事現場を見ていた経験が、大人数を取りまとめなくてはならない映画制作の現場に役立ったといい、「パチンコ屋の息子でなかったら、今の自分はなかった」と。
(出典元:Wikipedia)

なんだか、自信の裏には親御さんのことをとても尊敬されているのだなぁということが伝わってきました。

また、彼は物を持たない主義で、服は3着ぐらしかなく部屋はワンルームにベッドとソファだけなんだそう。食事に関しては、ベジタリアンで、基本的に肉は食べないで魚は少量のみという。だからあんなに細いのね。

まとめ

テレビ『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演する紀里谷さん。どのようなトークをされるかすごく楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク