とよた真帆、結婚した相手は青山真治で子供は?いしだ壱成と同棲した仲

とよた真帆、結婚した相手は青山真治で子供は?いしだ壱成と同棲した仲
出典元:オフィス・メイ公式サイト

【とよた真帆 結婚 相手 青山真治 子供 いしだ壱成 同棲】

いくつになっても綺麗でスタイルも維持されているとよた真帆さん。そんなとよたさんのことについて迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

とよた真帆 プロフィール・経歴

【芸名】とよた真帆(とよた まほ)
【本名】青山真穂(あおやま まほ)(旧姓:豊田)
【出身】東京都
【生年月日】1967年7月6日
【身長】173
【血液型】A
【趣味・特技】カメラ・絵画・茶道
【その他】オフィス・メイ 所属

1983年学習院女子高等科在学中にモデルを始め、1984年に文化学院美術科へ転校。1986年にアニエス・ベーの日本人モデルとしてパリコレクションに出演する。

その後1989年からは女優業を開始する。テレビ『愛しあってるかい!』で女優デビューを果たす。また趣味の絵画では個展も開催するほどの腕前。

テレビ収録で訪問したベルギーが縁となり2009年11月からブリュッセル・ワロン地域親観光大使に就任。

現在も、様々なドラマ・映画に出演し活躍しています。

結婚した相手は青山真治で子供は?

2002年7月9日、とよた真帆さん(当時35)は映画監督の青山真治さん(当時38)と結婚しました。青山監督は、2000年に『EUREKA(ユリイカ)』でカンヌ国際映画祭の国際批評家連盟賞を受賞。同名の小説で三島由紀夫賞も受賞している。まさに国際的に活躍している監督です。

とよたさんは、カンヌ国際映画祭に出品された青山監督の『月の砂漠』に出演していたようです。そしてとよたさんの主演舞台『私のなかの悪魔』は夫の青山監督が脚本・演出を担当されました。

今後の夫婦タッグについて「2年に1回ぐらいできるといいですね」と青山監督。とよたさんも「相当エネルギーを使うので、2年に1回が限界かなと思います」と意見を一致させたよう。

仲がいいのがうかがえますね。そんなお二人の子供さんについてですが、どうやらいないようです。こればかりは授かりものですからね。

いしだ壱成と同棲した仲

今、とよた真帆さんもいしだ壱成さんもそれぞれ別の方と結婚し幸せな家庭を築かれていますが、過去に二人は付き合い同棲していたようです。

二人の出会いは、1997年に放送していた2時間ドラマ『エデンの東』で共演し知り合いました。当時とよた真帆さん(30歳)、いしだ壱成さん(23歳)で7歳年が離れていました。年上の先駆けですね。

その後、二人は同棲生活をスタートさせ、モルディブへ旅行に行ったりなどしていたようです。しかしそんなラブラブな生活は2001年に終わりを迎えます。

破局した直接の原因は不明ですが、噂によればいしだ壱成さんの大麻事件直前だったため、真相を知ったとよたさんが愛想をつかしたと言われているようです。人生色気という感じですね。

まとめ

今後、とよた真帆さん・ご主人である監督のご活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク