堀内正美、神戸在住の理由は息子?家族構成が凄い!さんま御殿では何を?

堀内正美、神戸在住の理由は息子?家族構成が凄い!さんま御殿では何を?
出典元:(株)オフィスAMI

【堀内正美 神戸在住 理由 息子 家族構成 凄い さんま御殿】

ベテラン俳優・堀内正美さんがテレビ『踊る!さんま御殿!!』に出演されるということで堀内さんについて色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

堀内正美 プロフィール・経歴

【芸名】堀内正美(ほりうち まさみ)
【出身】東京都
【生年月日】1950年3月22日
【身長】172
【血液型】AB
【その他】(株)オフィスAMI 所属

舞台 蜷川幸雄演出の『心情あふるる軽薄さ』に衝撃を受け、舞台演出を志すようになる。桐朋学園大学短期大学時代、劇作・演出を学んでいる時にスカウトされる。

そして1973年ドラマ『わが愛』で俳優デビューを果たす。その翌年にはNHK朝ドラ『鳩子の海』でヒロインの憧れの人を演じ、知名度が上昇し全国に名が知られるようになる。

その後、実相寺昭雄監督との出会いをきっかけに、個性的な役柄を次々と演じるようになり、ベテラン俳優として確固たる地位を築づいていきます。

現在もなお、さまざまなドラマ・映画・舞台などに出演し活躍しています。

神戸在住の理由は息子?

堀内さんは東京から神戸に在住しています。それには理由があってとてもいい話なんです。

堀内さんには息子さんが2人いて、その1人長男がアトピー体質で一向に改善しなかったそうです。そんな中、お医者さんに「アトピーは潮風がある場所がいい。」と言われたそうです。

そこで、堀内さんは息子さんを思い引っ越しを考えました。仕事柄、関東近郊で探す選択肢もあったそうですが、最終は海と山に囲まれ自然も多くある神戸市に決めたそうです。それには奥さんも大賛成し、1984年から家族で移り住んだという。

素敵な家族なんだろうなぁと想像がつきますね。

1984年、東京から神戸市に転居し何十年となる堀内さんは、さまざまな活動をしています。

【活動】

1995年、「阪神淡路大震災」の後に、神戸市民の合言葉「がんばろう!!神戸」を提案し、市民ボランティア団体「がんばろう!!神戸」を結成しました。

そして避難所・仮設住宅・復興住宅で被災者支援活動の運動を。神戸市役所近辺にに建立されている「1・17希望の灯り」の碑文は堀内さんが書いたものだそうです。(神戸市役所南隣りの東遊園地にある慰霊と復興のモニュメントゾーンに建立)

現在は、震災だけでなく事件・事故の遺族も参加して設立した認定特定非営利活動法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り」の理事を務められているようです。

そして「震災から学んだこと」「市民活動について」「まちづくり」「生と死」「子育て」などといった講演活動を全国各地で行っています。
(出典元:Wikipedia)

例えば、こんなことをしたいと思っていてもなかなか行動に移せないのが現実の中、自ら率先し世の中の為に活動している堀内さんって素敵な方ですよね。応援したいという気持ちが一層大きくなりました。

家族構成が凄い!

堀内さんの家族構成は、父は映画監督の堀内甲さん。叔父はモダンバレエの創始者、堀内完さん。

セントルイスバレエ団のオーナーであり芸術監督の堀内元さん、ユニーク・バレエシアター芸術監督の堀内充さん・堀内かおりさん、また陶芸作家の服部牧子さんはいとこにあたるそうです。

凄いですね。言われてみれば、堀内さん自身が外見的にどこか品があるような感じがしますね。やはり育ちでしょうかね。

さんま御殿では何を?

2015年9月8日(火)19時56分〜テレビ『踊る!さんま御殿!!』に堀内正美さんが出演します。気になる番組内容は、「家族を愛する幸せパパVS独身女性が激突!」。

堀内さんがどんなトークをされるかまたさんまさんとの絡みも楽しみですね。

【ゲスト一覧】
・泉谷しげる
・岡まゆみ
・川田裕美
・塩村あやか
・高田延彦
・滝沢カレン
・千原せいじ
・鶴久政治
・堀内正美
・三倉茉奈
・光浦靖子
・May J.
・山根良顕(アンガールズ)

お笑いの方や女優さんと個性的な人も出演するのでほんと面白そうですね。

まとめ

ダンディな堀内さん。今後も素敵な作品に出演していってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク