葉月里緒奈、旦那は御曹司?子供の学校って 現在、魔性から柔和な顔つき

葉月里緒奈、旦那は御曹司?子供の学校って 現在、魔性から柔和な顔つき
出典元:フライングボックス

魔性の女と呼ばれていた葉月里緒奈さんは90年代に活躍していた女優さん。

最近めっきりテレビで見かけていませんでしたが、2015年9月26日(土)21時から『土曜ワイド劇場「森村誠一作家50年記念 終着駅シリーズ・善意の傘」』に出演します。

そんな葉月さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

葉月里緒奈 プロフィール・経歴

【芸名】葉月里緒奈(はづき りおな)
【出身】東京都
【生年月日】1975年7月11日
【身長】166
【血液型】B
【特技】英語・乗馬
【学歴】ウィリアム・フレムド高校卒
【その他】フライングボックス 所属

葉月さんは、親の仕事の関係で10歳から高校2年生までアメリカのシカゴで過ごした帰国子女です。

そんな葉月さんのデビューのきっかけは1992年に写真家・会田我路さんに見出され芸能界入りしました。

1993年ドラマ『丘の上の向日葵』の出演で本格的にデビュー。美少女女優としてドラマ・CMに出演し人気を博しました。

1995年、映画 『写楽』で初主演に。1998年篠山紀信さん撮影のヌード写真集を出し40万部も売れる大ヒットを記録し話題となりました。

2003年には映画『スパイ・ゾルゲ』に出演するもそれ以降は、結婚・出産により芸能活動を休止する。2006年、ドラマ『相棒』の出演で女優業に復帰し、現在に至ります。

旦那は御曹司?

葉月さんは、1998年にハワイ在住の寿司職人と電撃結婚しましたが、わずか2ヶ月で離婚しました。そして2004年に別の一般男性と再婚し、2004年11月7日に長女を授かりました。

当時、一般男性と結婚と報じられていましたが実は旦那さんは不動産会社の社員ではなくてお父さんと一緒に不動産会社をやっている御曹司だったそうです。

今では、高級車に乗り豪邸に住んでいるようです。芸能界復帰の理由は稼がなくては!という焦りではなくて娘さんの手が徐々に離れてきたという理由でテレビ復帰をしたそうです。

セレブ妻になっていく葉月さんは幸せそうで何よりですね。

子供の学校って?

葉月さんの子供さんがどこの学校に通っているか気になりませんか?稼ぎがいい旦那さんということでさぞかしいい学校に通われていることでしょうね。

噂によれば、娘さんは聖ドミニコ学園に通っていると言われているようです。

この学校の所在地は、東京世田谷区。人間としての基本的な性格が涵養される時期に、カトリック的世界観を基礎にして、幅広い感性を得るように教育しているという学校だそうです。

他の芸能人で言えば、極楽トンボの加藤浩次さん、細川直美さんのお子さんなどが通われているそうです。

現在、魔性から柔和な顔つき

過去に「魔性の女」と言われていた葉月里緒奈さん。それはミステリアスな魅力を漂わせ、恋愛に対する自分の主張をしっかりと持っていました。

1995年映画初出演作『写楽』で共演した真田広之さんとの不倫が話題になりました。その時に葉月さんは「恋愛相手に奥さんがいても平気です」と言ったことで「魔性の女」と呼ばれました。

そして真田さんは離婚するが、葉月さんとはすぐに破局。その後、葉月さんはイチローさん(世界で活躍するプロ野球選手)との交際が報道される、ヌード写真集を出版、ハワイのすし職人と電撃結婚するもスピード離婚するなど、お騒がせタレントになってしまった。

またテレビ番組で「岡村さん(ナインティナイン)と食事し、告白したが振られた」と暴露していたことも。

数年後が経過し、ある日葉月さんを発見した記者が「『魔性の女』と言われた葉月さんが、すっかり落ち着かれて幸せそうに見えますね。」と投げかけると葉月さんは、怒るどころか笑いながら「もう遠い昔ですよ(笑)」と言ったそうです。

その表情というのが柔らかかったそうです。そんな柔和な顔つきになるというのはいかに葉月さんが、今、幸せかということが顔つきからも言葉からもわかりますね。

まとめ

色々な出来事がありましたが、今はすっかり落ち着いたということですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク