酒井和歌子、結婚しないで独身な理由 実は素顔は?千原ジュニアの暴れん坊シニアにおともしますに出演

酒井和歌子、結婚しないで独身な理由 実は素顔は?千原ジュニアの暴れん坊シニアにおともしますに出演
出典元:スタッフ・アップ プロモーション

美人女優として活躍している酒井和歌子さん。どんな方なのか?また結婚しているのか?そんな謎めいた酒井さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

酒井和歌子 プロフィール・経歴

【芸名】酒井和歌子(さかい わかこ)
【出身】東京都板橋区(生まれは栃木県)
【生年月日】1949年4月15日
【血液型】B
【学歴】目白学園女子短大国文学科中退
【趣味】旅行
【その他】スタッフ・アップ プロモーション所属

酒井さんは、栃木県で生まれ、生後間もなく東京都に移り住むみました。小学校に入学すると「劇団若草」に入団する。

その後、1961年の日活映画『あいつと私』でドラマに出演する一方で『女学生の友』の少女雑誌のモデルとしても活躍。1964年には東宝へ入社し『今日もわれ大空にあり』に出演する。

しばらくは地味な助演が続いたが、夏木陽介主演の青春学園シリーズの映画版『これが青春だ!』『でっかい太陽』『燃えろ!太陽』でメインの女子高生として出演した。

清純な女子高生役はさわやかな印象を残し、1967年度制作者協会新人賞を受賞するなど注目を得る。

1968年には、初の主演作『めぐりあい』の成功で東宝の看板女優として認められ、ワコちゃんと呼ばれて人気を博していく。

以降、若大将シリーズ社会人篇でヒロイン・節子役や『日本の青春』等の話題作にも主演した。

長年にわたり清純派女優と称されていましたが、女優としての幅広さを考えるようになる。そして1976年の『妻と女の間』では、一時の愛に溺れる平凡な人妻役など過去のイメージを払拭するような激しい役をするようになる。

1976年、東宝を退職しフリーとなりテレビドラマに活躍の場を移して、主役から助演、清楚から悪女までと幅広い役を演じ現在もなお活躍しています。

結婚しないで独身な理由

清純派お嬢様女優として人気があった酒井和歌子さん。綺麗で可愛い酒井さんはさぞかしモテモテだったでしょうね。が、しかし彼女には浮いた話がありません。また結婚しているのか調べてみても、信憑性ある情報もありませんでした。わかっていることは現在も独身のようです。

あと、噂によると結婚しないというか出来ないのは酒井さんのお父さんが厳格で酒井さんを離したくない。それに加え酒井さんは父親を説得してまで恋に走ろうという情熱はないようで今日まで来てしまったと言われているようです。美人なのにねぇ。

実は素顔はこんな人

酒井さんの素顔は実は見た目とは全然違うギャップがあるそうです。実はお母さんと二人で世界中を旅行に出かけているそうです。

他にも酒井さんとはイメージが違うエピソードが
「整理整頓が苦手なよう」「撮影前でも化粧直しもしないし鏡も見ない」「ジムなんて通ってなさそうに見えてジム通い」「車移動のイメージですが移動手段はバスと電車」

またそのギャップがいいんでしょうね。

千原ジュニアの暴れん坊シニアにおともしますに出演

最近テレビで見かけなくなりましたが、2015年9月27日(日)15時から『千原ジュニアの暴れん坊シニアにおともします』に出演します。

番組では酒井さんと渡辺直美さんが洞窟の聖地・沖永良部島でケービングと呼ばれる洞窟探検に挑むそうです。しかし50m垂直の崖、水上5cmの隙間など死の危険だらけ。果たして200万年の絶景に辿りつけるのか!?といった番組内容となっています。

酒井さんの素顔を垣間見ることができるのでしょうか。楽しみですね。

まとめ

今後も素敵な女優さんでいてほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク