野々すみ花、朝ドラ「あさが来た」三味線の師匠 美和役 噂の彼氏は誰?実家が農家で父は?

野々すみ花、朝ドラ「あさが来た」三味線の師匠 美和役 噂の彼氏は誰?実家が農家で父は?
出典元:梅田芸術劇場

元宝塚歌劇団で活躍していた野々すみ花さんが、NHK朝ドラ『あさが来た』に出演するということで、どんな人なのか調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

野々すみ花 プロフィール・経歴

【芸名】野々すみ花(のの すみか)
【出身】京都府久世郡久御山町
【生年月日】1987年2月27日
【身長】161
【血液型】O
【趣味・特技】映画・舞台鑑賞・日本舞踊(花柳流 花柳萩和香)
【その他】梅田芸術劇場所属

野々すみ花さんは、6歳の頃からクラシックバレエとピアノを習い始めます。幼い頃は人前で話すことが苦手だったそうですが小学生の時にテレビで宝塚歌劇団を見て、タカラジェンヌを志すようになる。

そして高校1年が修了した時に、宝塚音楽学校に一発合格したという凄い人です。

2003年に第91期生として宝塚音楽学校に入学し、2005年に宝塚歌劇団に入団する。そして花組公演『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』で初舞台。同年花組に配属。

清楚な美しさと演技力で早くから注目を集め、2005年11月に『落陽のパレルモ』で主人公の少年時代役に抜擢される。

2007年宝塚バウホール公演『舞姫-MAIHIME-』では初ヒロインを務める。2009年宙組に組替えとなり、8月博多座公演『大江山花伝』で宙組主演娘役となる。

2008年『銀ちゃんの恋』、2009年『カサブランカ』、2010年『誰がために鐘は鳴る』、2011年『ヴァレンチノ』、『美しき生涯』といった多くの代表作に恵まれる。

2012年7月1日に『華やかなりし日々/クライマックス』にて宝塚歌劇団を退団する。

受賞歴
・2007年度「宝塚歌劇団年度賞」新人賞
・2010年度「宝塚歌劇団年度賞」優秀賞

朝ドラ「あさが来た」三味線の師匠 美和役

2015年9月28日(月)午前8時からNHK朝ドラ『あさが来た』に野々すみ花さんが出演します。

野々さんの役柄は、あさ(波留)の許婚である新次郎(玉木宏)の三味線の師匠美和を演じます。色気漂う大人の女性で、新次郎との関係はただの師匠だけなのでしょうか?あさのライバルなのでしょうか?気になるところです。

噂の彼氏は誰?

野々さんを検索すると「彼氏」というワードが上昇していたので気になり調べてみましたが信憑性ある情報は見つかりませんでした。

Kis-My-Ft2・北山宏光さんとの交際疑惑が浮上していましたが、それはミュージカル『愛の唄を歌おう』で2人が恋人役で共演したことから浮上しただけなので単なる噂に過ぎなかったようです。

演技が上手くて本当の恋人同士に思えたのでしょうかね。

今は仕事を中心に頑張りたいそうなので、彼氏どころではないかもしれませんね。今後の熱愛が気になるところですね。

実家が農家で父は?

野々すみ花さんは、京都の田舎の方の出身の方で実家はなんと京野菜を主に栽培している農家だそうです。

宝塚歌劇が好きだったは、幼い頃から野々さんに「お前はタカラヅカに入れ」と言っていたそうです。そんな野々さんは幼いながらもずっと心にあったそうです。

自身も小学生の時に宝塚歌劇団を見て夢見るようになり、本当に宝塚歌劇団に入団したのだから凄いですよね。お父さんもさぞかし嬉しかったでしょうね。

まとめ

宝塚を卒業した彼女は今度はテレビ・映画などでどんどん活躍されるでしょうね。応援してます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク