入江陵介、彼女の真相 プライベートで親交ある人 父・母は素敵な人

入江陵介、彼女の真相 プライベートで親交ある人 父・母は素敵な人
出典元:イトマンスイミングスクール

入江陵介選手は、競泳界のイケメンながら実力もトップクラスで北京五輪、世界水泳など世界の舞台で活躍する日本のトップスイマー。そんな入江さんが2015年10月1日(木)11時55分から『ヒルナンデス!』に出演されるようです。

そんな入江さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

入江陵介 プロフィール・経歴

【芸名】入江陵介(いりえ りょうすけ)
【出身】大阪府
【生年月日】1990年1月24日
【身長】178
【体重】64
【血液型】A
【学歴】近畿大学卒
【その他】イトマン東進 所属

大阪市立大江幼稚園→大阪市立天王寺小学校→大阪市立天王寺中学校→近畿大学附属高等学校→2008年4月に近畿大学法学部に入学した入江選手は高校時代の成績は常にトップクラスだったそうです。

なんと高校時代の成績は3年間オール5だったそうですよ。文武両道を立派にこなし、ルックスもピカ一で言うことないですよね。

またピアノも得意で、相当の腕前なんだそう。高校進学時は競泳選手か、ピアノを選んで音楽家になるかで迷っていたというからピアノの実力も相当なものだと想像がつきますね。

そんな入江選手が水泳を始めたのは、1990年に0歳のベビースイミングから水泳を始めたそうです。そして小学2年生から兄が通うスイミングスクールへ通い始め、中学に入ってから背泳ぎに転向する。

学生時代から、数々の大会に出場しては素晴らしい成績を残しています。

【世界水泳選手権】
2009年『男子200m背泳ぎ』銀
2011年『男子 200m背泳ぎ』銀
2011年『男子 100m背泳ぎ』銅
2013年『男子 400mメドレーリレー』銅

【ロンドンオリンピック】
2012年『男子200メートル背泳ぎ』銀
2012年『400メートルメドレーリレー』銀
2012年『男子100メートル背泳ぎ』銅

上記以外にも数々の大会に出場しメダルを獲得しています。また、男子100メートル背泳ぎ・200メートル背泳ぎの日本記録保持者でもあります。

彼女の真相

入江選手を検索すると「彼女」「結婚」といったワードが上昇するので気になり調べてみることに。

これだけのイケメンだから彼女がいてそろそろ結婚でも?と思っていましたが、情報が一切なくて、信憑性ある内容の噂もないようなので、現在彼女はいないと考えていいのではないでしょうか。

ちなみに好きなタイプは、以前テレビ番組『おしゃれイズム』に出演されていた時に明かされていたのは「引っ張ってもらえる女性」なんだそうです。

一方、苦手なタイプは「どっちでもいいと言う人」なんだそうです。また他の番組で「遠征が多いこと、スポーツ選手であることを理解してくれる女性」と語っていたようです。

そう明かしているのをみると、どうやら結婚願望はあるみたいですね。

プライベートで親交ある人

高橋優さんとはプライベートで親交があって、ロンドンオリンピックの自身の公式の応援歌として、『旅路の途中』を採用。他にAAAとEXILEのファンであり、オフの日にはよくライブに行っているそうですよ。

またサッカーの内田篤人選手との交流もあるんだそうですよ。さずかトップアスリートとなれば親交ある人もスターですよね。お互い刺激し合えるんでしょうかね。

父・母は素敵な人

入江選手が通っていたイトマンスイミングスクールは車で30分ほどのところにあったそうで小学校時代から中学3年生まで、お父さんとお母さんが車で送り迎えしていたそうです。

入江選手は小学校時代は貧血気味で倒れたり、スポーツ選手にしては食が細かったようです。

そんな入江選手をお母さんは、心配し色々と食事面を考えるようになったそうです。

食べる回数を増やすことでカロリーを取らせり、パンを食べさせるときも栄養価が高い菓子パンを出したり、チョコレートを絶えずポケットに入れておいて口に入れたりと工夫していたそうです。

ご飯に至っては味はさておき、いかに栄養をつけさせるかだけ頭を使ったそうです。

そんなかいあってか高校に入った時、寮生活の選択肢もあったそうですが、イトマンスイミングスクールの元会長に「陵介は家から通う方が絶対にいいよ。」とアドバイスされたそうです。

元会長さんも、入江選手がいかに両親からの愛情を受けているかわかっての言葉だったのでしょうね。

ほんと、素敵なご両親ですよね。

姉・兄もスイミングスクールに通っていておまけに入江選手は水泳の他にもピアノを習っていたとみるとお坊ちゃんという感じがしますね。

まとめ

今後の活躍にも期待したいですね。応援しています!またプライベートも気になるところですよね〜。

スポンサーリンク
スポンサーリンク