古川雄輝、私に恋したお坊さんで眼鏡姿の三嶋聡役、経歴や家族も凄い!

古川雄輝、私に恋したお坊さんで眼鏡姿の三嶋聡役、経歴や家族も凄い!
出典元:ホリプロ

古川雄輝さんは、日本だけでなく中国や上海といった海外からも注目を浴びています。そんな古川さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

古川雄輝 プロフィール

【芸名】古川雄輝(ふるかわ ゆうき)
【出身】東京都
【生年月日】1987年12月18日
【身長】180
【血液型】A
【趣味・特技】バスケットボール・麻雀
【資格】自動二輪免許
【その他】ホリプロ 所属

主な出演
【ドラマ】
・2013・2014年『イタズラなKiss〜Love in TOKYO』
【映画】
・2015年『脳内ポイズンベリー』

私に恋したお坊さんで眼鏡姿の三嶋聡役

2015年10月12日(月)21時からスタートする新ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』に古川さんが出演します。

【あらすじ】

桜庭潤子(石原さとみ)は、地元町内会の長老の葬儀に出席していた。やがて、焼香のために立ち上がろうとする潤子だったが、足がしびれておぼつかない足取りで焼香台に向かううち、前に突っ込みそうになる。

そこで、体を支えようと潤子が台に手をついた瞬間、台が傾いて香炉が宙を舞った。香炉はあろうことか、僧侶・星川高嶺(山下智久)の全身に降りかかった。

その後、潤子が働く英会話教室「ELA」に出勤。潤子がスタッフルームにいると、旧友で「ELA」に通う商社マンの三嶋聡(古川雄輝)がニューヨーク出張の土産を届けに来た。

将来、ニューヨークで働くことを夢見る潤子は、講師の木村アーサー(速水もこみち)に、「三嶋と結婚すればいいのに」と無邪気に言われる。

そんな折、潤子は母・桜庭恵子(戸田恵子)の策略で、見合いをすることに。そうとは知らず、高級料亭にやってくる潤子。通された部屋にいたのは、なんと高嶺。

驚いて部屋を出ようとする潤子に、入るよう促す高嶺は、「あなたを私の妻にして差し上げます」と言い放つ。あまりに突然のことに、潤子は開いた口がふさがらない。

後日、いつものように「ELA」に出勤し、教室のドアを開けた潤子は驚がくする。なんと高嶺がいたのだ。

そこへ生徒の蜂屋蓮司(長妻怜央)らが来ると、高嶺はふたりに丁寧にあいさつ。そんな高嶺は、授業が始まると、流ちょうな英語で潤子にプロポーズし始める。
(引用元:YAHOO!TV)

古川さん扮する三嶋聡

「ELA」のレッスンに通うエリート商社マン。桜庭潤子(石原さとみ)とは学生時代を共に過ごし、以来ずっと潤子に思いをよせている。

しかし、友達関係を壊したくないために一歩が踏み出せないでいる。高身長・高学歴・イケメンだけど、潤子には男性と意識されないままで恋愛にうまく発展させられないまま今に至る。

三嶋さんの眼鏡姿がどこか草食男子ですが、役柄にぴったりで似合ってますよね。

【キャスト】

石原さとみ(桜庭潤子)・・英会話学校ELAの非常勤講
田中圭(清宮真言)・・ニューヨーク本社から期間限定で赴任してきた
古川雄輝(三嶋聡)・・ELAのレッスンに通うエリート商社マン
高梨臨(山渕百絵)・・ELAの正社員講師
紗栄子(毛利まさこ)・・ELAの事務員
吉本実憂(足利香織)・・一橋寺に大きな貢献をしている檀家の娘
長妻怜央/ジャニーズJr.(蜂屋蓮司)・・ELAの生徒
恒松祐里(桜庭寧々)・・桜庭潤子の妹
寺田心(那覇三休)・・一橋寺(いっきょうじ)で住み込む小坊主
中村アン(伊能蘭)
速水もこみち(木村アーサー)・・ELAの人気講師
戸田恵子(桜庭恵子)・・桜庭潤子の母親
上島竜兵/ダチョウ倶楽部(桜庭満) 桜庭潤子の父親
小野武彦(寺田光栄)・・一橋寺の雇われ住職
加賀まりこ(星川ひばり)・・星川高嶺の祖母
山下智久(星川高嶺)・・高学歴・高身長・高収入のイケメン僧侶

【原作】相原実貴「5時から9時まで」(小学館 月刊「Cheese!」)

【脚本】小山正太

【主題歌】 back number(ユニバーサル シグマ)

ベテランから新人とまたイケメン・美女揃いのドラマですね。

経歴や家族も凄い!

古川雄輝さんは、7歳からカナダへ渡り8年間過ごした後、高校から単身カナダからアメリカ・NYへ移り住む。 中学からバスケットボール部に所属していて、 高校1年生よりブレイクダンスを始める。

慶應義塾ニューヨーク学院を経て日本に帰国してから、慶應義塾大学理工学部に進む。大学では制御理論を研究する一方で、2009年には「ミスター慶応」に選出、また代表を務めるダンスサークル「Revolve」でブレイクダンスを披露している。

そんな輝かしい経歴の持ち主の古川さんのデビューのきっかけは、
2010年にホリプロ創業50周年記念事業の一環として開催された新人発掘オーディション「キャンパスター★H50withメンズノンノ」で審査員特別賞を受賞し芸能界デビュー。

まさに文武両道とはこのことですね。最近の芸能界は、頭がいいとかおバカタレント、凄いお金持ちか貧乏かと・・何かとみんなが気をひくような人達が増えたような気がしますね。

そして、2013年、日英共同作品『家康と按針』で海外デビューを果たします。また、主演ドラマである『イタズラなKiss〜Love in TOKYO』が日本と同時に中国で配信され大ヒットの記録をとばす。

中国・上海で日本人俳優初となるファンミーティングを開催し、計1200人を動員。空港に1000人を超すファンが出迎え、宿泊先のホテルには数百人が待ち構える騒ぎに。

2014年、中国版ツイッターWeiboのフォロワー数が100万人を突破し、男神(憧れの男性という意味)と言われるようになり、中国で絶大な人気者に!

家族

古川さん自身、素晴らしい経歴ですが実は父親・弟も素晴らしいそうです。幼い頃から海外生活ってやはりそこそこの家庭環境だと思いますものね。

噂によると、お父さんは、お医者さんで弟が医学生だという情報があるようです。古川さんは、幼い頃から医者になるのが当たり前のようだと思っていた。と言われていたので、噂もたしかな情報かなぁと思いますね。

まとめ

イケメンな上に頭がよくて帰国子女、背が高くて・・と文句のつけようのない古川雄輝さん。今後の活躍やどんな方とお付き合いするのか目が離せませんね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク