火野正平、スタジオパークに出演、結婚歴や主役級の女に手を出さない?

火野正平、スタジオパークに出演、結婚歴や主役級の女に手を出さない?
出典元:シーズ・マネージメント

火野正平さんと言えば、数々の女性達と浮名を流してきた色男です。そんな火野正平さんがテレビ『スタジオパークからこんにちは』に出場します。どんな方なのか?色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

スタジオパークに出演

2015年10月19日(月)13時05分から『スタジオパークからこんにちは』に火野正平さんがゲスト出演します。番組内容が「こころ旅5年。自転車旅9000kmでの発見は?」と書いてありました。

何のことか早速調べてみることに
火野正平さんは、テレビ『にっぽん縦断こころ旅』の番組で、相棒・チャリオ(自転車)に乗って日本全国を走り続け今年で5年目になるそうです。

その日の旅の目的地を決めるのは、皆様方から寄せられたお手紙。「人生を変えた忘れられない風景」「大切な人との出会いの場所」「こころに刻まれた音や香りの情景」「ずっと残したいふるさとの景色」など。

お手紙に書かれたエピソードをもとに、ひとりひとりの心に大切にしまってある「こころの風景」を訪ねるという。

そして1日の旅の終わりには、どんな「こころの風景」が待っているのか?

これまで4年半で9,126kmを走破し、460日間、旅してきたそうです。5年目の秋は徳島をスタート、中国地方を走って九州を南下、沖縄を目指す11週間の旅だそう。

そんな火野正平さんは10代の頃に、実は自転車で琵琶湖一周を達成していたという自転車大好き少年だったそうです。

スタジオパークではどのようなトークを披露されるのか楽しみですね。

火野正平さんってどんな人?

火野正平 プロフィール・経歴

【芸名】火野正平(ひの しょうへい)
【本名】二瓶康一
【出身】東京都
【生年月日】1949年5月30日
【身長】168
【体重】56
【血液型】A
【その他】シーズ・マネージメント 所属

火野正平さんは、子役でテレビ『少年探偵団』などに出演後、1961年に「劇団こまどり」に入る。1971年からドラマ『おれは男だ!』『刑事くん』などに、端役で出演する。

以降、個性派俳優として確固たる地位を築きあげ、主役級ではありませんがヒット作の脇役として欠かせない存在となっていきます。そして現在もなお活躍されています。

主な作品
【ドラマ】
・1973年 NHK大河ドラマ『国盗り物語』
【映画】
・1996年『極道の妻たち』シリーズ
【Vシネマ】
・1999年『新・麻雀放浪記』シリーズ

結婚歴や主役級の女に手を出さない?

火野正平さんを検索すると「結婚」「離婚」「熱愛」「女好き」といったワードが上昇していました。きっとプライベートではワイドショーを賑わさせた勢いでしょうね。

早速調べてみたいと思います。

火野正平さんは、1970年に同棲生活をしていた一般女性と結婚し、1男1女を授かりましたが、1972年に別居を経て離婚しました。

その後、次々と女性との噂を流しました。1971年に新藤恵美さん、1972年小鹿みきさん、1977年紀比呂子さん、ホーン・ユキさん、りりィさん、1978年望月真理子さん、1981年西川峰子さんといった女優さん達と浮名を流した過去をもつそうです。

また、1982年には鳳蘭さんのマネージャーだった人と同棲をしていて、その人との間に、2人の女の子が生まれて認知したそうです。

以降、ドラマや映画などでは、女性にモテる役柄や女性を扱うのが上手な役を演じることが多くなったそう。そして「芸能人プレイボーイの元祖」と言われるまでに。

火野正平さんは、これまでに色々な女性と噂になりましたが、意外にも悪評がほとんどなかったという。その説には「女性と別れる時は後腐れなくきっちりやる」「母性本能をくすぐるタイプ」「女性関係をあっさり認めると言った潔さ」。

基本、女性に優しいのでしょうね。

火野正平さんの噂になる方はいつもドラマなどで共演した2番手・3番手女優、タイムキーパーさん、マネージャーさんなどの一般女性の裏方なんだそうです。

主役級の女優に手をださなかったのは、火野さん自身が脇役的な役柄の立場の俳優だから、主役級の俳優に気を遣っていたのだろう。と言われていたそうです。

また、エピソードとして
火野正平さんがワイドショーを騒がせていた時、当時『新・必殺仕置人』で共演していた人達が藤田まことさんのスケジュールを合わせて火野さんを飲み屋に連れて行き「火野正平を更生させる会」と称した飲み会を開いていたそうです。みんなから愛されているのがわかりますね。

まとめ

いくつになっても若々しい火野正平さん、今後も個性派俳優さんとして活躍していってほしいですね

スポンサーリンク
スポンサーリンク