葉山奨之、ヒルナンデスに朝ドラ俳優が!小栗旬との関係

葉山奨之、ヒルナンデスに朝ドラまれの俳優が!小栗旬との関係
出典元:トライストーン・エンタテイメント

NHK朝ドラ『まれ』で主人公(土屋太鳳)の弟役で出演しブレイクした葉山奨之(やはま しょうの)さん。そんな葉山さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヒルナンデスに朝ドラ俳優が!

2015年10月21日(水)11時55分から『ヒルナンデス!』にNHK朝ドラ『まれ』でヒロイン希の弟役を演じて一躍注目を浴びた葉山奨之さんがゲスト出演します。

男性たちだけでお洒落な有名人やハリウッド女優が通う大人気のパンスト店へ行くロケでは葉山さんも参戦するようです。

葉山さんって一体どんな人なの?

葉山奨之プロフィール・経歴

【芸名】葉山奨之(はやま しょうの)
【出身】大阪府
【生年月日】1995年12月19日
【身長】177
【血液型】O
【趣味】合気道・バスケットボール
【その他】トライストーン・エンタテイメント所属

葉山さんは、2011年に放送したドラマ『鈴木先生』でデビューしました。

まだまだ出演作品は少ないですが、出演するたびに多くの注目を浴びているようで、着実にステップアップしている実力ある俳優さんです。

そんな葉山さんが所属する事務所は「トライストーン・エンタテイメント」といって1993年に設立された会社。

あの小栗旬さんや綾野剛さん、田中圭さん、若村麻由美さん、木村文乃さんなどの有名俳優さんや女優さんをたくさん抱えている芸能事務所です。

主な作品
【映画】
・2012年『リアル鬼ごっこ3』イサム役
・2012年『今日、恋をはじめます』
・2014年『渇き』
・2015年『あしたになれば。』安田元役

【テレビ】
・2012年『GTOスペシャル』和久井繭役
・2013年 大河ドラマ『八重の桜』徳川家茂役
・2014年『夜のせんせい』高原翔太役
・2014年『Nのために』杉下洋介役
・2015年 NHK朝ドラ『まれ』津村一徹役

【CM】
・2013年『ベネッセコーポレーション 進研ゼミ 高校講座』
・2013年『NTTドコモ LTE』

NHK朝ドラ『まれ』で希の弟 津村一徹役

2015年の春から始まったNHK朝ドラ『まれ』は石川県輪島市と神奈川県横浜市を舞台に、ヒロイン・津村希(つむら まれ/土屋太鳳)がパティシエの世界一を目指して奮闘する物語。

葉山さんは、ヒロイン・望の1歳年下の弟役を熱演しました。

小栗旬との関係

映画『クローズZERO』で小栗旬さんが滝谷源治役を熱演していた姿に「全てがかっこいい」と憧れる気持ちが膨らみ「役者になりたい」と思うようになっていったそうです。

そして、小栗さんが所属する事務所に応募し念願が叶い同じ事務所に所属することになりました。

憧れの小栗さんと同じ事務所に入れてよかったですよね。いつか小栗さんを超えるぐらいの実力派俳優さんになっていってほしいですね。頑張って下さい。

性格
葉山さんは役者という人前に出る仕事をされていますが、実は緊張する性格なんだとか。インタビューの時や舞台挨拶の時などは、前もって映像などを見て予習しているそうです。勉強家ですよね。

また、小栗旬さんの『キツツキと雨』の舞台挨拶を見て、「ああ~こんなコメントを言えばいいんだな。」と勉強していたそうです。本当に小栗さんのことが大好きで仕方ないっていう感じですね。

まとめ

ドラマや映画に出演するたびに高評価を得ている葉山奨之さん。今後、さらなる活躍が期待されている期待の若手俳優さんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク