森口瑤子、温泉(秘)大作戦(16)の主演、結婚し旦那や子供は?豊川悦司との関係

森口瑤子、温泉(秘)大作戦(16)の主演、結婚し旦那や子供は?豊川悦司との関係
出典元:松竹エンタテインメント

世間では「美魔女」という言葉が流行ってますが、森口瑤子さんはその言葉にピッタリな女優さん。理想の歳の取り方をされている森口さんはいつ見ても綺麗で品があります。そんな森口さんについてあれこれ調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

温泉(秘)大作戦(16)の主演

土曜ワイド劇場「温泉(秘)大作戦」シリーズは老若男女人気があって、はやくも第16作目まできました。そんな人気シリーズの主演を務めているのが森口瑤子さんです。

まず、温泉秘大作戦を語る前に森口瑤子さんはどんな人なのでしょうか?

森口瑤子 プロフィール・経歴

【芸名】森口瑤子(もりぐち ようこ)
【旧芸名】灘陽子
【出身】東京都
【生年月日】1966年8月5日
【身長】164
【血液型】A
【学歴】共立女子短期大学卒
【趣味】ピアノ・パソコン・イラスト
【その他】松竹エンタテインメント所属

森口さんは、1983年にミス松竹に選出し、同じ年に映画『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』でデビューしました。

テレビ『やまとなでしこ』映画『八日目の蝉』などの出演で広く認知されていましたが、それ以前は「個性がない」「面白くない」とダメ出しされ続けていたそうです。やはり芝居となると綺麗だけではダメなんですね。

たぶん、試行錯誤中、実は苦労されたのでしょうね。それが今では、顔と名前も一致するほど周知されテレビ・映画・CMなどに多数出演し活躍され続けています。

そんな森口さんの性格は「楽しいと思うことしかしない性格」と自身で語っていたようです。ポジティブ志向っていいですね。また、ゲーム好きなようでドラクエのレベル上げが趣味なんだそうですよ。

外見は美人でおしとやかそうなイメージですが、性格が活発なところがまた意外性があっていいですよね〜。

〜代表作品〜
・テレビ 2000年『やまとなでしこ』
・映画 2002年『UNLOVED』
・テレビ 2004年『温泉(秘)大作戦!シリーズ』
・テレビ 2010年『インディゴの夜』

「温泉(秘)大作戦(16)」で星野さつき役

温泉 (秘) 大作戦」は「土曜ワイド劇場」で2004年から放送されているテレビドラマシリーズ。

廃業危機に瀕している日本全国の旅館を立て直す為、「城ノ内コンサルティング」の社員が一丸となって最善を尽くす一方で、派遣先では必ず殺人事件が発生してしまう有様。

しかし、最終的には社員が協力し合って、旅館の再建とともに事件までも解決するというモヤモヤ感がないドラマです。

今回第16作目は、鹿児島県指宿に実在するホテル白水館が舞台。海と山の豊かな恵み、名物の薩摩切子や砂風呂など郷土の魅力を伝える一方で、竜宮伝説発祥の地で巻き起こる殺人事件の謎に迫ります。

【キャスト】

「城ノ内コンサルティング」
森口瑤子(星野 さつき)経営のスペシャリスト。元銀行員(東都銀行)
東幹久(島 慎之介)創作料理のスペシャリスト。愛称は「慎さん」
高樹マリア(森田 梢)おもてなしのスペシャリスト。
村田雄浩(岩田 幸平)温泉のスペシャリスト。効能や成分を的確に把握。
野際陽子(城ノ内 愛子)城ノ内コンサルティング社長。

「白水館」
林 与一(泉 康太郎)白水館の社長。
小沢真珠(泉 華)康太郎の娘。次期社長候補。
阿南健治(新田修司)支配人。次期社長候補。
林和義(織部茂)植木職人。
萩尾みどり(田村瑞穂)喫茶コーナーのママ。

「ラーメン店」
菜葉菜(向山 茜)
綿引勝彦(向山五郎)

間島吉純・・・ベンガル

中村ひろみ(東野咲子)華宛に贈り物を送った謎の女性。

豪華キャストで見ごたえがありまた、ドラマを見ながら温泉の町並みや料理が楽しめるところがまたいいですよね〜。

結婚していて夫や子供は?

森口さんは、1998年に脚本家・作詞家として活躍している坂元裕二さん結婚しています。坂元さんは、大人気ドラマだった『東京ラブストーリー』や『MOTHER』などを手掛けられた人なんですって。

また、TMNさん、小室哲哉さん、織田裕二さん、松たか子さんなどといった大物アーティストに作詞提供をされていて、凄い方なんです。

子供さんに関しては、2002年に女の子出産されているようです。こんな綺麗で上品なお母さんだと自慢でしょうね。子供さんの名前や学校など詳細的な情報はありませんでした。そっとしてほしいのが現実でしょうね。

過去の噂って?

森口さんを検索すると過去の噂が浮上していました。余計な情報まで見れるのがネット社会ですね。余談はさておき、どうやら過去に俳優の豊川悦司さんと交際し同棲までしていたという噂があったようです。

それが真実なのか?噂なのか?謎のままですが、本当だとしてももう何十年も前の話ですものね。今となっては過去の思い出ではないでしょうかね・・・。現在、幸せな家庭を築かれ幸せそうですもの。

まとめ

いつまでも素敵な森口瑤子さんでいてほしいです。今後の活躍にも期待しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク