原田真二、息子の翔音と次男は?妻やお金のこと。再婚の可能性は?実はこんな人

原田真二、息子の翔音と次男は?妻やお金のこと。再婚の可能性は?実はこんな人
出典元:原田真二 Official Web Site

原田真二さんをご存知でしょうか?天才という言葉がピッタリな人です。そんな原田さんがテレビ『スタジオパークこんにちは』に出演されるということで色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

原田真二 プロフィール・経歴

【芸名】原田真二(はらだ しんじ)
【出身】広島市
【生年月日】1958年12月5日
【学歴】青山学院大学二部中退
【その他】株式会社エアーフィールド 所属

原田真二さんは、ボーカル・作詞・作曲・編曲・プロデュースなどを行っています。楽器はギター、キーボードを主要に、ベース、パーカッション、マリンバ、ブルース・ハープ、ドラム、琴、和太鼓なども演奏します。

またミックス、プログラミングもこなす、マルチプレイヤー、マルチミュージシャン。

そんな原田真二さんの輝かしいデビューは、広島舟入高等学校2年在学中に新人オーディションに応募し、吉田拓郎さんに見出され3,000曲の中から選ばれました。

1977年4月、青山学院大学経済学部第二部経済学科入学と同時に上京する。そして18歳の時に、「てぃーんず ぶるーす」といって拓郎さんプロデュースによりでデビュー。

「てぃーんず ぶるーす」発売後の翌11月に「キャンディ」、12月に「シャドー・ボクサー」をリリースし、「3ヶ月連続レコードリリース」という前代未聞ながら3曲が同時にオリコンベスト20入りするという、日本音楽史上初の快挙を達成しました。

それ以降、彼は数々の伝説を世に残していきます

・10代でのファーストアルバム、オリコン1位獲得は、男性シンガーソングライターでは未だ原田さんのみ。

・10代でソロ歌手で史上初の日本武道館公演を行う。

・元祖ピアノロック等と今日いわれるような、男性のピアノの弾き語りというスタンスを確立した。

・世良公則&ツイストとともにロック御三家と呼ばれる。

・「アミューズ」の事務所は原田さんのために設立されたようなものである。デビュー時、マスメディアでの露出を意識した結果、設立されたそうです。
今となっては、原田さんは抜けましたが現在ではサザンオールスターズや福山雅治さんといった名だたる俳優やミュージシャンが所属する大手事務所となった。

・ビートルズ・ジョンレノンのプロデュースが行われる予定だったが、ジョンが暗殺されたことで中止となった。

現在は、音楽を通して平和活動・チャリティ・コンサートなどを行っているようです。

息子の翔音と次男は?

原田真二さんのプライベートは、元モデルの千賀代さんと結婚し二人の男の子を授かりました。

長男は翔音(ショーン)といってミュージシャンとして活動しているようです。そして次男はNYU(ニューヨーク大学)でミュージックテクノロジーを学んでいるそうです。

二人の息子さんは特に進めたわけではないのに音楽の道に進んでいるということはお父さんの背中を見て育ったんでしょうね。

そんな二人の息子さには世界に通じる英語教育を受けさせたくてインターナショナルスクールへ通わせていたそうです。また習い事に関しては、、日本の武道を何か身につけてほしくて日本拳法の教室に行かせ、またピアノと水泳にも行かせてたそうです。

そして何よりも日本語を忘れてはいけないということで、国語と算数を選択して公文にも通ってたそうです。

お金では買えないものを身につけて2人の息子さんは幸せ者ですよね。そう考えると「お金だけがすべてではない」というけれどやっぱりお金って大事ですよね。

原田さんの時代に子供さんをインターナショナルに通わすという選択は、素晴らしい考えの持ち主だなぁと感じました。

そんな息子さんたちは、日本語より英語を話すほうが楽なんだそうですよ。

妻やお金のこと

原田真二さんは結婚し奥さんがいる時に、松田聖子さんとの不倫騒動がありました。当時松田聖子さんのプロデュースをしていた時に音楽面でパートナーとして活動していたことがキッカケで不倫疑惑が持たれました。

また、聖子さんは高校時代は原田さんの大ファンだったという甘い思い出もあるようです。

騒動について否定されていましたが、結局それが引き金となったのか原田真二さんは奥さんと離婚しました。

お金のこと

総額3億円の借金問題を引き起こしていたようでした。

実はこんな人(幼少期)

・国語の教師だった母親の影響で幼少期から読書好きな子供。

・わからないなりに船の中の設計図を作成したり、機械いじりが得意で、幼稚園時のニックネームは「博士」だった。

・創作童話劇「いなばの白うさぎ」でナレーターを担当していたという原田真二さん。この童話劇が広島テレビで放送され、その活発で愛くるしいキャラがプロデューサーの目に止まり、小学二年の時「テレビ子供ホール」という番組の司会に抜擢され半年間務めた。

小学校三年の時、読書や天体観測に夢中になり、「地球は青かった」等の書物を読みふけり、夢は宇宙飛行士になることでNASAに入るための道筋を順序だてて考えていたそうです。

小学校高学年の時、テレビでザ・モンキーズの音楽ショーを見て音楽に興味を持つようになり中学校からギターを始める。六年生の時、アマチュア無線技士の免許を習得する 。

このように天才と言われていた彼は、幼少期から色々なことに興味があってやはり才能というものがあったのでしょうかね。

まとめ

原田真二さんは、再注目されるでしょうか?今後の活躍に期待していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク