六角慎司、下町ロケットでメガネであごが特徴で嫌味な溝口。結婚や子供は?素顔はこんな人

六角慎司、下町ロケットでメガネであごが特徴で嫌味な溝口。結婚や子供は?素顔はこんな人
出典元:株式会社キューブ オフィシャルサイト

六角慎司(ろっかく しんじ)さんは、名前だけ聞くとピンとくるひと人は少ないかもしれまんせがテレビなどで見ると「あっ、見たことある」と感じる人は多いと思います。

『相棒Season2』『マルモのおきて』『リーガルハイ』など話題作のドラマに次々と出演していましたから。

そんな六角さんが今話題のドラマ『下町ロケット』に出演するということで色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

下町ロケット、メガネであごが特徴で嫌味な溝口

2015年10月18日(日)よる9時から新ドラマ『下町ロケット』が始まります。このドラマは直木賞を受賞した、また『半沢直樹』も手掛けられた池井戸潤さんの代表作の一つです。

【あらすじ】
本作の主人公・佃航平(つくだ こうへい)は宇宙開発機構の研究員としてロケット開発に情熱を注いできましたが打ち上げが失敗し、自ら責任をとり退職。

そして今は父が残した佃製作所の二代目社長として第2の人生を歩み始めました。

しかし、どうしても夢を捨てきれない航平は、工場でもロケットエンジンの開発に力を入れていた。そんな矢先、会社の経営状態が徐々に悪化していく。

悪いことは続くものでそのような中、お得意様から突然の取引中止の宣告をされ、資金を調達するため銀行に融資を願うも難しいと渋る銀行。
さらに追い討ちをかけるかのようにライバル会社から特許侵害で訴えられる。

信用はガタ落ちで融資は絶望的な状態で苦しくなる経営状態で倒産寸前まで追い込まれた所に一筋の光が!

日本有数の大企業である「帝国重工」が佃製作所の持つ特許を買い取りたいと申し出てきた。その額は20億。

それだけの大金があれば、会社を立て直すこともできる。しかし、それは航平にとっては夢を諦めるということ。自分の夢と、会社経営という現実の壁に挟まれる佃は一体どういう決断をするのか・・。

以上がドラマの簡単なストーリーです。

経営者としての佃航平の戦いが繰り広げられる中、夢に賭けようとする男たちの挑戦や、特許を金で奪おうとする組織に対し正義を貫く男たちの情熱が描かれています。

主演の佃航平を演じる阿部寛さんを始め、脇役の方も素敵な実力ある俳優さんで豪華キャスティングとなっています。

【役どころ】
そして今回、六角慎司さんは帝国重工から派遣され、佃製作所を苦しめる溝口役を演じます。メガネをかけていて七三の髪型であごが特徴的なものすごーく嫌味な発言を連発する悪役です。

『半沢直樹』でもそうでしたが敵役を演じていた方は、個性があって主役にも負けないぐらいの存在感を残しています。ですので六角さんも視聴者がイライラするぐらいの演技を発揮されるでしょう。そんな彼に注目です。

六角慎司さんの素顔とは?

六角 慎司 プロフィール・経歴

【芸名】六角 慎司(ろっかく しんじ)
【出身】東京都
【生年月日】1972年6月27日
【身長】170
【体重】60
【血液型】O
【学歴】明治大学文学部卒
【趣味】読書
【特技】イラスト
【所属劇団】ジョビジョバ(1993年 – 2002年)
【その他】キューブ 所属

六角慎司さんは、国語の成績が優秀で学生時代は国語教師を目指していたそうですが、教育実習で挫折し諦めた結果、1993年に演劇集団「ジョビジョバ」のメンバーとなりデビュー。

2002年に活動を休止して、単独で俳優活動を開始する。

クイズを得意としテレビ『オールスター感謝祭』で第3位になり賞金50万円を獲得した。歴史好き。

【代表作品】
・2004年 舞台『走れメルス』
・2006年 舞台『白夜の女騎士』
・2007年 映画『遠くの空に消えた』
・2011年 テレビ『マルモのおきて』

性格は

お酒に弱く気が弱いそうでいわゆるいじられキャラなんだそう。そして絵がうまく公演ポスターのイラストを手がけるほど。大食漢のようで、演劇の会議がうまく進まなくご飯が胃に通らない状況でもロケ弁を2つ軽く食べるんだそう。

犯人役から情けない会社員まで幅広い役柄を演じることができる六角慎司さん。こういった役者さんは絶対必要とされますよね。

結婚や子供は?

六角慎司さんを検索すると「結婚」というワードが浮上します。彼女ではなく結婚という言葉が気になり早速調べてみることに。

ネット上のあるサイト情報によると六角さんは2003年に劇団「悪運ダイヤ」の女優さんと結婚されたそうです。

劇団「悪運ダイヤ」は明治大学の演劇サークル「騒動舎」が母体となって作られたようです。しかし2003年に劇団は「劇団くねくねし」に改名されたそう。

奥さんは現在、劇団で活動されているかは不明です。また、子供さんについてなんらかの情報は明かされていないし、噂などもありませんでした。
(出典元:http://koimousagi.com/)

謎めいたところがまたいいですね。でもプライベートも気になるところですよね。

まとめ

俳優業だけでなく、バラエティー番組の出演も多くなってきていて活動の範囲を広げている六角さん。今後の活躍も期待できそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク