眞島秀和、彼女がプロ雀士と言われている理由。韓国語が得意で頭がいい?

眞島秀和、彼女がプロ雀士と言われている理由。韓国語が得意で頭がいい?
出典元:眞島秀和 Twitter

眞島秀和(ましま ひでかず)さんって、名前は知らないけどテレビで見ると「あっこの人!」と思う方は多いのではないでしょうか?そんな眞島秀和さんは主役級ではないけれど、数々の映画・ドラマに出演し存在感を残し活躍しています。そんな眞島さんのことを色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

彼女がプロ雀士と言われている理由

眞島秀和さんの噂の彼女について書く前に、まずは眞島さんってどんな人なのでしょうか?

眞島秀和 プロフィール・経歴

【芸名】眞島秀和(ましま ひでかず)
【出身】山形県米沢市
【生年月日】1976年11月13日
【身長】180
【体重】61
【血液型】O
【趣味・特技】バスケットボール・スキー・麻雀
【その他】ザズウ 所属

眞島秀和さんは、山形県立米沢興譲館高等学校を卒業後、国士舘大学法学部法律学科に入学しました。そこで大学の友達のカッコいいダンスを踊る姿を見て衝撃を受けました。

そして、自分も何かを表現していきたい。それは何か?好きなものは映画だから俳優になろう!そう考えた眞島さんは一直線で、大学も中退し青年座の研究生になりました。

やると決めたからには、決してブレないで突き進むタイプなんでしょうね。

その後、1999年の映画『青〜chong〜』でデビューします。デビュー作が主演とは凄いですよね。でも25歳という結構遅咲きなのです。

それ以降は、ドラマ・映画に引っ張りだこで多忙を極めておられます。

主な作品
【ドラマ】
・2007年『海峡』
・2008年『花衣夢衣』

【映画】
・2004年『スウィングガールズ』
・2005年『心中エレジー』

彼女がプロ雀士って?

眞島秀和さんを検索すると「結婚」「彼女」というワードが浮上します。やはり今流行りの塩顔でイケメンな眞島秀和さんって結婚しているの?彼女って?気になりますよね。早速調べてみたいと思います。

結論的に言えば、結婚はしていなくて独身。彼女と言われているのが女流プロ雀士・渡辺洋香さんです。自身の雀荘も経営されているそうです。また渡辺さんは、漫画家・倉田麻由美先生の『だめんず・うぉ〜か〜』に出てくるヨーコ会長でもあります。

そんな2人の熱愛の出処はネット情報です。あくまでもですがこんな気になる情報が浮上していました。

・公園で犬の散歩や買い物を一緒にしていたという目撃情報
・結婚指輪をしている
・同棲をしている

といった結構な情報ですが、確たる証拠もなければ週刊誌にスクープされたわけでもないのであくまでも噂なのかもしれませんね。

ちなみに上記でも書いてありますが、眞島さんの趣味・特技が麻雀です。繋がっているといえば繋がっているんですよね・・・。

韓国語が得意で頭がいい?

NHKスペシャルドラマ『海峡』で、すごく上手に韓国語を話されていたのが絶賛されていたようです。あまりにも上手だったこともあり視聴者の方が眞島さんは韓国語が得意なんだろうなぁと思われたんでしょうね。

眞島秀和さんが通っていた山形県立米沢興譲館高等学校は偏差値64で県内トップレベルの進学校だそうです。その後、卒業はしていないものの国士舘大学法学部法律科に合格しています。頭いいのがうかがえますよね。

まとめ

役柄によって、いい人で見えたり悪い人に見えたりと表情で演技が出来る俳優さんで演技力に定評があります。実力ある俳優さんなので、今後もどんどん活躍していってほしいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク