麻丘めぐみ、結婚・離婚を経て再婚や子供のこと。姫カット理由。親友は?

麻丘めぐみ、結婚・離婚を経て再婚や子供のこと。姫カット理由。親友は?
出典元:シアタードリームズカンパニー

麻丘めぐみさんと言えば、「わたしの彼は左きき」で大ヒットを飛ばされ一躍人気者となりました。現在はどうされているのか?そんな麻丘めぐみさんが『ライオンのごきげんよう』に出演するということで、色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

麻丘めぐみ プロフィール・経歴

【芸名】麻丘めぐみ(あさおか めぐみ)
【出身】大分県生まれ大阪育ち
【生年月日】1955年10月11日
【学歴】明治大学付属中野高校定時制課程卒
【その他】シアタードリームズカンパニー 所属

麻丘めぐみさんは大分県で生まれ大阪で育ちました。1歳8ヶ月でCMに出演し、3歳で子役として芸能界デビューする。

1972年「芽ばえ」で歌手デビューし、40万枚を超えるヒットとなり、第14回日本レコード大賞では最優秀新人賞を受賞する。

1973年「わたしの彼は左きき」が大ヒット。第15回日本レコード大賞で大衆賞を受賞し、同年の『第24回NHK紅白歌合戦』にも出場し彼女の代表ソングとなりました。

その後も順調に活躍していましたが、プライベートの関係で一度は引退するも復帰され、現在は、女優・歌手としてさまざまなドラマ・映画・バラエティー番組などに出演し、また演出を手掛けるなど活躍しています。

結婚・離婚を経て再婚や子供のこと

麻丘めぐみさんは、1977年にフジテレビの番組を制作していたワイドプロモーションのディレクターと結婚しました。その時、自分の人生を一旦リセットしたいという気持ちがあったため、周囲の反対を押し切り芸能界を引退しました。

その後、1979年に長女・ひとみさんを出産し子供を授かります。しかし1983年に離婚しました。そして芸能界へと復帰します。

22歳で結婚して出産、7年後に離婚されていたなんて。今と違って昔は結婚が早いですよね。離婚しても29歳って若いです。

芸能界に復帰

離婚して娘さんを育てるために復帰した麻丘めぐみさんを待ち受けていたのは「復帰したいから離婚した」と世間からのバッシングだったようです。

そのような中、重圧や頑張り過ぎた結果、胆嚢炎になったこともあったそうです。しかし40歳を過ぎ、愚痴もこぼせるようになり人に対して甘えることもでき、段々と自分を解散することができ自身を取り戻していったそうです。

自分に厳しい人だったんでしょうね。

娘のひとみ

現在は、水彩画家として個展を開くほどの腕前で活躍されています。娘さんの画像を見ると若い頃の麻丘めぐみさんに似ていて可愛らしい人でした。さすが親子。

再婚は?

現在は独身ということで再婚の可能性はあるのでしょうか?調べてみましたが信憑性ある情報もなく、スクープされてもいないようなので今のところはないようです。でもいつか電撃結婚なんてこともありうるかもしれませんね。

姫カット理由

麻丘めぐみさんのトレードマークでもあった姫カットは、同世代の女性達の間で爆発的なブームになりました。

本人が姫カットにした理由は、お洒落のためではなく髪型のバリエーションを持たせやすいようにとした合理的な理由からだったそう。

それは当時、アイドル活動と並行し雑誌モデルをしていたが、スタイリストやヘアメイクが付いていなかったために必要に迫られて自ら考案したものだったそうです。

えーっそうだったの?っていう感じですね。

親友は?

麻丘めぐみさんは、アイドル時代から南沙織さんと浅田美代子さんと親友なんだそうです。

デビュー曲のヒットで一躍トップアイドルになったことへの戸惑いや、1970年代当時の歌謡界の空気に馴染めないストレス等といった悩みを共に抱えていて、それを互いに励まし合いながらも本音で語り合える貴重な存在だったとインタビューで語っていたようです。

また、坂口良子さんとは「週刊セブンティーン」のモデル仲間であり歌手デビュー以前からの友人だったそうです。

そして今陽子さんは小学生の頃からの知り合い。実姉の同級生で友人だったこともあり、家によく遊びに来ていたという。

厳しい厳しい芸能界という世界の中、そういった心許せる友人がいて幸せですよね。

まとめ

今後もどんどん活躍していってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク