金子昇、嫁は素敵な人で子供は可愛い。ビリヤードがプロ級でスポーツ万能

金子昇、嫁は素敵な人で子供は可愛い。ビリヤードがプロ級でスポーツ万能
出典元:オスカープロモーション

イケメン俳優の金子昇さん。最近テレビで見かけないなぁと思っていたら土曜ワイド劇場「ショカツの女」に出演されるようです。そんな金子さんについて色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

金子昇 プロフィール・経歴

【芸名】金子昇(かねこ のぼる)
【出身】長崎県
【生年月日】1974年10月18日
【身長】178
【体重】60
【血液型】O
【学歴】長崎総合科学大学工学部建築学科卒
【特技】ビリヤード・料理
【趣味】サッカー・サーフィン・フットサル
【その他】オスカープロモーション 所属

大学卒業後は大阪で会社員として生活していましたが、役者を志すようになりさまざまなオーディションに挑戦し、1999年『女医』でドラマデビュー。

2000年、平成仮面ライダーシリーズ『仮面ライダークウガ』の五代雄介役の最終オーディションまで残りましたが惜しくも落選しました。実際は、オダギリジョーさんに決定していました。

そんな思いから2001年には、スーパー戦隊シリーズ『百獣戦隊ガオレンジャー』の主演である「獅子走 / ガオレッド」役に抜擢され、知名度が上昇し大ブレイクしました。

2003年には、映画『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』で主演の中條義人役を演じ、スーパー戦隊シリーズとゴジラシリーズの両方で主役を演じた唯一の俳優。

2013年のインタビューでは「今度は仮面ライダー役を演じてみたい」と語っていたそうです。

現在もさまざまなドラマ・映画・舞台に出演し活躍しています。

主な作品
【ドラマ】
2001年『百獣戦隊ガオレンジャー』
2009年『ママはニューハーフ』

【映画】
2003年『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』

嫁は素敵な人で子供は可愛い

金子昇さんは、2001年当時26歳という若さではありましたが、年上の一般女性の方と結婚しました。当時、奥さんは元スタイリストで美容関係のお仕事をされていたようでかなりの美人だそうですよ。

美人と聞くと画像が見たい気持ちでいっぱいですが、実は結婚した時、金子さんはちょうどブレイク中ということもあって家族の安全面を考え、結婚したことを世間に公表しないで、後に2003年に自身のブログで報告していたようです。

何かあってからでは遅いですものね。

そんな奥さんですが、金子さんと出会ったのが下積み時代だったということから、目が出ない頃から彼のことを支えていたんでしょうね。きっと優しい素敵な方なんでしょうね。

その後、3人の子供(長女・次女・長男)に恵まれ幸せいっぱいの家庭を築かれています。またイクメンパパとしても有名で子供たちと近所の公園でよく遊んでいるようです。

そんな金子さんが、TOKYO MX『どっきりお宅訪問!』に子供たちと出演し、自宅を公開されました。娘さんや息子さんはとっても可愛いらしいです。

自宅は神奈川県横浜市の閑静な住宅街で、吹き抜けのリビングやウッドデッキの中庭がある広々とした豪邸。

誰もが羨む家庭でいいですよね。

ビリヤードがプロ級?でスポーツ万能

金子昇さんと言えば、ビリヤードの腕前が趣味のレベルを越えて、プロ並みにうまいと評判があるようです。アマチュアの大会によく出場していて上位にたつほどの腕前なんだそう。

そんな金子昇さんがビリヤードの腕前を全国的に知れ渡ったのは、2012年に出演した『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』です。

特技のビリヤード対決をしたメンバーはDJの赤坂泰彦さん、俳優の金子賢さん、モノマネ芸人の神奈月さん、劇団ひとりさん。この中でなんと金子昇さんただ一人ノーミスで優勝しました。

また、2013年には特技のマージャンを活かして「麻雀最強戦2013ファイナル」に出場しました。

特技が多いと仕事の幅も広がりいいことづくめですね。

スポーツマン決定戦
2002年から出場していた「芸能人サバイバルバトル」では優勝はしていないものの好成績を残されています。

・2002年 第9回大会 途中棄権
・2002年 第10回大会 5位
・2003年 第11回大会 3位
・2003年 第12回大会 3位
・2006年 第17回大会 5位

スポーツ万能でイケメンでいうことないですよね。

まとめ

今後の活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク