林家正蔵ことこぶ平、結婚した嫁や子供はどんな人?年収や税務申告漏れって?

林家正蔵ことこぶ平、結婚した嫁や子供はどんな人?年収や税務申告漏れって?
出典元:林家正蔵 オフィシャルサイト

こぶ平として親しまれてきましたが、9代目として林家正蔵に襲名されました。そんな林家正蔵さんが『ファミリーヒストリー』という番組で久しぶりテレビ出演されるようなので、色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

林家正蔵ことこぶ平について

林家正蔵 プロフィール・経歴

【芸名】林家正蔵(はやしや しょうぞう)9代目
【前名】林家こぶ平
【本名】海老名泰孝(えびな やすたか)
【出身】東京都台東区
【生年月日】1962年12月1日
【血液型】A
【学歴】東京都立竹台高等学校卒

1978年に三平さんに弟子入りする。1980年、三平さんの死後は三平さんの惣領弟子である林家こん平さんの門下となる。

噺家(はなしか)としての高座以外にバラエティ番組への出演も多く、10年半にわたって放送された子供向け料理番組『モグモグGOMBO』では、ヒロミさんとのやりとりが人気を集めました。

1980年代に入ると数々のドラマに出演し、その延長でアニメでも声優として活動していた。

1988年、最年少で「真打(しんうち)」に昇進。親子3代にわたっての真打昇進は史上初。そして「第5回浅草芸能大賞新人賞」を受賞。

真打とは
落語家や講釈師の身分のひとつ。身分の中では最も高く、最高の力量を持つ者だけがなれる。

2003年3月、落語界の活性化のために春風亭小朝さん、笑福亭鶴瓶さんら東西の落語家6人で「六人の会」を結成し、多くのイベントを開催。

2005年3月21日、九代目・林家正蔵を襲名する。「第22回浅草芸能大賞奨励賞」を受賞。

2005年より、城西国際大学人文学部(後に国際人文学部国際文化学科に改組)の客員教授を務めている。

林家一家とは

初代林家三平さんは父親、海老名香葉子さんは母親。実姉はタレントの海老名美どりさん(夫は峰竜太さん)とシンガーソングライターの泰葉さん(元夫は春風亭小朝さん)。実弟は落語家2代目林家三平さん(奥さんは女優の国分佐智子さん)。

祖父は7代目林家正蔵さん。伯父は釣竿職人の中根喜三郎さん(母・香葉子の兄)。下嶋兄は甥。

結婚した嫁や子供はどんな人?

幼なじみだった由希子さんという一般女性の方と結婚した正蔵さん。由希子さんは、テレビで自宅取材などでお宅を映されても、決して表に出てきません。裏方に徹したしっかりとしたデキたお嫁さんのようです。

噺家のおかみさんとして、古い伝統・しきたり・文化などで慣れない中、あらゆる行事や家庭のことをそつなくこなしていて、義母である香葉子さんからも絶大な信頼を寄せられているようです。

二人の間に長女・長男・次男と3人の子供さんに恵まれています。

2014年には長男の海老名泰良さんが「林家たま平」として落語家デビュー をしました。

彼は明治大学中野高校でラグビーに熱中していたようですが、高校3年最後の大会で国学院久我山に敗れ、色々考えた結果、大学でラグビーすることは諦めて落語家の道へと進んだようです。ちなみに彼のラグビーの実力は相当なものだったようです。

正蔵さんは幸せな家庭を築かれているようです。が、過去に14歳年下の女性と密会している浮気現場を写真週刊誌で報じられたことがあるそうです。

それも芸の肥やしというやつでしょうかね。

年収や税務申告漏れって?

2007年4月に税務申告漏れとして、総額約1億2000万円を東京国税局から指摘されてたようです。悪質な所得の隠匿をしたとして重加算税など約4200万円を追徴課税されました。

この件は、「事業所得」として申告が必要な「祝儀」を除外して申告をしていたことが事の発端だそうです。

正蔵さんが9代目・林家正蔵を襲名した時の記念パーティーでは、1人で500万円近くもの祝儀を包んだ後援者もいたとかいないとか。凄いですよね。

噂によれば年収は、正蔵一族で推定6億円稼いでいると言われているようです。

ちなみに、この事件を逆手に取り自虐的なブラックジョークとして寄席でのネタとすることも多いそうです。

まとめ

今後さらなる活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク