福田転球、下町ロケットで月島役、結婚・離婚を経て再婚は?

福田転球、下町ロケットで月島役、結婚・離婚を経て再婚は?
出典元:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

人気ドラマ『下町ロケット』もいよいよ後半に突入し「ガウディ」篇がいよいよ始動しました。そして、今回その「ガウディ」篇に出演している福田転球さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

下町ロケットでサヤマ・月島役

下町ロケットを語る前にまずは、福田さん自身ってどんな人なの?

福田転球 プロフィール・経歴

【芸名】福田転球(ふくだ てんきゅう)
【出身】大阪府
【生年月日】1968年9月10日
【身長】170
【体重】62
【血液型】AB
【趣味・特技】手打ちうどん作り
【その他】よしもとクリエイティブ・エージェンシー 所属

福田転球さんは、大阪芸術大学舞台芸術学科でミュージカルコースを専攻し学ばれた後、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属します。

そして2000年、「咲くやこの花賞」を受賞。13年間主宰してきたという『転球劇場』を2006年7月で解散する。しかし2008年中之島演劇祭にて、再結成公演を行いました。

2012年もは「マサ子の間男」を結成する。

「咲くやこの花賞」とは

大阪市が大阪から世界に文化人を発信し、また大阪文化の振興・発展を目指すために設けている賞である。
(引用元:Wikipedia)

「マサ子の間男」って?
2012年9月に役者・芸人が集結したメンバー7人で結成。劇場だけでなく居酒屋等を会場とし、主として喜劇を上演している。

団員
・高木稟
・シューレスジョー
・神保良介
・福田転球
・松之木天辺
・小林高之
・西うらしんじ

福田さんは、現在もなお俳優・演出家として活動されています。

サヤマ製作所の月島役

高視聴率を得ている大人気ドラマ『下町ロケット』は、前編・続編とあり、前編は下町工場である「佃製作所」が、特許侵害・経営難などといった苦難を乗り越えながら、帝国重工が計画するロケット開発に必要なバルブシステムの部品供給をしていくというストーリー。

そして今回の続編は、今までのロケット開発とは全く違って、人類に取って重要かつ必要な医療機器の開発を手がけていくという。

ロケットから人体へ。登場人物もガラリと変わり、新鮮味溢れるストーリーに期待が高まりますね。

そんな中、福田さんは佃製作所のライバル会社である株式会社 サヤマ製作所の開発部マネージャー・月島尚人役として出演します。月島は、外資系企業の開発部門マネージャー職を渡り歩き、専門とする機械工学分野での輝かしい実績を持つ人物。

福田さんは見ていて嫌〜な人を演じられるのでしょうかね?見ものであります。

結婚・離婚を経て再婚は?

福田転球さんは、関西を中心に活躍していた女優・タレントの牧野エミさん結婚していました。しかし2011年に離婚されています。

また牧野さんは、2012年11月17日に肝臓がんで亡くなっていたことがわかりました。53歳という若さでした。

牧野さんは1991年に俳優の升毅さんたちと「MOTHER」を設立し舞台女優として活躍。過去には初期段階の乳がんを患った経験もあることから、ピンクリボン運動にも積極的に参加していたようです。

離婚した後に亡くなるって複雑な気持ちだったでしょうね。なぜなら噂によると福田さんには愛人がいて牧野さんとはずっと別居状態が続いていたそうです。

あくまでも噂ですけど、火のないところに煙は立たないと言いますからね・・。

そんな福田さんの胸の内はどうなのでしょうね。離婚後、再婚されたのかは確たる情報がないので不明です。ちなみに牧野さんとの間には子供さんは、どうやらいなかったようです。

今後が気になるところではありますね。

まとめ

下町ロケットに出演後、今以上に知名度が上昇しそうな感じで注目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク