本田博太郎、妻はどんな人?子供は俳優。書家としても。グループ魂とは?

本田博太郎、妻はどんな人?子供は俳優。書家としても。グループ魂とは?
出典元:アパッチ公式サイト

今では映画・テレビに欠かせないベテラン俳優の本田博太郎さん。テレビ『スタジオパークからこんにちは』に出演されるということで、色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

本田博太郎 プロフィール・経歴

【芸名】本田博太郎(ほんだ ひろたろう)
【出身】茨城県
【生年月日】1951年2月8日
【身長】170
【血液型】A
【特技】剣道・柔道
【その他】マツ・カンパニー 所属

本田博太郎さんは、高校卒業後に上京し文学座演劇研究所を経て劇団青俳に所属します。

1979年の蜷川幸雄演出の舞台『近松心中物語』で、公演中突然腰を痛めたため降板した平幹二朗さんの代役を、当時無名だった本田さんが次の日の公演からやり遂げます。

また、当時29歳という年齢は「帝国劇場」での最年少座長記録をつくり、一躍脚光を浴びました。

また同年8月の、蜷川演出の『ロミオとジュリエット』でゴールデン・アロー賞(演劇新人賞)を受賞しました。

1980年には、たのきんトリオ出演の『ただいま放課後』の熱血教師役ドンガメ先生を演じて、知名度が上昇していきました。

以降、さまざまな役をこなす名俳優さんへとなりその熟練した演技には定評があり、日本を代表するバイプレイヤーの一人である。

また、本田さんのその渋い声でナレーターを務めることもあるんだそうです。

妻はどんな人?

本田博太郎さんは、愛妻家と言われているようです。奥さんと一緒に愛犬の散歩や夫婦同伴のお出かけなど実に仲がいいご夫婦なんだそうです。

実は、本田さんは1979年の舞台『近松心中物語』で平幹二朗さんの代役に大抜擢される前は全く芽が出ず、その時には既に子供が3人いたのでこの舞台を最後に俳優を辞め、郷里に帰るつもりだったそうです。

こういった経緯から若い頃は、多少なりとも奥さんに苦労をかけてきたのではないでしょうかね?支えてきた奥さんはきっと素敵な方なんでしょうね。いつまでも仲がいいというのがなんだかわかるような気がしますね。

子供は俳優

本田さんには、3人の子供さんがいらっしゃるようで長男の本田大輔さんが父と同じ俳優として同じ世界で頑張っているようです。

本田大輔 プロフィール・経歴

【芸名】本田大輔(ほんだ だいすけ)
【出身】東京都
【生年月日】1978年8月29日
【身長】179
【血液型】A
【その他】アパッチ 所属

1998年に公開された映画『がんばっていきまっしょい』でデビュー。以降、映画『ゴジラ』『鉄道員 (ぽっぽや)』、テレビ『花子とアン』に出演するなど、徐々にではありますが途切れることなく映画・ドラマに出演されています。

書家としても

俳優としての自分の出演作品の毛筆題字を数多く手掛け、最近では書家としても活躍して活動の幅を広げているそうです。

その一環として、『髪結い伊三次』『能登の花ヨメ』『砦なき者』『ぶるうかなりや』などの題字を書いている。

俳優としてもまた書家としても才能があり羨ましい限りですよね。

グループ魂とは?

阿部サダヲさんや宮藤官九郎さんが所属する劇団大人計画から派生したロックバンド「グループ魂」はなかなか個性的な曲を作ることで有名な集団。

そんなグループ魂が本田博太郎さんの圧倒的な存在感を誇る俳優を敬意して歌を作ったそうです。

「本田博太郎」という題材を唄うなんて、面白いですね。「グループ魂」さんが本田さんに目につけるのもすごいですよね。ほんと。

まとめ

本田博太郎さん、息子の大輔さんともに活躍していってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク