平岳大、下町ロケットで日本クライン部長・久坂役。結婚は?経歴が凄い!

平岳大、下町ロケットで日本クライン部長・久坂役。結婚は?経歴が凄い!
出典元:シス・カンパニー

平岳大さんは、あの話題作『下町ロケット』の続編に出演し注目を浴びているようです。そんな平岳大さんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

下町ロケットで日本クライン部長・久坂役

ドラマ『下町ロケット』を語る前にまず出演している平岳大さんってどんな人?

平岳大 プロフィール・経歴

【芸名】平岳大(ひら たけひろ)
【出身】東京都
【生年月日】1974年7月27日
【身長】183
【血液型】B
【その他】シス・カンパニー 所属

平岳大さんの父親は俳優の平幹二朗さん、母親は女優の佐久間良子さんという大物俳優の子供さんだったようです。また二卵性双生児の兄として生まれ妹がいるそうです。

しかし両親は、1984年5月に離婚し、その後は母親である佐久間さんの元で育ったようです。

それから、サラリーマン生活をするも27歳で役者に転身する。舞台『鹿鳴館』で親子3人で共演し、デビューを果たしました。

そんな平さんですが、役者の道を考えたのは平さんなりに考えがあったそうです。

小さい頃から「俳優の息子」という色眼鏡を通して見られるのが嫌だったそうです。だから両親の影響が及ばない場所で、どこまで出来るのか試してみたかった。

その結果がサラリーマンだったようです。でも平さんなりに僕がやりたいのは本当にこれなのか?という疑問があったという。そこで両親を抜きに考え、素直に役者になりたいという気持ちがあったそう。

当初は、27歳から突然俳優への転身は家族から反対されたそうですが、どうやら意志を貫いたようですね。

スタートが遅く、また二世俳優ですが、平さんは単なる二世俳優ではなく実力があるからこそ、現在もさまざまなドラマ・映画にコンスタントに出演し活躍しています。

下町ロケットではどんな役?

高視聴率を得ている大人気ドラマ『下町ロケット』は、前編・続編とあり、前編は下町工場である佃製作所が、特許侵害・経営難などといった苦難を乗り越えながら、帝国重工が計画するロケット開発に必要なバルブシステムの部品供給をしていくというストーリー。

そして今回、折り返し地点となった続編は、今までのロケット開発とは全く違って、人類に取って重要かつ必要な医療機器の開発を手がけていくという「ガウディ」篇。

新キャスト人として、悪役としてサヤマ製作所の社長・椎名直之(小泉孝太郎)や開発依頼をする心臓外科医の一村隼人(今田耕司)などが登場。

そして、ロケット編で佃製作所に勤務していた真野賢作(山崎育三郎)は佃航平(阿部寛)の考えについていけず反発心が強く別の会社に就職しましたが、今回すごく良いキャラに変わっていることにも注目です。

そのような中、平岳大さん演じる久坂寛之は大手精密機械メーカー「日本クライン」の製造部長。外資を渡り歩いてきた悪賢く策略好きで、どこか気取った雰囲気のある男性。

そんな久坂は、佃製作所にあるパーツの開発を依頼するのですが・・うんくさいです。メガネの奥には一体どんな策があるのでしょうか?

物語は非常に楽しめ、また豪華キャストで見ごたえたっぷりです。

結婚は?

平岳大さんを検索すると「結婚」が浮上しています。年齢的にも既に結婚して子供さんがいるのかなと思い調べてみましたが、どうやら独身のようです。

また、現在付き合っている彼女の噂や信憑性ある情報もありませんでした。こんなにもイケメンで高学歴で高身長なのに不思議ですね。今後の噂が楽しみですね。

ちなみにですが、双子の妹さんは海外でバリバリ働いていて結婚されているようです。

経歴が凄い

両親共に大物俳優というだけでも凄いのに、平岳大さんの経歴が凄いのです。

平さんは、暁星小学校→暁星中学校を経て暁星高等学校に進むも在学中の15歳のときに単身渡米。そしてアメリカモーゼス・ブラウン・スクール卒業後、名門ブラウン大学理学部応用数学科へ進学し卒業しました。

ブラウン大学卒業後はコロンビア大学大学院修士課程へ進学するも中退し、その後はサラリーマンとして投資顧問会社やソフトバンク系列会社に勤務していた。

また、留学していたのもあり英語は勿論のこと、その他スペイン語も勉強していたようです。

NHKテレビ『テレビでスペイン語』にも出演していた平さん。普段の会話程度であれば、スペイン語も使いこなせるレベルのようです。また、フラメンコも本格的にやっていたようです。

Twitterでも「久し振りにフラメンコ」と呟いていたようです。

このような経歴からして平岳大さんは、二世俳優という俳優の血筋でもエリートである一方で、学歴においても完全無欠のエリートであることがわかりました。

まとめ

いつか両親をも超えるぐらいの役者さんになっていってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク