毬谷友子、結婚しない理由って?芸能一家で裕福育ちで騙されたのか?

毬谷友子、結婚しない理由って?芸能一家で裕福育ちで騙されたのか?
出典元:ジェイ・クリップ

1人で何人もの人を演じ、圧倒的な演技力で魅了している毬谷友子さん。そんな彼女について、色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

毬谷友子 プロフィール・経歴

【芸名】毬谷友子(まりや ともこ)
【本名】矢代友子(やしろ ともこ)
【出身】東京都
【生年月日】1960年3月25日
【身長】160
【血液型】A
【特技】ピアノ弾き語り
【所属劇団】宝塚歌劇団(1980年 〜1985年)
【その他】ジェイ・クリップ所属

毬谷友子さんは、幼稚園から高等学校まで四谷雙葉学園で学びます。その後、宝塚音楽学校に入り1980年には首席で卒業。卒業試験では創立以来最高の99点を獲得したというから驚きです。

宝塚歌劇団に66期生として入団。『フェスタ・フェスタ』で初舞台をふみ、雪組に配属。

連続テレビ小説『虹を織る』のヒロインの「仲良し5人組」の一人・ゆき役に選ばれ出演。

1983年には『ブルー・ジャスミン』の新人公演で初ヒロインに抜擢。1985年4月30日、『花夢幻 / はばたけ黄金の翼よ』を最後に宝塚歌劇団を退団。

退団後は舞台を中心に活躍するほか、さまざまな映画・ドラマなどに出演し活躍。

以来、野田秀樹さん、蜷川幸雄さん、ロベール・ルパージュさん、坂東玉三郎さん、串田和美さん等にその感性を認められ、絶大な信頼を得ているという。

主な作品
【映画】
・宮城野

【舞台】
・弥々

〜受賞歴〜
・‘89年芸術選奨文部大臣新人賞大衆芸能部門
ミュージカル「SESSUE」「真夏の夜の夢」
・‘92年紀伊國屋演劇賞個人賞
「弥々」 「贋作 桜の森の満開の下」夜長姫(野田秀樹作・演出)
・‘02年芸術祭優秀賞受賞
矢代静一作「一人芝居 弥々」

結婚しない理由って?

毬谷友子さんは、お付き合いしている人もいて結婚したいと思った事も沢山あったそうですが実は今まで1度も結婚したことはないそうです。なので現在も独身です。

その理由は、付き合った男性がマザコンだったり、自立しないで働かない人だったりと・・・世間で言うダメな彼氏ばかりだったそうです。

毬谷友子さん曰く「私が優しすぎて彼氏をダメにしてしまう」「反省してます」と、コメント。

そんな毬谷友子さんの現在は、愛犬1匹、愛猫4匹を飼っていて、信頼できるのは犬・猫だけと言い、結婚は考えていないようです。

考えによったら、若気の至りで結婚し別れるぐらいだったら、しなくてよかったのかもしれませんね。

また今は結婚を考えていなくても、年齢50歳代でけっして若いとは言えませんが熟女的な魅力があり綺麗だから、今後もしかしたら結婚ってことがあるかもしれませんね。

芸能一家で裕福育ちで騙されたのか?

毬谷友子さんの家族は芸能一家なんです。父は劇作家・矢代静一さん。母は映画『女の園』などで知られる女優・山本和子さん、姉・矢代朝子さんも女優。また従妹にえまおゆうさん(73期、元雪組トップスターの絵麻緒ゆう)がいる。

お嬢様だった毬谷友子さんは、きっと裕福で何不自由なく育たれたんだと思いますね。そんな毬谷さんだから人を疑うことを知らずに騙されたのでしょうか?

騙されたって?
毬谷友子さんは、テレビ『爆報!THE フライデー』で「自称家政婦という女性に洗脳された過去」を告白。

毬谷友子さんが35歳の頃、犬を飼い始めたそうですが、独身で仕事もあるために世話をするのに困っていたそうです。そんな時、友人が雇っていた60代の家政婦を彼女自身も雇うことにしたんだという。

家政婦は品が良く、自己紹介の時には「某王手企業の重役の未亡人です」と、経歴を語り、また有名人と知り合いであることをさり気なくアピールしていたという。

いつの時からか家政婦は、一緒にご飯を食べたり遊んだりするようになったそうです。そんな時間を過ごしていくうちに毬谷さんは、家政婦を本当の母親のように錯覚するようになっていったそうです。

そして、その結果、家政婦は仕事の枠を超えて毎日家に入り浸る状態になっていったそうです。

ある日、同じ家政婦を雇っている友人から高価な着物が無くなっていたという知らせがきました。毬谷さんも慌てて自身の品物などを確認してみると、着物や高価な宝飾品などが無くなっていたという。

友人は、家政婦が窃盗犯だと警察に相談に行くも、家政婦は「奥様から洗い張りに出してくれと、頼まれたから持っている」などいくらでも言い訳ができてしまうため、犯罪にならないという説明を受けたそうです。

現行犯では捕まえることが出来ないんですね。そしてそこで友人は、 証拠を得るため、探偵を雇い、その間家を留守にしたそうです。

まんまと家政婦は、寝室の宝飾品を盗み、質屋で換金するようすの一部始終を探偵のカメラが収め、これがきっかけとなり警察が動き、逮捕へと至ったそうです。

2年半から3年間ほど、家政婦を信じきっていた毬谷友子さんは心がズタズタになりお母さんが逮捕されたような辛さだったと語っていたという。

家政婦をしていた人も始めは窃盗目的だったとしても、それだけの時間を毬谷さんと過ごしていくうちに娘のようだとか情というものがないのでしょうかね?

まっ、なんともショックな出来事を体験した毬谷さん。今後はこのような事がないことを願っております。

まとめ

実力ある女優さんなので、今後も素敵な作品に出演していってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク