落合陽一、結婚相手は美女!服が個性的だけど一体何者なの?

落合陽一、結婚はしているの?服が個性的だけど一体何者なの?
出典元:Yoichi Ochiai Portfolio

テレビ『サンデー・ジャポン』に出演していた魔法使いこと落合陽一さんって気になりませんか?そんなわけで色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

服が個性的だけど一体何者なの?

まずは落合さんのwikiや経歴から調べていきたいと思います。

落合陽一 プロフィール・経歴

【芸名】落合陽一(おちあい よういち)
【出身】東京都
【生年月日】1987年9月16日

落合陽一さんの職業は、実業家・メディアアーティスト・研究者。そして筑波大学図書館情報メディア系助教でありデジタルネイチャー研究室主宰。

ちなみに名前の由来は、「プラス(陽)」と「マイナス(一)」。なので、そのせいか電気は好きだったようです。

落合さんの作品作りとは?

コンピュータや電子回路といったデジタル装置だけでなく、コマやシャボン玉、虫眼鏡や万華鏡など古典的なアナログ装置を作品制作に用いることが多いという。

ちなみにシャボン玉は子供の頃から好きだったそうです。

デジタルとアナログを組み合わせた制作手法による視覚的作品や,デジタル装置を用いてアナログな実体を駆動する研究で知られる。

代表的な作品の一部
ほたるの価値観 (2010年)
発光ゴキブリをテーマにしたインスタレーション。ホタルとゴキブリを対比して命の価値を問う作品。

アリスの時間 (2012年)
実物投影機を並べることでフィルムを使わないアニメーションを作る作品。

このように不思議な作品を数々生み出されています。

経歴
開成高校卒業

筑波大学情報学群情報メディア創成学類卒業

日本学術振興会特別研究員

東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)

筑波大学図書館情報メディア系助教 デジタルネイチャー研究室主宰

実に素晴らしいですね。

そして数々の賞を受賞
2010年「スーパークリエータ/天才プログラマー認定」
2010年「ACM UIST Student Innovation Contest 2nd Prize」
2011年「筑波大学学長賞」
2012年「MMM審査員賞 」
2013年「マニフェスト大賞・審査員特別賞」
2013年「Springer Diamond Award for best research」
2014年「Laval Virtual Award (Grand Prix du Jury) & (Interface & Multipurpose Equipment) 」
2015年「World Technology Award」

両親や親戚も凄い

こういう方が現れると、やはり気になるのがここまで天才的な人に育てた両親!一体どんな方なのでしょうか?

はやり凄かったです。父親は国際政治ジャーナリストまた小説家としての顔をもった落合信彦さん。叔父さんは空手家(和真流宗家)の落合秀彦さん。また従兄弟にはレディ・ガガの主治医を務めたこともあるというデレク・オチアイさん。

なんとも凄い家族構成で、蛙の子は蛙とはこのことを言うのでしょうかね・・。

服が個性的

落合さんを見ると個性的な服装をされていると思いませんか?好き嫌いがあると思いますが、自己主張があっていいと思いますね。そんな落合さんの服装は「ヨウジヤマモト」の服なんだそう。おしゃれさんです。

エピソード

落合さんの座右の銘は「変わり続けることを変えず、 作り続けることをやめない」

眠気を防ぐため炭水化物はあまり摂らないそうで、徹底されていますね。

結婚は美女と?

彼女」がいるのか「結婚」しているのかすごく気になり色々調べてみましたが、信憑性ある情報がいっさいありませんでした。そういった噂はこれからなんでしょうかね?

ただ、togetterとうサイト上に落合さんが「婚約」しましたというような事が書かれてましたが・・。
→http://togetter.com/li/662848

またこんな情報もありました。2014年のバレンタインデーに、ハワイで婚約したそうですが、2015年4月に婚約を解消したそうです。

追記:

2016年7月3日(日)のサンデージャポンに出演した落合さん。なんとその時に結婚したことを報告されていました。

結婚相手は、女優の水川あさみさん似の美女なんだそうです。結婚写真は公開されていましたが、気になる奥様のお顔は公開されていませんでした。残念だけど一般の方だから仕方ありませんね・・。

末永くお幸せに!

まとめ

落合陽一さんは、創りだすものだけでなく、思想が未来的で魅力的な方で今後の活躍に期待していきたいです。応援してます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク