北原佐和子、結婚→離婚→再婚は?介護士の資格。大物俳優に叱られた過去

北原佐和子、結婚→離婚→再婚は?介護士の資格。大物俳優に叱られた過去
出典元:トレジャーオブミュージック公式サイト

昼ドラの常連とも言える北原佐和子さんが、土曜ワイド劇場『女たちの特捜最前線~警察食堂極秘会議!』に出演するようで、色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

北原佐和子 プロフィール・経歴

【芸名】北原佐和子(きたはら さわこ)
【出身】埼玉県
【生年月日】1964年3月19日
【身長】160
【血液型】A
【学歴】埼玉県立朝霞高等学校定時制卒
【趣味】映画鑑賞・ドライブ・乗馬・陶
【資格】介護福祉士・口腔ケア推進士・普通自動車一種免許
【その他】トレジャーオブミュージック 所属

北原佐和子さんは、高校在学中に「ミス・ヤングジャンプ」に選ばれグラビアデビュー。そして、同じ事務所の真鍋ちえみさん、三井比佐子さんと共に、1981年にアイドルユニット「パンジー」を結成。

1982年の18歳の時にシングル「マイ・ボーイフレンド」で歌手としてソロデビュー。1985年にかけてシングル10作品、アルバム6作品をリリースし、「花の82年デビュー組」の一人であった。

その後、女優に転身後はテレビドラマ・映画・舞台など数々の作品に出演。「昼ドラの常連」として知られ、『牡丹と薔薇』は大ヒットとなった。またレポーターとして旅番組などにも多く出演。

結婚→離婚→再婚は?

プライベートでは1990年に会社員の男性と結婚しましたが、1994年に離婚しました。その後、再婚されているか調べてみましたが現在のところ独身のようです。

熱愛について、信憑性ある情報やスクープされたといった噂もないようです。年齢は重ねてもいくつになっても可愛らしい北原さんなので水面下でひそかに一般の方とお付き合いしている可能性もあるかもしれないですね。

また子供さんについてですが、自身のブログに「子供ができた!なんて私も言いたいよ〜」とコメントされていたようなのでお子さんはいないと考えられます。

今後のプライベートに注目ですね。

介護士の資格

北原佐和子さんは、ある時に障害者との交流をきっかけに20代の頃から介護やボランティアに関心を持っていたようで、2007年の43歳の時にホームヘルパー2級の資格を取得する。

また芸能活動の傍らで、2008年より介護士として東京都内の施設で介護実務に携わっていきます。

そして2014年、50歳で介護福祉士の国家資格を取得。同年12月には、介護現場での自らの体験を元に書籍『女優が実践した介護が変わる魔法の声かけ』を執筆。

執筆以外にも「介護はじめの一歩」と題して講演活動も行っているようです。

またボランティア活動として、2011年よりワンライフプロジェクト東京支部代表としてワンライフプロジェクト『たったひとつの命だから』の朗読会を各地で開催。

2013年には新たに自ら代表を務めるボランティア団体「プレシャスライフ 心の朗読会」を立ち上げて、「いのちと心の朗読会」を各地の小中学校や病院などで開催。

バイタリティー溢れ、努力家ですよね。

大物俳優に叱られた過去

北原さんがまだ、実力よりも人気が先行していて、芝居のことやその世界の礼儀も知らずにいい役をもらっていたから、彼女には厳しい目が向けられていたようです。

『水戸黄門』の舞台で、当時の黄門様が「北原の芝居は下手過ぎて一緒にやりたくない」とおっしゃっていると聞いた北原さんは、ご本人に『どこがダメなのか教えてください』と伺ったそうです。

しかし、黄門様は面と向かうと『大丈夫だよ』と。当時は若かったからそのことに苛立ったりもしたけれど、その後は、何度もご一緒させていただけた。と語っておられました。

一方で、今でも宝物にしているという助言をしてくれたのが杉良太郎さんなんだそうです。

顔が小さ過ぎてる北原さんにとって舞台は不利なんだそうです。それである時杉さんに、「もっとお客さんに見やすい顔を作りなさい」と言われたそうです。

そしてその返事に北原さんは、「ええっ、むずかしいです」と言うと「そのむずかしいという言葉がいけない。佐和子のいけないところはそこだ。むずかしい、とひと言いった時点で、もうゼロ。まず、やってみます、と素直に言わないと」と言われたそうです。

それに対し北原さんは、本当にそうだと今も思っているんだそうです。

黄門様に叱られ、杉良太郎さんに救われた北原さんは結局、大物俳優さんから気にかけられ期待されていたということなんでしょうね。きっと北原さんの人柄もよかったのでしょう。

まとめ

女優と介護士という二足の草鞋で大変かと思いますが、頑張っていただきたいと思いますね。応援しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク