岡本夏美、スカッとジャパンで雪世。噂の彼氏は誰?素顔はこんな人

岡本夏美、スカッとジャパンで雪世。噂の彼氏は誰?素顔はこんな人
出典元:エヴァーグリーン・エンタテイメント

モデル・女優として活動している岡本夏美さん。テレビ『痛快TV スカッとジャパン』に出演するということで、色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

スカッとジャパンで女子高生・雪世

2015年12月21日にテレビ『痛快TV スカッとジャパン』に岡本夏美さんが出演します。その前に岡本さんってどんな人?

岡本夏美 プロフィール・経歴

【芸名】岡本夏美(おかもと なつみ)
【出身】神奈川県
【生年月日】1998年7月1日
【身長】162
【血液型】B
【趣味】音楽を聴く・プリを撮ること
【特技】歌を歌う
【その他】エヴァーグリーン・エンタテイメント所属

2011年、岡本夏美さんはファッション雑誌『ラブベリー』のモデルオーディションでグランプリを受賞し、芸能界デビュー。2011年5月から翌2012年2月まで専属モデルとして活動。

2012年3月、『ラブベリー』から『nicola』へ移籍し、専属モデルとなる。

4月からはテレビ『おはスタ』に「おはガール」として出演開始。平祐奈さんと吉川日菜子さんとの3人組アイドルユニット「おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!」のリーダー役として活動。

8月7日には「おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!」としてCDデビューを果たす。

ニコラモデルの小山内花凜さん、澤田汐音さん、高嶋芙佳さんとともにニコラ内のユニット「sweet girls」を結成。

2013年1月、舞台『蒼い季節』に出演する。1月から3月に放送された『夜行観覧車』でテレビドラマ初出演を果たす。

以降、モデルとしてまたさまざまなドラマ・舞台などに出演し、徐々にではありますが活躍されています。

スカッとジャパンでは?

テレビ『痛快TV スカッとジャパン』の番組内容は、身近や周りにいる意地悪な人、自分勝手な人たちを機転のきいたアイデアや手の込んだもので撃退した「本当にあった」スカッとする話をショートドラマ化したものです。

そして今回、岡本夏美さんはスタジオゲストではなくてショートドラマに出演。

「彼がくれたキーホルダー」
女子高生の雪世(岡本夏美)は、思いを寄せている男性がいました。その人は徹(菊池風磨)と言って雪世はその徹からキーホルダーをもらい大切にしていた。

そんな大切なキーホルダーを、嫉妬した友人に奪われ、友人にも裏切られる・・失意の彼女に訪れた最高のクリスマスとは・・?

徹役には、人気グループSexyZoneのメンバーである菊池風磨さん。果たして岡本夏美さんはハッピーエンドな恋になるのでしょうか?楽しみですね。

その他にさまざまなショートドラマがあります。
・『横取りケチケチ母ちゃん』 宍戸美和公 他
・『髪を染めるのは校則違反!』 高橋ひとみ
・『美意識が高すぎる彼氏』 戸塚純貴 小宮有紗
・『彼がくれたキーホルダー』菊池風磨 岡本夏美

ベテラン俳優から新人とユニークですね。またショートドラマなので初めての方も見やすいドラマとなっていると思います。

噂の彼氏は誰?

岡本夏美さんを検索すると「彼氏」「熱愛」といったキーワードが上昇します。これだけ可愛くて人気があるから噂が流れるのは当然と言えばそうなのですが、真相をたしかめたいと思います。

ネット上の噂ですが、熱愛している男性がいて、その相手というのが、イケメン俳優の中川大志さんだというのです。

この2人は『nicola』のモデル、『おはスタ』、ドラマ『夜行観覧車』と共演という接点が多いようで、また1998年生まれの同い年だという。

また、『おはスタ』では実際に絡むこともあったようで、それがまたカップルかと思うぐらい仲が良くて、そんな姿が熱愛の噂になっているようです。

美男美女が並ぶとやっぱり絵になるのでそう思いがちになってしまうんですよね〜なぜか。

彼氏浮上は単なる噂というわけで、今後の動きに注目ですね!

素顔はこんな人

岡本夏美さんは、子供の頃からすごい目立ちたがり屋だったそうです。小学生の頃は全学年で学級委員をやり、劇をやるときは主役。

相当な目立ちたがり屋ということがわかりますね。

そんな目立ちたが屋な性格からお母さんからは「なんで私からこの子が生まれてきたんだろう?」と言われていたようです。

しかし、そんな明るい性格でもドラマ『GTO』に出演していた時は、そんな余裕もなかったそうです。

出演者の中では岡本さんが最年少で、プレッシャーでしゃべる余裕もなかったそうです。今でも撮影中はモニタで他のかたの演技を見て勉強しているんだそう。

そんな素顔の彼女は、女優にモデル、そして歌と多方面で経験を積んで努力してきました。これからの活躍が楽しみですね。

まとめ

まだまだこれからの人で、今後今以上に活躍されることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク