兵動大樹、嫁との馴れ初めや子供?相方・矢野はどんな人?

兵動大樹、嫁との馴れ初めや子供?相方・矢野はどんな人?
出典元:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

兵動大樹さんは、矢野・兵動(やのひょうどう)という漫才コンビを組んでいます。そんな兵動さんはテレビ『人志松本のすべらない話』に出演してから全国区で一躍有名になりました。

そんな兵動さんについて色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

兵動大樹 プロフィール・経歴

【芸名】兵動大樹(ひょうどう だいき)
【出身】大阪府
【生年月日】1970年7月24日
【身長】172
【体重】84
【血液型】O
【結成】1990年、NSC大阪校9期
【同期】ナインティナイン・宮川大輔・星田英利・へびいちご・川畑泰史
【趣味】寝る事・ウロウロする事・PC・おしゃべり
【その他】よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

幼い頃からダウンタウンに憧れ芸人を目指していた兵動さんは、素人時代からへびいちごの島川さんとコンビを組み、共にNSC大阪校に入学する。

当時、実力のある同期生たちを目の当たりにし、今後自分は芸人としてやっていけるのか?と不安でいっぱいだったそうです。

その後、島川さんとコンビを解散し、途中入学してきた矢野さんと出会う。

1994年、ナインティナインが東京で活躍し始める中、上方お笑い大賞で銀賞を受賞するも仕事は激減し、営業が月に1回だけという時代が続いていた。

2000年以降も仕事がない状況は変わらず、10年近く不遇の時代が続くも細々と漫才ライブを続けていた。

2007年の夏、東京で活躍していた同期の宮川大輔さんからのオファーでテレビ『人志松本のすべらない話』のスピンオフ企画『大輔宮川のすべらない話』に兵動さんが出演。

その後『人志松本のすべらない話』にも出演するようになり、巧みな話術と軽快なしゃべりでこれまでにMVSを計4回獲得している。

本人曰く『人志松本のすべらない話』に出演したことによって生活がガラッと変わったという。

【受賞歴】
・1992年「NHK上方漫才コンテスト」優秀賞
・1993年「ABCお笑い新人グランプリ」優秀新人賞
・1994年「上方お笑い大賞」銀賞
・2007年「上方漫才大賞」奨励賞
・2009年「上方漫才大賞」大賞

嫁との馴れ初め・子供は?

2004年に兵動さんは結婚し、2006年には第一子となる女の子が誕生し2010年10月には第二子となる女の子が誕生し幸せな家庭を築かれています。

そんな幸せいっぱいの兵動さんと奥さんとの馴れ初めは

もともと奥さんは「吉本」の営業部で働いていたようです。なので顔はよく知っていたようです。

そして仕事終わりに食事に行ったり、勝手に作ったクラブという「吉本マラソン部」で一緒に走ったりと友達としてよく遊んでいたようです。当時、周りからは「結婚したらええねん」と言われていたようです。

そんな時、兵動さんが「恋愛の相談」をしたことがキッカケで恋愛に発展し結婚に至ったそうです。

プロポーズの言葉は「絶対幸せにするんで結婚して下さい」と。男らしくてカッコいいですね!

詳しいことは、「兵動思想」2005年10月31日付けのブログをご覧下さい。
幸せでお似合いなご夫婦だと思います。

子供は

長女は愛寧(あいね)ちゃん、次女がリリアちゃんだそうです。

長女の名前の由来は、「愛されても、愛されても、優しさを忘れないでほしい」とモーツァルトの名曲「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」のアイネから用いたようです。

そして次女は、ユリの花言葉が優しい感じの為リリ(ゆりは英語でリリー)にして、1人目の子が愛寧(あいね)なので「あ」を取ってリリアにしたそうです。

娘さんたちへの愛情が深く伝わってきますね。

相方・矢野はどんな人?

矢野勝也 プロフィール・経歴

【芸名】矢野勝也(やの かつや)
【出身】兵庫県
【生年月日】1970年8月17日
【身長】165
【体重】63
【血液型】AB
【結成】1990年、NSC大阪校9期
【同期】ナインティナイン・宮川大輔・星田英利・へびいちご・川畑泰史
【趣味】おしゃれ・犬の知識・トリミング・車カスタム・ボディビル
【その他】よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

矢野勝也さんは2007年2月に結婚しました。奥さんである由美子夫人には2人の連れ子がいて、2009年8月には第3子となる女児が誕生。

ケンカするほど仲がいい矢野ファミリー。仲がいい秘訣は、お互い言いたいことを言い合う気のつかわない家族で、娘さんとは血は繋がっていないものの、父親として思春期の頃には遠慮せず言いたいことを言ってきたそうです。

矢野さんと奥さんは13年前、岡山で出会ったそうです。奥さん曰く矢野さんは遊び心で近づいてきたという。また、結婚後は浮気が何度か発覚していていたようです。しかし奥さんは浮気が趣味と大きな心で話していたようです。

ボディビルダー

矢野勝也さんは、2014年5月から娘のお父さん、いわゆる「パパ友」の勧めで始めたというボディビル。それが予想以上にガチで凄い体つきになっていました。

そして、尼崎市記念公園総合体育館で開かれた「第41回尼崎ボディビル選手権大会」に矢野さんが出場しました。本大会に出場は昨年に続いて2回目。初出場だった昨年は、たった一人の新人だったことから「新人賞」と、シニア部門での優勝と2冠を果たしました。

今年はライト級での出場で、鍛え抜いた筋肉美を披露しましたが6人中5位という結果に。しかし矢野さんの考えは「結果よりも毎年出場する」ということに意義があるようなので、またチャレンジしてほしいですね。

まとめ

こうして全く違う2人ですが、これからもずっと2人で漫才を続けていってほしいですね。個人的にいいコンビだと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク