橋本さとし、結婚→離婚→再婚を経て子供は?素顔はどんな人なの?

橋本さとし、結婚→離婚→再婚を経て子供は?素顔はどんな人なの?
出典元:キューブ公式サイト

大ヒットドラマなどを影で支える名脇役として活躍している俳優の橋本さとしさん。近年ではドラマ『下町ロケット』に出演し脇役ながらその存在感は見事なものです。

そんな橋本さとしさんが、テレビ『ライオンのごきげんよう』に出演するということで、色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

橋本さとし プロフィール・経歴

【芸名】橋本さとし(はしもと さとし)
【本名】橋本 哲
【出身】大阪府枚方市
【生年月日】1966年4月26日
【学歴】大阪芸術大学 芸術学部 舞台芸術学科 卒
【身長】184
【体重】77
【血液型】O
【趣味・特技】スキー・手品・火吹き・バルーンアート
【その他】キューブ 所属

橋本さとしさんは、1989年に「劇団☆新感線」の公演でデビュー。その後も多くの作品に出演し1996年の『野獣郎見参!』では主役を務めました。そして1997年『直撃!ドラゴンロック〜轟天〜』の公演を最後に劇団を退団。

その後、声優やミュージシャンなど多方面において活躍しています。

劇団時代は橋本じゅんさんとゲーム『餓狼伝説』シリーズで兄弟役の声を担当するなどコンビでの活動が多かったそうです。同じ名字ですが、大学の先輩後輩の仲で2人は血縁関係はないそうです。

ドラマなどでは、悪役が多いようですが声優を務めていた時は正義の味方が多いようです。

『トランスフォーマー カーロボット』のファイヤーコンボイや『餓狼伝説』シリーズや『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズなど。

劇団退団後しばらくはテレビ・映画の作品が多かったが、1999年から再び舞台に立ち、2001年に蜷川幸雄演出『ハムレット』のレアティーズ役を演じます。

その後、宮本亜門演出『くるみ割り人形』(2001)、鴻上尚史作『シンデレラストーリー』(2003)『天使は瞳を閉じて』(2003)等の新作ミュージカルに出演。

2004年には帝国劇場のミュージカル『ミス・サイゴン』の主役・エンジニアに抜擢。

2006年、ジョン・ケアード演出の『ベガーズ・オペラ』で狂言回し的な詩人を演じ、翌2007年には同演出家がロンドン初演以来手掛ているミュージカル『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン役に選ばれました。

このように、現在もなおマルチに大活躍されています。

結婚→離婚→再婚の真相や子供は?

橋本さとしさんは、舞台の共演で知り合った女優・金子美香さんと結婚するも5年で離婚しました。2人の間には子供さんはいなかったようです。

そしてその後、2009年に舞台を中心に活動している女優の宇都宮愛さんと再婚しました。2人はミュージカルの共演で知り合い結婚に至ったようです。

宇都宮さんは今は主に女優活動よりも、演出や演技指導を行っているようです。

そんな2人の間には、男の子の子供さんが1人いらっしゃるようです。詳細等はほとんど情報がありませんでした。しかし、今後、情報番組やトーク番組などで家族のことなど話してくれるかもしれませんね。

でも、なんでも情報があるよりも謎があるのもいいのかもしれませんね。

素顔は?

橋本さとしさんの好きなものは揚げ物、甘い物で嫌いなものはトマト、ニンジン、辛い物。甘いものが苦手で辛いのが好きそうなイメージですよね。

また、お酒が強そうに見られがちですが実は非常に弱く、共演者の人達と串焼き屋に行った時「ホットミルク」を注文し、周りから「赤ちゃんか!」と突っ込まれたほどだとか。

見た目で判断しないということですね。一見怖そうなイメージなので、そのギャップがたまらなくいいです(笑)

まとめ

今後も多岐にわたり活躍されることでしょうね。とても素敵な俳優さんですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク