伊藤沙莉、怪盗山猫に登場。松岡茉優から毒舌を?子役から活躍でどんな子?

伊藤沙莉、怪盗山猫に登場。松岡茉優から毒舌を?子役から活躍でどんな子?
出典元:アルファエージェンシー

伊藤沙莉さんは『女王の教室』『GTO』『リーガルハイ』といった人気ドラマに出演していた注目の女優さんです。そんな伊藤さん、実は子役から活動していたそうです。早速色々調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

子役から活躍でどんな子?

伊藤沙莉 プロフィール・経歴

【芸名】伊藤沙莉(いとう さいり)
【出身】千葉県千葉市
【生年月日】1994年5月4日
【身長】152
【血液型】A
【その他】アルファエージェンシー 所属

伊藤沙莉さんは、2003年にドラマ『14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜』で芸能界デビュー。当時9歳で演技未経験ながら、身体が少女に若返ってしまった女性研究員役を見事こなし、注目され話題を集めました。

その後、しばらく演技から遠ざかっていましたが、2005年にドラマ『みんな昔は子供だった』『女王の教室』の出演で復帰しました。なかでも『女王の教室』のいじめっ子役が印象に残っている人が多いのではないでしょうか?

また2014年ドラマ『GTO』でいじめっこ役として登場していました。相当フィットしているんでしょうね。

そんな伊藤さんは、子役時代から安定感のある演技力に定評があり、数々の作品に出演しシリアスもコメディもこなすセンスは抜群で将来有望な個性派女優と言われているようです。

主な作品
【ドラマ】
・2003年『14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜』
・2005年『女王の教室』
・2007年『わたしたちの教科書』
・2008年『スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』
・2015年『トランジットガールズ』

【映画】
・2006年『イヌゴエ 幸せの肉球』
・2012年『悪の教典』
・2013年『もらとりあむタマ子』
・2014年『超能力研究部の3人』
・2015年『幕が上がる』

趣味はカラオケで特技はダンスだそうです。ダンスに関しては、2003年に「ALL Japan Dance Contest」の東京予選、「サンリオダンスコンテスト」のキッズ部門でそれぞれ優勝するなどの記録を持っているようです。小柄な雰囲気からは想像がつきませんね。にしても優勝って凄いです。

家族構成は、3人きょうだいでお兄さんとお姉さんがいるようです。

怪盗山猫に登場

現在、注目されているという亀梨和也さん主演のドラマ『怪盗山猫』に伊藤沙莉さんが第1話・2話とゲスト出演されるようです。

【あらすじ】
大量の資金を盗み出し、暴き出すは悪事の証拠。世間からも英雄のように扱われる異色の天才大怪盗・山猫(亀梨和也)。しかし、同じく世間を賑わす天才ハッカー「魔王」に邪魔されてしまう。

雑誌記者・勝村(成宮寛貴)を問いただし、魔王の正体が女子高生(広瀬すず)だとわかった山猫は魔王に直接勝負を申し出る中、刑事の関本(佐々木蔵之介)やさくら(菜々緒)がその行く手を阻む。果たして・・

伊藤さんはどのような役柄で出演するか楽しみで、演技にも注目ですね!

松岡茉優から毒舌を?

若手実力派女優として活躍している松岡茉優さんは伊藤さんと同じく8歳と子役から活動し、2人は友人関係で松岡さんは「この子とおばあちゃんになるまで演技頑張ろうと思える子」と評し、かなり仲が良いみたいです。

伊藤さんが女優として悩んでいた時に松岡さんに「あなたは顔がいいわけではないんだから演技でがんばりなさい。」と電車で周りに聞こえるような声で言われたそうです。

可愛い顔をして結構毒舌ですよね(笑)友達を思ってでしょうかね。そんな言葉を発した張本人は、どうやら自分が言った言葉について覚えてないんだそうです。

なんでも言い合える友人関係っていいですよね。

まとめ

伊藤さんは若手実力派俳優として、今後の活躍が楽しみな女優さんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク