尾中琴美はオスカー所属の美女でどんな子?ヒガンバナで透子役。

尾中琴美はオスカー所属の美女でどんな子?ヒガンバナで透子役。
出典元:オスカープロモーション

ドラマ『ヒガンバナ』で知英さんの妹・透子役として登場する尾中琴美さんについて色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

オスカー所属の美女でどんな子?

尾中琴美 プロフィール・経歴

【芸名】尾中琴美(おなか ことみ)
【出身】福岡県
【生年月日】1997年1月5日
【身長】160
【血液型】A
【趣味】クラシックバレエ、妹・弟と遊ぶこと
【特技】クラシックバレエ、笑うこと
【その他】オスカープロモーション 所属

尾中琴美さんのデビューのきっかけは2009年「第12回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞した事から。そして米倉涼子さん・上戸彩さんを筆頭に綺麗どころが沢山所属しているオスカープロモーションに所属。

ちなみに、この時のグランプは工藤綾乃さん、同じ審査員特別賞には2015年のミス・インターナショナル日本代表で知られる中川愛理沙さんがいます。また工藤綾乃さんとは同期ということもあり仲がいいそうです。

尾中さんの出演作で一番知名度があるとすれば『ウナコーワ』のCM。特技がクラッシックバレエということもあり、このCMでダンスを披露しています。

プライベートでは2015年3月14日に高校を卒業されています。大学や専門学校に通っているのか?または学校には行かずモデル・俳優業を主にしている等といった情報は残念ながらありませんでした。

今以上にもっと知名度が上昇すれば、さまざまな情報が浮上してくるかもしれませんね。

今までの主な出演作
CM『ウナコーワ』
ドラマ『泣くな、はらちゃん』
舞台『新釈・ロクモンセン~真田十勇士伝説~』
イベント『ふれあいフェスタ筑太119』
広告『マイング博多』         などがある

ヒガンバナで透子役

テレビ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』第5話〜嫉妬と羨望…天才バレリーナの悲劇〜に尾中琴美さんが出演します。

このドラマは
事件の被害者や犯人とシンクロ(同調)し、現場に残された彼らの声を聞き取る能力を持つ刑事・来宮渚(堀北真希)。渚をはじめとする、個性あふれる女性刑事だけの捜査チーム・通称「ヒガンバナ」が難事件に挑む本格ミステリー。

今回、第5話(あらすじ)

名門バレエ団の附属高校に通う薫子(知英)の妹・透子(尾中琴美)が発表会のプリマに抜擢された。

しかし、発表会当日の朝、校内のレッスンスタジオ内で透子が意識不明の重体で倒れているところを教務員の小野寺(ミスターちん)に発見される。

しかも、スタジオには外側からは鍵がかけられており…。倒れた原因は“アナフィラキシーショック”。小麦アレルギーを持つ透子が何者かの手によってショック状態に陥れられ、スタジオに閉じ込められたのだ。

捜査を開始した渚(堀北真希)と雪乃(檀れい)は、事件現場のレッスンスタジオを訪れ、そこで渚はシンクロし「私がプリマ…」という声を聞く。

その声を手掛かりに、透子がプリマになったことを妬む人物に犯人を絞るが、なかなか進まない捜査に苛立つ薫子は、渚のシンクロ能力を否定してしまう。

刑事になって初めて受け入れられた自分の“能力”を否定された渚は…。バレエという厳しい実力社会の中で渦巻く女同士の嫉妬や羨望…透子に小麦を摂取させたトリック、そして鍵をかけて閉じ込めたのは一体誰なのか?
(引用元:日テレ公式サイト)

『ヒガンバナ』の出演でプリマドンナに選出される役ですから、特技とするバレエはその腕前が見られそうで、また演技力にも注目ですね。

まとめ

出演作はまだまだ少ないのですが、この可愛さですから徐々にでも知名度を伸ばすことも予想されますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク