渡瀬恒彦、結婚→離婚→再婚の経緯。錦織圭との関係は?

渡瀬恒彦、結婚→離婚→再婚の経緯。錦織圭との関係は?
出典元:東映マネージメント

渋くて安定感の演技でファンを魅了する実力派俳優の渡瀬恒彦さん。渡哲也さんの弟さんとしても有名です。そんな渡瀬恒彦さんについて色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

渡瀬恒彦 プロフィール・経歴

【芸名】渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)
【出身】島根県→その後、兵庫県
【生年月日】1944年7月28日
【身長】174
【血液型】AB
【その他】東映マネージメント 所属

渡瀬恒彦さんは、島根県から兵庫県に移り、高等学校を卒業した後は早稲田大学法学部に入学するも除籍。在学中は空手道部に籍を置き、段位は弐段という腕前。

兄の渡哲也さんが日活の青春スターとして地位を確立していた一方で、渡瀬さんは芸能界への興味はなく電通PRセンターに勤務していたそうです。

しかし、渡瀬さんを見た東映の社長がじきじきに渡瀬さんを口説き落とし、エリートサラリーマン生活を終え、1969年に東映と契約。

1970年、映画『殺し屋人別帳』の主役としてデビュー。その後、さまざまなアクション・ヤクザ映画の出演を経て、数々の賞を受賞する。

〜主な作品〜
【映画】
・1970年『殺し屋人別帳』 デビュー作
・1973年『仁義なき戦いシリーズ』
・1973年『鉄砲玉の美学』
・1983年『南極物語』
・1990年『天と地と』       他多数

【ドラマ】
・1980年『大激闘マッドポリス’80』
・1993年『炎立つ』
・1992年『十津川警部シリーズ』
・1992年『タクシードライバーの推理日誌』
・2002年『おみやさんシリーズ』  他多数

〜受賞歴〜
1978年 キネマ旬報賞 助演男優賞 『赤穂城断絶』『事件』
1978年 第3回 報知映画賞 助演男優賞 『事件』『皇帝のいない八月』『赤穂城断絶』
1979年 第21回 ブルーリボン賞 助演男優賞 『赤穂城断絶』『事件』
1979年 第2回 日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞 『事件』
1981年 第54回 キネマ旬報賞 主演男優賞 『神様がくれた赤ん坊』『震える舌』

【エピソード】

・アクションシーンでは代役を立てず、基本的に自分自身で演じる。
・実生活で「振り込め詐欺」の被害に遭いそうになったことを告白。
・普段は温厚だが、けんか腰で議論することもあった。
・実はケンカ最強の伝説を持っているという噂。(下記にて)
力也を駐車場で半殺し
松田優作を一瞬で倒す
岩城 滉一をフルボッコ
館ひろしとクールスのメンバーをまとめてフルボッコ&川に放り込む
千葉真一を「バチ」と呼び煙草を買ってこさせた
空手家の村上氏に恐れられている
家一軒壊す
渡瀬のただならぬ目ツキにジョー山中が思わず内田裕也に「やつは何者?」
(出典元:http://laughy.jp/)

伝説とはいえパワーも度胸も一級だったようですね。

結婚→離婚→再婚の経緯とは

渡瀬さんは、1973年に大女優だった大原麗子さんと結婚するも1978年2月13日に離婚。離婚原因の理由として、嫁姑問題や大原さんが家庭よりも仕事を選んだことが一説に挙げられていたようです。

その後、渡瀬さんは1979年に一般女性と再婚され、息子さんと娘さんを授かり温かい家庭を築かれたようです。

また、忙しい中「週一回は必ず家族揃って食事をする。」「家族で度々キャンプに行く。」と子育てでは気をつけていたようです。

素敵なお父さんですよね。

ちなみに、ネット情報によれば息子さんは「渡瀬暁彦」さんといってTBSに勤務し脚本家として活躍されているようです。娘さんの「舞子」さんは(株)ノバレーゼで人材開発部長をされているようです。

一方、大原麗子さんは、渡瀬さんとの子供を妊娠したことがあったようですが流産していたという悲しい出来事があったようです。また別れてからもずっと渡瀬さんのことが好きだったという情報も。

大原さんは後に森進一さんと再婚するも離婚し、最終的に孤独死されました。(享年62歳)すごく綺麗な女優さんで残念でなりません・・。

葬儀には元夫の渡瀬さんも参加し、最後のお別れをされたようです。たとえ短い時間だったとしても一時は一緒に過ごした女性、悲しかったでしょうね。

錦織圭との関係は?

あの世界的テニスプレイヤーである錦織圭さんと渡瀬さんと一体どういった関係があるのでしょうか?

どうやら、渡・渡瀬兄弟と錦織さんの母が「はとこ」に当たるそうです。凄い俳優さんに世界で活躍するテニスプレイヤーと実に凄い血筋ですね。

まとめ

見ていてなんだかホっとする渡瀬恒彦さん。今ではもう温厚な雰囲気しかありませんね。今後も素敵な作品に出演し続け活躍していってほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク