なべおさみ、現在、嫁や子供は?空白の6年間?たけしを信頼って?

なべおさみさんは、まさに波乱万丈な人生で挫折と転機の多い人生を歩んでこられてきました。そんな、なべさんについて色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

なべおさみ プロフィール・経歴

【芸名】なべおさみ
【本名】渡辺修三
【出身】東京都
【生年月日】1939年5月2日
【学歴】明治大学文学部卒
【身長】161

なべおさみさんは、明治大学在学中からコメディアン志望で、勝新太郎さんや水原弘さんの付き人を経てハナ肇さんの付き人をしていました。

以降は、コメディアン、俳優、ラジオパーソナリティ、放送作家、小説家、狂言師、声優、歌手、司会者と才能を開化しマルチに活躍していました。

なべおさみさんの嫁・子供は?

奥さんは、笹るみ子さんといって昭和時代の映画女優さん。チャーミングな容姿でスクリーンをかざられていたようです。

1957年に「東宝」にスカウトされ入社し、1962年に東宝テレビ部に移籍。そして1966年に引退されたようです。

子供は?

さんと息子さんがいる。
息子は、たけし軍団に所属している「なべやかん」。

空白の6年間

なべおさみさんは、1991年に息子のなべやかんさん(当時は一般人)の「明治大学替え玉受験」が発覚し、一時は厳しいバッシングにさらされ、表舞台から消えました。

そもそもなぜ替え玉なんて
浪人するも大学に入れなかったなべやかんさんは、成績不振で1年留年した上に成城大学への内部進学もできず、他大学への受験もことごとく失敗し2年浪人しました(通算3浪)。

父が起こした行動
そのため父親である、なべおさみさんが明治大学の替え玉受験に手を染めてしまい、後に「明治大学替え玉受験」と報道され、当時のワイドショーネタとして大々的に採り上げられました。

なべおさみさんによれば、息子であるなべやかんさんは成績が悪く、明治大学への合格は不可能と思われていた。そんな時、なべおさみの後援者が、なべおさみさんの母校である明治大学に入れちゃえばいい。と、明治大学への「裏口入学」を勧めてきたそうです。

そしてその後、試験も受けていないのに合格通知が届いたという。何故、ばれてしまったのか?ということについて、なべおさみは明治大学のOB100人で構成された「100人委員会」の一人であった。

しかし、その100人委員会が内部で2つに分裂しており、なべやかんさんの替え玉受験は、対立組織からの内部告発のターゲットにされてしまったと。
(出典元:livedoor)

現在でも「裏口入学」というのは、多少あることなのでしょうか?今の若い人にとってはあまり馴染みのない言葉かもしれないですね。

今というこの時代の背景は、少子化が進んでおり、学校側は生徒を集めるのに必死になっている現状。そう考えると、なべおさみさんの事件は、当時の時代情勢(いわるゆバブル)を表しているかのように思えます。

事件後

そして、この事件の後、なべおさみさんは丸6年間、まったく仕事がなくて、これまで収集してきた腕時計・貴金属、シャガールの絵など売れるものは家以外、みんな売ったそうです。

落ち着いた頃か、たまたま質屋のショーケースに自身の腕時計が質流れ品として陳列されてるのをたまたま見つけて、その場で買い戻したという。

また、93年の8月に師匠であるハナ肇さんががんで三鷹の杏林大学病院に入院したそうです。

当時、なべさんは謹慎中の身で仕事がなく時間がたっぷりあり毎日、お見舞いに通っていたそうです。

そのような中、ハナ肇さんが入院から亡くなるまでの29日間を綴っていたようです。

そして世間が事件を忘れた頃ぐらいから、ドラマに出演したり執筆活動したりと徐々に活動をしていきます。

【著書】
1983年『なべちゃんのいいたい放題だぞ! ああ、愛しの芸能人』
1994年『七転八倒少年記』
2008年『病室のシャボン玉ホリデー ハナ肇、最期の29日間』
2014年『病室の「シャボン玉ホリデー」 ハナ肇と過ごした最期の29日間』2014年『やくざと芸能と 私の愛した日本人』

なべおさみさんの豪邸は、るみ子夫人、OLの長女の3人暮らしだそうです。ある日、奥さんが庭で犬の世話をしてるのを見て、「ああ、これが幸せってもんなのかなぁ」って思ったそうです。

色々あった人生だから平凡というのがいかに難しいかということを思われたんでしょうね。

そんななべおさみさんが、2016年2月19日(金)テレビ『ダウンタウンなうSP』に出演します。なべおさみさんとダウンタウンの絡みってどのようなことになるのか?楽しみですね。

たけしを信頼って?

「明治大学替え玉受験」発覚後、なべおさみ親子は地獄のような日々だったと思います。その後、息子さんは、由利徹さんの付き人を経てたけし軍団に入りました。

たけし軍団に入団し、なべやかんとして芸能活動をスタート。なぜ軍団なのか?これはマスコミに袋叩きにされ、芸能界の友人たちが「なべ」と呼び捨てでコメントしていたのに対して、ビートたけしさんは「なべさんは…」とさん付けで呼んでくれたことに感激したからだという。

たけしさんの人間性がうかがえますし、信頼されているのでしょうね。

また、「なべやかん」という名付けについて
「やかん」は夜間から明治大学二部(夜間)を落ちた事と「やかん」をかけて、【なべやかん】という名前になったそうです。

その後のなべやかんさんは、たけし軍団に入り色々なことを学び、お笑いタレント以外に元パワーリフティング日本代表として、また趣味でフィギュアコレクションをネタにマニアックなトークを展開するなど、多方面で活躍されています。

今から思えば、なべおさみさんは息子さんの大学にこだわり過ぎていたのかもしれないですね。でも、このような事件があったからこそ、やかんさんも色々頑張れたのかもしれませんね。

まとめ

なべおさみさんは、丸6年間も仕事が無かったなんて、かなり精神的に追い詰められたりもしたのでしょうね。今までは色々とあったみたいですが、頑張っていってもらいたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク