橋爪功、結婚・再婚に至るまでの恋愛がドラマ。子供は?生い立ちが壮絶

橋爪功、結婚→離婚→再婚の経緯。子供は?生い立ちが壮絶
出典元:円企画

橋爪功さんの演技・独特のセリフまわしは、一度見たら忘れないぐらい印象に残ります。今では、シリアスからコメディ役と幅広くこなすベテラン俳優として、今や引っ張りだこ。そんな橋爪さんについて色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

橋爪功 プロフィール・経歴

【芸名】橋爪功(はしづめ いさお)
【出身】大阪府
【生年月日】1941年9月17日
【身長】168
【体重】63
【血液型】O
【その他】演劇集団・円代表 円企画 所属

橋爪功さんは、1961年に文学座附属演劇研究所の1期生に応募し合格。そして1963年、文学座を離れ劇団雲に参加する。

その後1974年、作家・芥川龍之介の長男・芥川比呂志演出の舞台『スカパンの悪だくみ』に出演し俳優としての転機となり一躍演劇界のスターとなる。

1975年、芥川さん、仲谷昇さん、岸田今日子さん、有川博さんらと共に「演劇集団 円」の創立に参加する。

以降、所属する円を中心に、舞台活動を続けている。そして2006年、前代表の仲谷昇さんの死後、円の代表を橋爪功さんが務めている。

長い間は、新劇を中心に活動されていて、実はドラマ主演をするようになったのは50歳を超えてからというから驚きです。そのかいあってか、橋爪さんは数々の賞を受賞。

日本アカデミー賞「主演男優賞」「助演男優賞」「優秀主演男優賞」以外にもたくさんの賞を受賞されています。

〜主な主演〜

【ドラマ】
『弁護士・高林鮎子』シリーズ
『青春家族』
『ずっとあなたが好きだった』
『結婚前夜』
『すずらん』
『京都迷宮案内』シリーズ
『こちら本池上署』シリーズ
『天才刑事・野呂盆六』シリーズ

【映画】
『マルサの女』
『キッチン』
『涙そうそう』
『東京家族』

【舞台】
『スカパンの悪だくみ』
『し』
『ハムレットQ1』
『シラノ・ド・ベルジュラック』

結婚・再婚に至る恋愛がまるでドラマ

橋爪功さんは、元宝塚の女優と結婚して子供が1人できるも離婚。そして1981年に女優・小川真由美さんと婚約します。小川真由美さんには前夫・細川俊之さんとの間に娘さんが一人いましたが、橋爪さんと小川さんは4年間同棲する。しかし、婚約を解消しました。

その後、橋爪さんは、20歳年下の一般女性と再婚し、2人の子供に恵まれました。なんだかまるでドラマのような恋愛ですよね。

小川さんとの破局原因は?

小川真由美さんは、妖艶で道徳的に乱れ不健全な魅力を秘めたような女性。また偏った性格の持ち主であったようで奔放な男性関係、娘に対するネグレクト、新興宗教の依存と金銭問題など生活が乱れていたようです。

4年間という歳月は、その小川さんの魅力にハマりつつも家庭を持つのは不可能だと思った橋爪さんは、婚約を解消したのだとか。

この事柄について、小川さん・細川さんの娘さんである小川雅代さんの書籍『ポイズン・ママ 母・小川真由美との40年戦争』で明らかになっています。

当時、まだ多感な少女であった雅代さんが様々な出来事について暴露されているようです。

子供たちは?

橋爪さんが再婚したあと2人の子供さんに恵まれています。そのうちの1人が俳優の橋爪遼(はしづめ りょう)さん。雰囲気がお父さんがよく似ているような感じです。

橋爪遼さんは、2004年頃から芸能活動をされていて数々のドラマ・映画などに出演しています。

お父さんが偉大過ぎますが、このまま俳優として頑張っていってほしいですね。

生い立ちが壮絶

大阪・東住吉区に生まれたという橋爪さん。路地奥の上下に二間、内風呂と小さな庭のある借家で育ったそうです。

父(徳松)には本妻が別にいて、母(きぬ)は愛人だったという。橋爪さんが物心ついた頃は父は大阪電気商会という会社の重役を務めていたそうです。

また橋爪さん兄弟は、しょっちゅう本宅に行き、また父が会社から本宅に帰る時は、お土産などを取りにいったりしていたそうです。俗にいうイジメなどはなく「イヤな思い」をしたことはなかったそうです。

複雑な家庭環境ですよね。でもイジメなどなく嫌な思いをしなかったというのは橋爪さんにとってはよかったですね。

そして中学2年生の時に父親が亡くなり、間もなく本妻も亡くなり高校の時に東京に転居したという。

壮絶な人生経験ですよね。

まとめ

橋爪さんの下積み時代や生い立ちなどから、あの素晴らしい演技に影響しているのではないかと思った瞬間でした。橋爪さんも若く見えますが70代。今後も元気なうちにどんどん活躍していってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク