石井正則、結婚を繰り返すのは何か理由が?子供は?趣味がプロ級

石井正則、結婚を繰り返すのは何か理由が?子供は?趣味がプロ級
出典元:ホリプロ公式サイト

芸人・俳優・ナレーターとマルチに活躍しているお笑いコンビ「アリtoキリギリス」のボケ担当の石井正則さん。そんな石井さんについて色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

石井正則 プロフィール・経歴

【芸名】石井正則(いしい まさのり)
【出身】神奈川県
【生年月日】1973年3月21日
【身長】158
【体重】56
【血液型】O
【学歴】神奈川県立商工高等学校卒
【その他】ホリプロ 所属

石井正則さんは、1994年8月に石塚義之さんとコンビ「アリtoキリギリス」を結成。1996年からテレビ『タモリのsuperボキャブラ天国』にコンビで出演。

石井さんの滑舌良く礼儀正しい「サラリーマンキャラ」で、全国的に知名度を得る。

『ボキャブラ』での活動が、劇作家・三谷幸喜さんの目に留まりドラマ『古畑任三郎』のレギュラーに抜擢される。

その後、芸人として活動する傍ら俳優としての活動を続け、また2000年代後半以降は声優としての活動も増え始める。

2006年3月、NHK『道徳ドキュメント』で番組ナビゲーターを担当し、テレビ『日本史サスペンス劇場』では、江戸の町を飛び回り歴史の真実を追い詰める敏腕瓦版屋(ナレーター)を演じ、話題となる。

以降、お笑いは解散せずも現在、芸人よりも俳優としての活動やピンでの活動が多い。

元は芸人なのに、また芸人として一発当てた訳ではないのに、なぜか役者などで大成した珍しい経歴ですよね。

〜代表作品〜
1999年、テレビ『古畑任三郎シリーズ』西園寺守役
2005年、映画『交渉人真下正義』矢野君一役
2006年、映画『THE 有頂天ホテル』ホテル探偵蔵人役
2012年、舞台『樹海』

〜主な活動〜
【テレビ】
・2003年『おかしな刑事』
・2012年『梅ちゃん先生』
・2013年『大岡越前』
・2014年『キャロリング』
・2015年『ドS刑事』
・2015年『花燃ゆ』

【映画】
・2010年『インシテミル』
・2010年『RAILWAYS』  ほか多数

結婚を繰り返すのは何か理由が?子供は?

石井正則さんは、1998年8月に結婚しましたが2005年5月に離婚。お相手の女性は、『ボキャブラ』で共演した元女性お笑いコンビ・VERSUSの亀村愛さん(1979年2月1日生まれ)。

高校時代にバンドを組んでいて、メンバーだった伊藤さんと亀村さんで1995年10月にお笑いコンビ「VERSUS」を結成。そしてテレビ『タモリのボキャブラ天国』などに出演していました。

また、亀村さんの母親は会社の社長だったそうで、当時は芸人の傍ら社長秘書をしながら生活していたようです。

2人の出会い

石井さんと亀村さんは、テレビ『ボキャブラ天国』で共演し、そこから二人は恋に落ちます。そして、亀村さんはほとんど職場放棄と言う形でコンビ「VERSUS」を解散し芸能界を引退しいわゆる駆け落ち同然のような感じだったようです。

まるでドラマのような結婚でしたが2005年5月に離婚してからは、テレビに全然顔を出さなくなっていったようです。離婚理由についてですが、詳しい内容は記載されていませんでした。

ちなみに、残された「VERSUS」のメンバーだった伊藤さんはピンで頑張っていましたが、その後メンバーを募集して3人で活動をしていたようです。

再婚

石井さんは離婚後、2009年5月に5歳年下の一般人女性と再婚されました。母親も顔なじみということもあり、距離が縮まることも早かったようです。しかし残念ながら2013年10月に離婚となりました。

結婚を繰り返す理由?再々婚は?

離婚経験2回ではありますが、もしかすると再々婚もあるのかなと思い調べてみましたが、現在はそういった噂もなければ信憑性ある情報やスクープされた形跡などありませんでした。

さすがに3回目となれば慎重になるのでしょうかね。また結婚を繰り返す理由について、特に何か問題があったというわけでもなさそうですし、もしかすると単に独身のほうが合っているのかもしれませんね。さて真相はどうなのでしょう・・。

子供?

2回結婚されていますが、子供さんの情報については記載されていませんでしたのでいないのかもしれませんね。

趣味がプロ級

石井正則さんの素顔が凄いのは、趣味が趣味でなくプロ級だということです。

趣味が自転車・カメラ・フィルム写真・喫茶店めぐり・時計・読書。

フィルムカメラ独特の雰囲気の写真は、twitterでアップしファンを楽しませているようです。またカメラに関してはカメラ業界イベントへの出演、写真展の開催も行っている。

そして自転車を13台所有するほどの自転車好きなんだそうで、中でも「小径車(しょうけいしゃ)」がお気に入りのようです。「小径車」はタイヤ径の小さな自転車で持ち運びがとても便利な自転車。

そして趣味が高じてかミニベロ親善大使(ミニベロとはフランス語で小径車の事)に任命されました。

喫茶店めぐりに関しては、全国1,000件以上を訪れているようですから本物ですよね。

そんな石井さんですが一時期はいろんな趣味に手を出していたようです。キャンドル作り、蓄音機にはまったこともあるそうですが、どれもあきてやめていって、最後に残ったのが写真・カメラ・自転車だったようですよ。

こういった石井さんを見ていると、余計なお世話かもしれませんがやはり結婚に向かないのかなぁと思ってしまいました。

まとめ

石井正則さんという人をみると、普通の人でも普通を強調することで個性になるということを表現した人ではないでしょうか?なぜか内側に芯の強さを感じます。

今後、どんな方面によせ活躍していってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク