眞野あずさ、結婚するもまさかの離婚。再婚や子供?ネットの噂って何?

女優としてさまざまなドラマ・映画に出演し活躍している美人女優の眞野あずささん。そんな眞野さんがテレビ『中居正広のミになる図書館』に出演するということで、色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

眞野あずさ プロフィール・経歴

【芸名】眞野あずさ(まの あずさ)
【本名】真野あづさ
【出身】神奈川県
【生年月日】1957年7月4日
【学歴】聖心女子大学文学部英文学科卒
【身長】165
【血液型】A

眞野あずささんは、大学4年の在学中に週刊朝日の表紙を飾ったのがきっかけで芸能界入り。そして『風の鳴る国境』で女優デビューを果たします。

また、姉は女優の真野響子さん。俳優の柴俊夫さんは義兄、女優の柴本幸は姪にあたります。美人姉妹ってこういう方たちのことをいうのでしょうね。

『マトリの女厚生労働省麻薬取締官』では姉妹ドラマ初共演を果たされました。実際2人の仲はとっても良いようですよ。

以降、現在に至るまで連ドラやドラマの出演歴は多数で芸能歴は30年以上というベテラン女優と言われるまでになり確固たる地位を築かれています。

〜代表作品〜
・1984年、テレビ『心はいつもラムネ色』
・1986年、テレビ『女弁護士・高林鮎子』
・1988年、テレビ『はぐれ刑事純情派』
・1991年、テレビ『銭形平次』

〜主な活動〜
【テレビ】
・1984年-1985年『心はいつもラムネ色』
・1986年-2005年『女弁護士・高林鮎子』
・1998年-2009年『はぐれ刑事純情派』
・2001年『上条麗子の事件推理』
・2003年『検事・朝日奈耀子』
・2011年『刑事吉永誠一・涙の事件簿』

【映画】
・1985年『食卓のない家』

【舞台】
・『完全姉妹』
・『銭形平次』

結婚するもまさかの離婚。再婚や子供は?

眞野あずささんは、大学卒業後の1980年に晴海の国際見本市で行われたビジネスショーでアルバイトをしていたそうです。そして当時コンピューター会社の担当者として出会った男性と意気投合し約10年間交際していたようです。

そして、1989年12月25日に結婚。実は眞野さんは2度のプロポーズを断っていたそうで「3度目の正直」のゴールインだったようです。会見では「父親と同じサラリーマンと結婚できて嬉しい」と語っていたようです。
ちなみに眞野さんの父親は、日本航空勤務のサラリーマンだったそうで、エリートですよね。

しかし、そんな幸せな生活が一変、2人の結婚記念日でもある2005年12月に離婚しました。

10年間という長い交際期間を経ての結婚だったのに、幸せは長くは続かなかったようですね。なんだか不思議な感じで、まさかまさかの破局です。

気になる離婚理由ですが所属事務所によると

一貫して真野のプライベートに関する取材はお受けしないことになっております。この件につきましても一切お答えすることはできない」としている。
(引用元:http://www.sponichi.co.jp/)

再婚や子供は?

眞野さんは現在、独身のようです。今後について色々調べてみましたが、再婚子供さんに関する噂や信憑性ある情報はありませんでした。

ちなみに、元夫はすでに別の女性と再婚しているそうです。

ネットの噂って何?

ネット上で悪い噂が浮上しているという噂の眞野あずささん。事の発端は、バラエティ番組『ペケポン』に出演した眞野さん。その時の態度が高飛車な態度だったようでネット上でかなり叩かれていたそうです。

『なぜこの仕事を受けたの?』『こんな風に言ってるけど、最初だけ?』など始めはそのような気持ちで見ていましたが、最初から最後まで変わらず心底、不愉快になりました。といった具合で叩かれていたよう。

また、番組側の演出だったのでは?という意見も多々あったようで、もしそれが本当だったとしたらこんな風に叩かれるのは辛いですよね。

きっとベテラン実力派女優さんということもあり、演出をとっても自然に演じられたのでしょうね。

まとめ

劣化知らずの眞野あずささん。今後も素敵な女優さんとして活躍していってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク