大竹まことは双子の弟がいる。嫁や子供は?数々のエピソードが仰天

大竹まことは双子の弟がいる。嫁や子供は?数々のエピソードが仰天
出典元:ASH&Dコーポレーション

実は大竹まことさんって何をしてる人?お笑い?そんな疑問や双子だったという真相など、気になるあれこれを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

大竹まこと プロフィール・経歴

【芸名】大竹まこと(おおたけ まこと)
【本名】大竹真
【出身】東京都
【生年月日】1949年5月22日
【身長】175
【血液型】A
【趣味】料理・ゴルフ
【その他】ASH&Dコーポレーション 所属

眼鏡とヒゲが特徴である大竹まことさんは、よくテレビで見ますが、主としている職業は何をやっている人かといいますと、「お笑いタレント」「俳優」「ラジオパーソナリティ」です。

1971年劇団「俳優小劇場」の養成所に入所するも幹部の間で内紛が発生したために費用を返金してもらい、仲間たちとその資金も元に劇団「表現劇場」を結成。

後の1979年に斉木しげるさん・きたろうさんと共に「シティボーイズ」というコントユニットを結成。ソロ活動の多い彼らですが、年に一度ライブもやっているようです。また俳優の風間杜夫さんも在籍。

しかし、当時は思うように仕事がなかったそうで、そんな状況でもアルバイトはせず女性から援助を受け生活していたそうです。いわゆるヒモです。

1980年代に転機が訪れます。それはお笑い界の重鎮でマルチに活躍していた亀岡龍太郎さんが「東京にオモロイ奴が居る」との噂を聞きつけ、大竹さんを関西の番組に呼んだそうです。そしてその番組が評判よかったのと亀岡さんにも気に入ってもらい、関西から徐々に知名度が上昇していったようです。

その時の恩があって、大竹さんは上岡さんに対して「師と仰ぐ事すら失礼にあたる」と尊敬の念をあらわにしているという。

その後、数々のラジオや情報番組に出演しズバズバと歯に衣着せぬ言い方で人気を博していきます。また『M-1グランプリ』『ABCお笑い新人グランプリ』『R-1ぐらんぷり』の審査員なども努めている。

双子の弟がいる

実は双子と知ってビックリした芸能人の方っておられますよね。そのなかで「大竹まこと」さんも意外に双子だったとうことが判明しました。

双子さんがいて大竹オサムさんといって大竹まことさんと「そっくり」という驚きの声がたくさんありました。

大竹オサムさん(1949年5月22日生まれ/B型/本名:大竹修)日本のジャーナリスト、作家、料理人。

イタリアンレストラン、「Gotham Cafe’(ゴッサムカフェ)」のオーナーシェフ。

またバイク雑誌の編集長の経験や、原作マンガ「ケンタウロスの伝説」を出版されていました。

【漫画原作】
・『ケンタウロスの伝説』 (作画:御厨さと美)
・『万歳ハイウェイ』 (作画:守村大)
・『激走!!GXブルース』 (作画:落合あたる)

血筋なのか兄に負けず弟さんもかなりの多芸多才です。

嫁や子供は?

大竹まことさんは、一般女性と結婚子供さんは1男1女を授かっておられます。また、奥さんについて噂では同じ劇団で同期だった女性と言われているようです。

息子さんは、当時大竹まことさんが所属していた芸能事務所「人力舎」に所属しているお笑いトリオ「東京03」「ゆってぃ」「アンタッチャブル」などを担当していたマネージャーなんだそうです。

ちなみに、過去に島田紳助さんが東京03に対して番組中にキレたといった出来事がありました。そので発端というのがそもそも大竹まことさんと島田紳助さんの仲が悪いということに関係していたと噂されていたようです。

また息子さんは、2014年に人力舎を退社し、2015年より系列であり、父・大竹さんが所属している「ASH&D」へ移籍しました。

数々のエピソードが仰天

大竹さんは、wikiによれば数々のエピソードがありますがほんの一部を紹介したいと思います。

【丹波哲郎さんに】
「大嫌い」と発言していた丹波哲郎さんとNHKで遭遇した際、双子の弟がいることを利用し「僕は双子の弟の方ですよ」と言って難を逃れたとそうです。

しかし、このことが災いして、後に「NHKに大竹まことの弟がいる」「弟はNHKの大道具さん」といった都市伝説が一人歩きしてしまうこととなったそうです。

【山瀬まみさんと】
1988年、テレビ『タモリのいたずら大全集』に出演した際、山瀬まみさんに「お前失恋したんだってな」と声を掛けたことから本番中に取っ組み合いの喧嘩に発展したそうです。

そして山瀬さんを舞台上で押し倒して引きずり回し、衣装の上着を破って泣かせたという。

この取っ組み合いによって大竹さんの付けていたピンマイクが壊れたことを、山瀬さんに「マイク壊してんじゃねーよバーカ」とツッコまれたことでさらに逆上する。

そして大竹さんは「壊すってのはこういうのを言うんだよ」と言って番組セットを破壊。結果、日本テレビから20年間の出入禁止となった。

後に「山瀬さんが泣いたのが許せなくてやった」と明かしていたようです。

その山瀬さんとは、彼女の事務所の意向から長年共演が無かったが、2008年10月24日に放送された『ドリーム・プレス社』、2009年4月10日に放送された『ぴったんこカン・カンスペシャル』で共演する。

以降も他番組にこのエピソードを披露するために出演しているようです。

【生稲晃子さんに】
MCを務めていた『夕やけニャンニャン』では、当時おニャン子クラブのメンバーだった生稲晃子さんの頭を鷲掴みにして、股間に押しつけたことがある。

【松本人志が認める】
ダウンタウンの松本人志は著書『遺書』の中で、数少ない認められる人物「お笑い界のいい男4人」として、島田紳助さん、志村けんさん、浜田雅功さんと共に大竹さんの名前を挙げています。

理由は「何をしでかすか分からない、いや、しでかした後のような危険さがある」と評している。

まとめ

今後もさまざまな番組に出演し活躍していかれるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク