木村多江は常子の母・君子役としてとと姉ちゃんに出演。旦那は電通マンで子供がいる。どんな人で父は?

木村多江は常子の母・君子役としてとと姉ちゃんに出演。旦那は電通マンで子供がいる。どんな人で父は?
出典元:融合事務所

木村多江さんは、ドラマ『リング』『らせん』で貞子役を演じ一躍注目され有名になりました。そんな木村さんがNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』でヒロイン・高畑充希さんの母親役として出演します。

果たして、どのような役柄なのか?また木村さんの家族について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

とと姉ちゃんで高畑充希の母・君子役

NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』が、2016年4月4日からスタートします!若手女優でありながら様々な役を演じることができ演技に定評がある高畑充希さんがヒロイン・小橋常子(こはし つねこ)を演じます。

そして、木村多江さんはその常子の母親・君子(きみこ)を演じられます。

『とと姉ちゃん』は、雑誌『暮しの手帖』を創刊した大橋鎭子(おおはししずこ)さんという実在の女性をモデルに作られるドラマです。

【脚本】西田征史(映画『小野寺の弟・小野寺の姉』『信長協奏曲』など)
【ナレーター】 檀ふみ
【主題歌】 宇多田ヒカル「花束を君に」

【あらすじ】

静岡県・遠州に生まれ、亡き父に代わって母と妹たちを守る「とと(父親)」の役割を果たし「とと姉ちゃん」と呼ばれて育つ小橋常子(こはし つねこ)をヒロインに、

戦前・戦後の激動する昭和時代をたくましく生き抜いてゆく三姉妹の家族年代記と、彼女らが東京で女性のための雑誌を作る出版社を立ちあげ、「魂のパートナー」となる天才編集者・花山伊佐次(はなやま いさじ)と出会い、雑誌『あなたの暮し』を刊行し一世を風靡する挑戦のストーリーを描く。

静岡県のほか、上京後の東京・深川も舞台となる。
(引用元:Wikipedia)

高畑充希の母・君子役
木村多江さん演じる小橋君子(こはし きみこ)は、三姉妹の母親。

東京深川の材木問屋のひとり娘で、性格はおっとりしていてのんき。しかし竹蔵(西島秀俊)との結婚の時、実母・滝子と対立するという激しい面も。

君子は影ながら家族を支える存在とし、後々まで女四人の家族の精神的なよりどころであり続け、娘たちには当たり前の暮らしの大切さを生涯かけて伝え続けます。

これって木村多江さんにピッタリの役柄だと思いますね。

木村多江さんってどんな女性?

木村多江 プロフィール・経歴

【芸名】木村多江(きむら たえ)
【出身】東京都
【生年月日】1971年3月16日
【身長】162
【血液型】A
【特技】日本舞踊(師範)・バレエ・ジャズダンス・タップダンス
【資格】普通自動車免許・ジュニア野菜ソムリエ
【その他】融合事務所 所属

木村多江さんは、白百合学園小中高等学校を卒業後、昭和音楽芸術学院ミュージカル科を卒業。白百合学園という由緒ある学校を小学校から通っていたということはお嬢様だったんでしょうかね。

そんな木村さんは、中学時代に演劇部に入部するも、この頃は演技する側よりも見る側に楽しんでいたという。しかし高校の時に樹木希林さんが出演するドラマ『台所の聖女』を見て感動し、演技の道を志すようになったという。

19歳の頃から舞台に立つ一方で、パン屋、ホテルスタッフ、レストラン、コーヒーショップ、知育研究所など様々なアルバイトを経験。20代後半は働き過ぎで睡眠時間が1、2時間しかなかった程。よく倒れなかったなぁと思いますね。

舞台女優として活動後は、1999年ドラマ『リング〜最終章〜』『らせん』で山村貞子役を演じ注目される。

以降、さまざまなドラマ・映画で脇役として出演し、主役に負けず劣らず存在感を残していきます。

その後、2008年に初主演した映画『ぐるりのこと。』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞、高崎映画祭で最優秀主演女優賞を受賞。

それからは、『救命病棟24時』『白い巨塔』大奥』『ぐるりのこと。』『ゼロの焦点』などに出演し、演じた役柄から「薄幸が似合う美人」や「日本一不幸役が似合う女優」などと称されるように。

旦那は電通マンで子供がいる。

木村多江さんは、2005年6月26日に大手広告代理店・電通社員の方と結婚しました。旦那さんとなった方は「純朴で温かい人」なんだそうです。電通の仕事はなかなか厳しいという噂は聞きますが、何よりも高給だということで収入は安定していますね。

2人の馴れ初めは

CMの仕事がきっかけで知り合いました。そしてどうやら旦那さんが木村さんに猛アタックしたそうです。

木村さんはお付き合いを申し込まれた時、「お友達としてなら」と断るつもりだったのに、どこでどう間違えたのか「私でいいんですか」と言ってしまったそうです。なんてかわいい人なんでしょうかね・・。

それで、後に引けなくなってしまったんだとか・・・。

また結婚する際には、旦那さんのお母さんが女優さんとお付き合いしているとなれば、とても心配するからということで挨拶にいった時には、そのまま結婚の話になったそうです。トントン拍子ってこんなことなのかなぁ。

子供

2007年8月に妊娠を発表し、2008年2月23日に第1子となる長女を出産しました。

この時は、体調などを考え『大奥』を降板し、主演ドラマ『上海タイフーン』は制作途中で無期延期となったそうです。

そのような中、『上海タイフーン』のロケ再開時に自らの妊娠による製作延期に触れ、「役者として恥ずべきこと。ご迷惑をおかけしておわび申し上げます」と謝罪したようです。

子供が誕生した際には、旦那さんは家事や育児をよく手伝ってくれてお弁当なども作ってくれるそうです。また家ではあまり仕事の話をせずに、家庭を大事にしてくれる旦那さんなんだそうです。素敵ですよね!

愛されて結婚するってやっぱりいいですよね。だってその証拠に木村さんが衰えるどころかいつまでも綺麗!それは側にいる旦那さんのおかげとも言えるでしょうね。

さてさて、こんな絵に書いたような幸せの木村さんに離婚?という噂が浮上していたようです。が、全くのデマです。どうやらネット上の噂が誤報記事だったようです。なので今でも円満家庭を築かれています。

父は?

木村さんのお父さんは、木村さんが21歳の時に急死されました。お父さんは、娘には大学進学を希望されていたようで、木村さんの役者になるとう夢に猛反対していたそうです。

でもそれを押し切り木村さんは、昭和音楽芸術学院に進まれました。当然のように喧嘩は続きます。そしてそのような状況の中、お父さんが倒れ急死されました。

このようなことから、木村さんはお父さんが亡くなったのは自分のせいだと自分自身を責めていたそうです。

木村さんじゃなくても、そういう考えになりますよね。本当にすごく心残りでしょうね。成功している木村さんを見せてあがたかったなぁと勝手ながら思いますね。

まとめ

どこか影のある美人な木村多江さん。今後も女優として大いに活躍していってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク