内藤剛志の息子・娘・妻が気になる!噂がある沢口靖子との関係。猫好きが意外

内藤剛志の息子・娘・妻が気になる!噂がある沢口靖子との関係。猫好きが意外
出典元:阪口京子事務所

俳優・タレント・司会業をもこなすダンディな内藤剛志さん。そんな内藤さんの息子・娘・奥さんのこと、またチラホラ噂がある沢口靖子さんとの関係の真相を探っていきたいと思います。

ちなみに、近々テレビ『朝だ!生です旅サラダ』で大河ドラマで演じた長州藩士ゆかりの地を訪ね、絶景&グルメを堪能されるようですよ〜。

スポンサーリンク

息子・娘・妻が気になる!

内藤剛志さんは、日本大学芸術学部映画学科へ入学し、自主映画の制作に取り組みます。その後、芝居の勉強のために文学座研究所に入られます。

そして、1980年映画『ヒポクラテスたち』で俳優デビューを果たし、1994年ドラマ『家なき子』では、主人公(安達祐実)の酒浸りで凶暴な父親役を演じ、一躍有名になりました。

以降、数々の映画・ドラマなどに出演し、現在では同時期に2つのドラマを掛け持ちで出演するなど、主演・助演問わずドラマに欠かせない存在となり、「連ドラの鉄人」と呼ばれるまでに。

そんな内藤さんのご家族について
内藤剛志さんは、1982年に帽子デザイナーだった奥さんと結婚されました。ちなみに、内藤さんのお母さんは人形制作をしていたそうです。芸術系の何か縁というものを感じますね。

馴れ初め
出会いは、内藤さんが大学に入る前の予備校で知り合ったそうです。なので7年か8年ぐらいの交際の末に結婚をしたようです。

1983年生まれの娘さんがいるようです。娘さんは大学でグラフィックを勉強し、卒業後はなんとあの「スタジオジブリ」に入りアニメーターとして働いているようです。

内藤さんが映画『千と千尋の神隠し』で出演していたこともあって、縁による「コネ」と囁かれていたもあったようですが、内藤さんいわく娘さんの実力だと言われています。

ドラマや映画に出演するのは、なんだかコネもありそうな業界ですが、こういったアニメーターとして働くのは技術やセンスが必要となってきますので、やはり娘さんの実力なんでしょう。

凄い才能があるなんて羨ましいですね。また娘さんとは凄い仲が良いそうですよ。お誕生日にパーカーをもらい愛用しているそうですよ。なんとも微笑ましいですね。

詳しい情報や画像なんかも見たいなぁと思いますが、奥さんも娘さんも一般人ということで名前などプライベートなことは一切公表されていません。

そりゃーこのような世の中ですから何かあってからでは遅いですし仕方ありませんよね。

気になる息子さんについてですが、なんの情報もありません。しかし検索すると「息子」というワードが挙がってきます。気になりWikipediaで確認したところ家族の情報に対する記述が「現在の家族構成は・・」というふうに書かれていました。

すごく書き方が気になりますよね?掘り下げて色々調べていくうちに、ネット上でこんな噂がありました。

息子さんは、中学生の時にいじめで命をたったなどという記述をみかけました。しかしそれが真実かどうかわかりませんでした。

またある情報では、ドラマで内藤さんがそのような役柄を演じていたことがあったようで、事実とドラマが混ざってしまっているという噂もありました。

ただただ、悲しいことが起きてないと願いたい気持ちです。

噂がある沢口靖子との関係

既に結婚し幸せな家庭を築かれている内藤剛志さんと女優の沢口靖子さんが何か関係がある?とネット上で噂されていました。

2人になぜこのような噂が浮上したかと言いますと、ドラマ共演が多いといわれているのが原因の発端です。

これまでに、「科捜研の女」「ホテルウーマン」「千と千尋の神隠し」などで共演されています。ちなみに、同じ事務所ではありません。

2人は恋愛関係ではなく、大阪の出身ということで兄弟のように仲がいいようです。仲が悪かったら同じドラマなんて出ませんものね。

いつまで経っても綺麗な沢口靖子さんがいまだに独身というのが気になるところですが・・・。

そんな沢口さんは、高校生の頃からその美貌は有名だったようで校内にはファンクラブがあったり、沢口さんを見にわざわざ他校の男子高校生たちもいたそうですよ。

一般人の時でさえ、凄い人気だったようですね。グンをぬいて美人だったんだなぁというのはなんだか納得ですね。

ということで、内藤さんと沢口さんは熱愛関係ではなく単なる共演者で兄妹のように仲がいいということだったようですね。

猫好き

内藤さんは、猫を飼われているようです。内藤家に暮らす猫ちゃんは、ロシアンブルーのオス・ニュイちゃんと、ソマリのメス・チャイちゃんだそうです。

内藤さんは子供の頃から動物と暮らしてきたそうで、いっしょに暮らす猫たちを「一族みたいなもの」とし、愛情を注いでいるようです。

動物たちと暮らすことで、命の大切さや生きるヒントを得ることができる。しかし反面、いい面ばかりでなく動物たちと暮らすことの煩わしさや面倒もあるという。

でもその上で、自分の思い通りにならない存在を日常的に相手にすることは社会そのもの、大切なことだと語っています。

内藤さんの言葉がなんか深いいなぁー。

「猫を見ていると、それで一生が終わる気がします。あっという間に時間が過ぎる。何を見ているんだろう? 何に鳴いたんだろう? なぜ居場所を変えたんだろう? 今尻尾をすっていったのはなぜ? と、想像力をかきたてられ、刺激される。かたや、犬は“相棒感”が強い。一緒に行動する、探検する、一緒に物事を見る。犬には人と暮らす中で、何かしら役割があるように感じます」
(引用元:http://www.asahi.com/)

まとめ

内藤剛志さん素敵な俳優さんですよね。今後もさらなる活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク