須田琥珀(子役)は鞠子役でとと姉ちゃんに出演。wikiや性格は?

須田琥珀(子役)は鞠子役でとと姉ちゃんに出演。wikiや性格は?
出典元:クラージュキッズ

NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』で次女鞠子幼少期を演じている須田琥珀ちゃん。一体どんな子供さんなのか?探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

鞠子役でとと姉ちゃんに出演

ドラマ『とと姉ちゃん』は『暮しの手帖』創業者・大橋鎭子さんの生涯をモチーフにしたドラマ仕立てとなっています。

【物語】
小橋常子(こはし つねこ)は亡くなったお父さんに代わって母と妹たちを守る「とと(父親)」の役割を果たし「とと姉ちゃん」と呼ばれて育ちます。

激動する昭和の時代を三姉妹(長女・常子/次女・鞠子/三女・美子)がたくましく生き抜いていきます。

彼女たちが東京で女性のための雑誌を作る出版社を立ちあげ、「魂のパートナー」となる天才編集者・花山伊佐次(はなやま いさじ)と出会います。

雑誌『あなたの暮し』を刊行し一世を風靡する。

次女・鞠子役は
豪快な姉・常子とは対照的に、勉強はできるがスポーツは苦手な真面目な性格。

年の近い姉の引きとめ役でもあり、よき相談相手でもある。女学校時代に平塚らいてうに傾倒し、かねてから興味のあった文学を志すようになる。

後に姉を手伝って「あなたの暮し」の創刊メインスタッフとして活躍する。

琥珀ちゃんがどのように鞠子を演じるか子役ながらも見ものとなるでしょうね。

wikiや性格は?

須田琥珀 プロフィール・経歴
【名前】須田琥珀(すだ こはく)
【生年月日】2005年5月(11歳:2016年時点)
【その他】クラージュキッズ 所属

須田琥珀ちゃんは、2013年、ドラマ『遺留捜査』の第3シリーズに出演し、ドラマデビューを果たします。ドラマ『遺留捜査』には同年11月に放送されたスペシャルでも全く違う役柄で出演したそうです。

これは子役としても同じドラマで違う役柄で出演するのは珍しいことだそうです。大人でも大変なのに凄さが伝わりますね。そしてドラマはかなりの評判で高評価を得たようです。

同じ年の2013年10月に放送されたスペシャルドラマ『ちびまる子ちゃん』では、まる子の親友・穂波たまえことたまちゃん役で出演し、一躍注目されました。またメガネ姿がかわいいと話題に。

ちなみに、ドラマ『ちびまる子ちゃん』で共演したまるちゃん役の信太真妃さんとはオーディション会場等でもたまに会うそうで、仲良くしているそうです。仲良しでもライバルでもあるというもう大人の世界ですね。

性格はきっと、小さい時からオーディションで勝ち負けを経験しているから、見た目はかわいい女の子でも芯はしっかりしていてメンタルも強いんでしょうね。

〜これまでの作品〜
【ドラマ】
・2013年5月、『遺留捜査 第3シリーズ』 第5話 峰岸百合子の幼少期 役
・2013年11月、『遺留捜査スペシャル』 森川凛 役
・2013年『ちびまる子ちゃん』穂波たまえ(たまちゃん) 役
・2013年、海の上の診療所 最終話 中澤歩 役
・2014年『天誅〜闇の仕置人〜』 第3話 谷原麻衣 役
・2014年『警視庁捜査一課9係 season9 』スピンオフSP 斎藤美波 役
・2014年『HERO』 第3話 長谷川愛里 役
・2014年『おやじの背中』 第5話 丸井三冬(小学生時代)役
・2014年『ごめんね青春!』 第4話
・2015年『初森ベマーズ 第7球』キレイの幼少期 役

【CM】
BANDAI『NEXTPETS!』
BANDAI『光るパジャマ』

というわけで須田琥珀ちゃんは、11歳ながらにして数々のドラマ・CMなどに出演しキャリアを積んでいき演技に磨きをかけていきます。そういった経緯で『とと姉ちゃん』の鞠子役を勝ち取ったのではないでしょうか。

ちなみに琥珀ちゃんが所属している「クラージュ・キッズ」は、パリコレをはじめとするファッションショー、雑誌モデル、広告など多数の人材を輩出する株式会社クラージュがキッズ部門を新設したもので、すでに活躍中の子供たちがたくさん所属されているようですよ。

今ではもう子役も大人並の競争率ですね。

まとめ

須田琥珀ちゃんの今後の活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク