竹下景子の息子は関口アナムで旦那は年上の写真家!三択の女王だった

竹下景子の息子は関口アナムで旦那は年上の写真家!三択の女王だった
出典元:竹下景子オフィシャルウェブサイト

かつては「お嫁さんにしたい女優No.1」と言われていた竹下景子さん。今でもドラマ・CM・舞台にと幅広く活躍されています。そんな竹下さんの家族について調べたいと思います。

スポンサーリンク

息子は関口アナムで旦那は年上の写真家!

まずは竹下さん自身のことから紹介したいと思います。

竹下景子 プロフィール・経歴

【芸名】竹下景子(たけした けいこ)
【出身】愛知県
【生年月日】1953年9月15日
【身長】157
【血液型】A
【学歴】東京女子大学文理学部社会学科卒

竹下さんが高校1年生の時に、ラジオの深夜番組『ミッドナイト東海』のイベントに一般リスナーとして参加した際に、パーソナリティだった俳優の天野鎮雄さんにNHKの『中学生群像』を紹介されドラマデビューを果たす。

1973年、NHK銀河テレビ小説『波の塔』で本格的デビュー。その後は、映画『男はつらいよ』のマドンナ役を3度務め『学校』では第17回日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞。

またテレビ・映画・舞台への出演の他に、2005年日本国際博覧会「愛・地球博」日本館総館長をはじめ「世界の子どもにワクチンを日本委員会」ワクチン大使、国連WFP協会親善大使、京都国立博物館文化大使、C・C・C富良野自然塾でのインストラクターなど幅広く活動している。

そんな、様々な分野で活躍されている竹下さんの息子は?

竹下景子さんは1986年に長男、1988年に次男出産されています。長男は「まなと」さん次男が「アナム」さん。で、俳優をしているのが次男のアナムさんです。

アナムさんは大学卒業後、イギリス・ロンドンに2年間留学されていたそうです。留学した理由というのが「英語は必要になるから絶対に学んでおけ!」という家の方針があったそうです。

実は高校生の頃はそれに反発して家出をしたそうですが、大学卒業よくよく考えたら「やっぱり英語は話せた方がいい。」と思い留学したようです。なぜが軽く感じるのは私だけでしょうか(笑)

みんな若い頃って親に何言われても自分の意見が正しく思い反発したくなるようですね。

そして帰国後、アナムさんは「役者になる」ということを両親に報告。その時、両親はしばらく沈黙し「そんなに甘い世界じゃない」と言われたそうです。が、アナムさんは自分のやりたい道を貫いたそうです。

今ではご両親も応援しているようです。

そんなアナムさんに彼女や結婚の噂は?
熱愛彼女に対しての噂や信憑性ある情報もないことから彼女はいないと思われます。なので結婚もしていないと思われます。

プロポーズは竹下さんから?そんな素敵な旦那さんって
竹下さんは、1984年4月21日に15歳年上写真家・関口照生結婚しました。

1973年、当時、北陸銀行のポスターのモデルを務めていた竹下さん。その撮影を担当したのが関口さんだったそうで、それがキッカケで知り合い交際に発展したようです。

関口照生 プロフィール・経歴

【芸名】関口照生(せきぐち てるお)
【出身】東京都
【生年月日】1938年11月13日
【学歴】明治大学文学部考古学専攻卒
【身長】177
【血液型】AB
【その他】オーケープロダクション所属/株式会社アイ・バーグマン代表取締役。

写真家の巨匠である柴田信夫さんに師事し、助手として働きながら数々の雑誌写真を手掛ける。その後、フリーの写真家として、ジャーナリズム写真・広告、雑誌取材・コマーシャルの分野で活躍。

プロポーズは
当時、竹下さんが飼っていたというシベリアンハスキーのケイスケ。
竹下さんは、関口さんに「ケイスケの父親になってくれませんか?」と逆プロポーズ!ビックリですね。

そして関口さんの答えは「1週間考えさせてほしい」と。

その後、めだたく結婚されました。しっかし、竹下さんからプロポーズするなんて関口さんはよっぽど素敵な男性だったのでしょうね。

関口さんは、竹下さんと結婚したのは「女優が命」というザ・女優、私私というのではなく普通になれる人だから結婚されたようです。

お互い見る目があったというわけですね。

三択の女王だった

1976年、当時の人気クイズ番組『クイズダービー』に竹下さんは女子大生時代の頃から、レギュラー解答者として出演し、お茶の間に広く伝わり知名度が上昇しました。

その後、約16年間務め、3枠のはらたいらさんに次ぐ正解率だったようです。特に三択問題での正解率がはらさん以上に高かったため、巨泉さんからは「三択の女王」と呼ばれるまでに。

才色兼備な竹下さん、どこでも活躍されていますね。

まとめ

劣化知らずでいつまでも綺麗で聡明な竹下景子さん。これからも頑張っていってほしいですね。あっ、息子さんの関口アナムさんもね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク