関好江・ボルサリーノは開運飯を開発したのに結婚しないのはなぜ?

関好江・ボルサリーノは開運飯を開発したのに結婚しないのはなぜ?
出典元:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

2016年5月9日に『人生が変わる1分間の深イイ話』に出演するお笑いコンビのボルサリーノ関好江さんが出演します。テレビでピックアップされるぐらいの方ですが、すいません存じあげませんでした。

ではどんな人なのか?興味津々さっそく色々調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ボルサリーノ・関好江 プロフィール・経歴

【芸名】関好江(せき よしえ)
【出身】愛知県名古屋市
【生年月日】1971年2月15日
【身長】161
【体重】55
【血液型】AB
【趣味】飲酒・高専ロボコン鑑賞
【特技】不眠
【同期】スピードワゴン、スギちゃん
【その他】よしもとクリエイティブ・エージェンシー 所属

「ボルサリーノ」は、関好江(せき よしえ)さんと山田真左美(やまだ まさえ)さんとのコンビで吉本興業東京本社所属の芸人さん。そんな2人は名古屋NSC2期生で知り合い1994年5月に結成。

ボケ担当の関好江さんで相方の山田真左美さんはツッコミ担当。

その後、1996年6月に解散するも1997年2月に再結成し2005年に東京吉本へと移籍。

東京進出の理由は、前からいつかは行きたいと思っていたことや当時流行っていた『NANA』に影響されたからなんだそう。野心的なものはないのでしょうかね(笑)

二人の漫才はバリバリの「しゃべくり漫才」といったところ。

ちなみに関さんの衣装は同じ名古屋出身のモデル・女優として活躍している「香里奈さん」を意識しているようです。

薬膳インストラクターで開運飯が好評!

芸人ながら得意とする料理で数々の料理企画番組に出演することの多い関さん。そんな彼女のブログツイッターには自慢の手料理がアップされていて美味しそうです。

また料理本も出されているようで、ほんとに料理好きなことがわかります。そして独学で薬膳を学び、「薬膳インストラクター」の資格を取得されています。趣味のいきを超えて凄いですよね!

そんな関さんの料理は食べるだけで運気がアップするということで話題になっているようです。食べるだけで運気がUPだなんて、どんな料理なのでしょうね・・。

そんな関さんの開運飯を食べた人はその運気を急上昇させるという本当に凄いパワーのある料理。それに至るまで関さんは古今東西の料理研究を続け、独自のオリジナル開運飯を開発してきたという。

【運気が上がった芸人】
・COWCOW・・あたりまえ体操が世界進出
・大吉さん・・「THE MANZAI2014」優勝
・椿鬼奴さん・・結婚
・トレンディエンジェル・・「M-1グランプリ」優勝 など

このように数々の芸人さんを「料理」によって運気を急上昇させてきました。そして噂が噂を呼び、芸能界で彼女の名前を知らない人はいないと言われるまでに!

趣味で学んでいた料理の知識が人の役に立つ嬉しさを知った関さんは、笑いにしても料理にしても人を笑顔にする事では同じ!ということに気付き「開運飯」を人にどんどん振る舞うようになっていきました。

そして、その「開運飯」を目当てに芸人さんらは関さんの自宅へと通い詰め、芸人仲間から関さんの自宅は「浅間山荘」と呼ばれているそうで色々な芸人さんが集まるようです。

2015年の大晦日には、椿鬼奴さん、森三中黒沢さんなどが関さん宅に集合。そこでモノマネ芸人・みひろさんが恋愛運をアップさせる料理を食べたところ、好きな人からメールがきたというエピソードも!!

結婚しないのはなぜ?

現在45歳(2016年時点)の関さん。結婚してると思いきや独身結婚はしていないようです。では彼氏はいるのでしょうか?

噂や信憑性ある情報がないことやスクープされた形跡がないことから現在は彼氏がいないと思われます。

2014年に放送されたいた番組では「ガチで彼氏募集中」として理想のタイプを言われていたのが女版今田耕司さんかと思いました。

「優しい」「背が高い」「物を知っている」「お金持ち」「好き嫌いがない」「大事にしてくれる」「マッチョ」「理解がある」・・など。

挙げたらきりがないんでしょうね。こんな男性なかなかいませんよ。まぁわかると言えばわかりますがこんな完璧な人みたことありますか?

開運飯というものを開発したのに自身はなぜ独身で結婚しないのでしょうか?という質問は愚問だったようですね(笑)「結婚しない」のではなくて、この状況からみると「できない」のが正解なのでしょう。

ここまできたらもう理想の王子様を待つしかないのでしょうか・・結婚する時が楽しみです!

まとめ

今回の『深イイ話』で密着取材される関好江さん。ますます知名度が上昇し人気が上がること間違いないでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク