藤原道山は妻も子供もいる?和楽器の貴公子の学生時代とは?

藤原道山は妻も子供もいる?和楽器の貴公子の学生時代とは?
出典元:尺八演奏家 藤原道山 HP

スタジオパークからこんにちは』に出演される藤原道山さん。彼は尺八の奏者でありながらイケメンということで「和楽器の貴公子」と呼ばれ話題となっていました。

そんな藤原道山さんは結婚しているのでしょうか?気になるあれこれを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

藤原道山 プロフィール・経歴

【芸名】藤原道山(ふじわら どうざん)
【本名】非公開
【出身】東京都
【生年月日】1972年7月10日
【身長】おそらく178㎝ぐらい
【ジャンル】クラシック
【職業】尺八演奏家、作曲家
【担当楽器】尺八、箏、笙、能管、篠笛
【その他】ホリプロ 所属

尺八演奏家である藤原道山さんは、年を感じさせない風貌でイケメン、そして音楽で大きく成功し実力もある。だから「和楽器の貴公子」という呼び名がつくことに納得します。

そもそも藤原さんがなぜ尺八に興味を持ったかと言いますと、箏曲家(琴の奏者)だった祖母の影響だったようで10歳より尺八を始めました。

そして14歳からは人間国宝の山本邦山さんに師事し、それからはみるみるうちに実力をつけ20歳という若さで「都山流」の師範となり、現在の「道山」と名乗るようになったそう。

中高は地元の学校に通い大学は、芸術系大学の最高峰である「東京芸術大学音楽学部邦楽科」を卒業。最終は院生として音楽研究科邦楽専攻を修了されています。

そして在学中には「安宅賞」を受賞し卒業の際は、皇居にて皇后美智子さまや皇族がたの前で演奏。

相当優秀だったんでしょうね。

その後は、雅楽・能楽・狂言・囃子・箏曲などのさまざまな邦楽器にも興味を持ち腕を磨き深めていきます。

【活躍の場】
2001年のデビュー以来、10周年記念ベストアルバム『天-ten‐』、山本邦山作品集『讃-SAN-』他計10枚のアルバムをリリース。2007年にはチェロ(古川展生)、ピアノ(妹尾武)とともにユニット『KOBUDO-古武道-』を結成するなど活動の場を広げ活躍されています。

【受賞歴】
・1995年『安宅賞』
・2003年『江戸川区文化功績賞』
・2011年『松尾芸能賞』

イケメン俳優のように容姿端麗な藤原さんが結婚されているのか気になるところです。

妻も子供もいる?

ほんと素敵な男性である藤原さん。年齢的には結婚していても彼女がいてもおかしくありません。しかし独身で彼女ナシの方がなんとなくシックリくるのですが・・・まぁそうはいかず。

色々調べてみた結果、自身が公表されているかは別として様々なサイト上や情報によれば結婚されているようです。そして子供さんもおられるようです。2人いるそうで、どちらも女の子なんだとか・・。

まぁ素敵な男性ですからね、女性がほっておくわけがないということですよね。

どんな奥さんで子供の詳細等やはりプライベートなことなので、詳しい情報はありませんでした。

ただ、娘さんたちも和楽器(琴)をしているそうで、2009年8月に行われた三重県津市の国民文化祭では、奥さんと娘さんがお琴を演奏していたそうです。

和楽器・貴公子の学生時代

尺八は全然音が出ない!ということで幼いながら衝撃を受けた藤原さん。習いたての頃はどうやったら音がでるか?その頃からもう試行錯誤が始まったそうです。

尺八が音が出ない難しい楽器ということを私も初めて知りました。

幼いながら藤原さんは、尺八という難しい楽器をおもしろさと捉えその奥深さのトリコになっていきます。

中学・高校時代は先生の「おっかけ」をずっとしていたそうです。生の舞台を見ることは勉強になり師匠の舞台を聴いて自分の中にどんどん蓄積していったといいます。

また、中高は地元の学校に通い高校時代はブラスバンド部でフルート・指揮者として活動し、そのおかげで演奏全体を見ることができるようになったそうです。

そして中学1年生の時に藝大の学園祭へ遊びに行って「こんなにおもしろい学校があるんだ!」と新鮮な衝撃を受けてその時点で、ここで勉強がしたい!と決めていたそうです。

こういったことから藤原さんは、幼い時から努力家でまた才能もあったのでしょうね。そして学生時代は地元の学校に通い尺八とは違うものを学び、また違った音楽を吸収されました。

尺八一本というわけではないですが、色々なことを吸収したからこそ尺八にも生かしているんだぁということがわかりますね。

こうして和楽器・貴公子が誕生するわけです!

まとめ

イケメン尺八奏者・藤原道山さんはさらに進化して活躍されていかれるでしょう。応援していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク