永岡佑は重版出来で菊地文則役!ベテラン俳優だけどどんな人?結婚は?

永岡佑は重版出来で菊地文則役!ベテラン俳優だけどどんな人?結婚は?
出典元:鈍牛倶楽部

春からスタートした新ドラマ『重版出来!(じゅうはんしゅったい)』に出演している菊地文則役永岡佑さんがカッコイイと話題に。そんな永岡さんはどんな人なんでしょうか?

スポンサーリンク

重版出来で菊地文則役!

永岡佑さん演じる菊地文則は、主人公・黒沢心と同じ編集部『バイブス』で働く社員ではなくフリーの編集者。担当は八丹カズオ。

以前は、興都館の社員だったが担当雑誌が廃刊になってしまった。でもどうしても自分が担当していた漫画 八丹カズオ著『タンポポ鉄道』を売りたかったからフリーランスの道を選んだ情熱の熱い人。

そんな温和な外見と柔和な物腰の裏には、あつーい漫画への情熱がある。そんな菊地に編集部の人々は密かに尊敬しているという。

【物語】
幼いころから柔道に打ち込んできた主人公・黒沢心(黒木華)。オリンピック候補ともいわれていたが、怪我で選手生命を絶たれ柔道をあきらめ就職を決意する。

そして大手出版社・興都館の就職試験を受ける。子どもの頃に柔道をあつかった漫画を何度も読み、それがきっかけで柔道を始め、よい青春時代を過ごしてきた。

そして自分がそうであったように、読者が何かを得るような「漫画」を作りたいと志望動機を熱く語り、見事採用される。

入社後、週刊コミック誌「バイブス」編集部に配属され、編集者として歩き出す・・。

主人公は、日本アカデミー賞をはじめ数々の賞を受賞している女優の黒木華さんをはじめベテラン・個性派俳優さんたちが多く出演していて、内容もおもしろそうで見ごたえたっぷりのドラマとなっています。

ベテラン俳優だけどどんな人?

永岡さんは2001年から活動されている既にベテラン俳優さんです。

永岡佑 プロフィール・経歴

【芸名】永岡佑(ながおか たくす)
【出身】京都府
【生年月日】1982年1月7日
【身長】180
【血液型】AB
【学歴】日本芸術学院卒
【特技】歌・殺陣
【資格】普通自動車免許・自動二輪免許
【その他】鈍牛倶楽部 所属

趣味がサッカー、バスケットボール、野球と運動神経は抜群のようで見た目と同様にスポーツマンという爽やかな男性。

〜主な出演〜
【テレビ】
・2010年NHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』村井光男 役
・2013年『半沢直樹』大塚役
・2013年NHK大河『八重の桜』市原盛宏 役
・2015年NHK大河『花燃ゆ』山県有朋 役
・2015年『コウノドリ』川村忠志 役
・2016年『重版出来!』菊地文則 役

【映画】
・2009年『愛のむきだし』
・2011年『極道めし』
・2012年『ヒミズ』
・2013年『地獄でなぜ悪い』

脇役ではありますが、コンスタントに数々の有名ドラマ・映画に出演されています。

またGoogleのCMでは「心温まる」「素敵」など話題になっていたようです。

奥さんが2人目出産で里帰り中、長女と2人っきりの慣れない生活に悪戦苦闘しながらも頑張るお父さん役を演じています。

このCMを見ると、なんだかあったかい気持ちになれますよ。またお父さん役の永岡さんが自然体でいい感じに父親役を演じられています。

数十秒と限られた時間の中でここまで印象に残るCMにするなんて、さすが俳優さんですね。

結婚は?

そんなイケメン俳優の永岡さんですが気になるのはやはりプライベートのことですよね。

彼女結婚について信憑性ある情報や噂もない、またスクープされた形跡もないようです。

役者さんの中にもプライベートを公にされている方もいますが、逆にされていない方もいらっしゃるので永岡さんは後者のほうかもしれませんね。

まとめ

さまざまなドラマ・映画・CMに出演している永岡さん。これからも頭の中に残る演技で魅了し続けていってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク