二葉百合子が引退の決意。弟子たちが大物。旦那や子供のこと

昭和を代表するヒット曲「岸壁の母」で知られる歌手の二葉百合子さん。
そんな二葉さんのことを『徹子の部屋』で坂本冬美さんが色々語っておられたようです。

二葉さんとは一体どのような人なのでしょうか?

スポンサーリンク

二葉百合子 プロフィール・経歴

【芸名】二葉百合子(ふたば ゆりこ)
【本名】大村百合子(おおむら ゆりこ/旧姓:二葉)
【出身】東京都
【生年月日】1931年6月23日
【職業】歌手・浪曲師
【活動】1934‐2011年

浪曲師の父・東若武蔵さんに師事し、3歳で浪曲師として初舞台を踏む。
関東節を女流ながらこなし名を上げ、1957年には『女国定』でデビューし間奏に浪曲の台詞を入れる「歌謡浪曲」を確立させる。

1970年、文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞。

菊池章子さんが歌ってヒットした「岸壁の母」を1972年に台詞入りでカバーし大ヒットさせる。

そして1976年には、日本レコード大賞の審査員会選奨賞、日本有線大賞の有線ヒット賞を受賞し、第27回NHK紅白歌合戦に出場。

母物・股旅物を得意とし、純和風な演歌を歌い上げる二葉さんの歌声は母の感情がこもっていて涙する人も多かったようです。

その素敵な歌声は芸能生活75年を迎えても健在でありましたが、2011年3月の東京公演を最後に現役を引退すると発表されました。

引退の決意

二葉さんは、5人兄弟の真ん中で育ったそうです。そのような中でお父さんが兄弟に「浪曲をやってみるか?」と言った時、二葉さんだけが「うん」と答え、教える気になったそうです。

それから巡業をやっていくうちに「私にはこの道しかない!」と決めたのが15歳のころで、77年間の芸能生活に終止符をうたれました。

二葉さんが引退を決意したきっかけというのは?
二葉さんは、自分の中で「声が出るうちにやめる」と言い聞かせていたようです。そして芸能生活60周年の時に「これで引退かな」と思っていたそうです。

でも体は元気なほうだったので60年を迎えて、そして65周年目指して頑張り、65周年を迎え、その時もさすがに『今度かな」と思ったようです。でも、元気に舞台を務めることができて70周年を迎えられた。

それからまた、あっというまの5年。75周年を迎え昨年の暮れに「もう、これで引退をさせていただく、幕を下ろす時」という気持ちになったようです。

60歳で引退を決意してから15年も頑張ってこられた二葉さん。本当にお疲れさまでしたという感じです。

弟子たちが大物

二葉さんのお弟子さんたちは、名だたる人達がいました。

・石川さゆり
・坂本冬美
・原田悠里
・藤あや子
・石原詢子
・湯原昌幸
・島津亜矢

1人1人が教えた通りにやってくれて、それがすごく生きがいで、またお稽古をするということは健康法の1つだったようです。

坂本冬美さんは繊細で、藤あや子さんはあっさりとしている、石川さゆりさんは二葉さんのところにくると10代の娘ようになり、原田悠里さんは七夕の記念コンサートで浪曲を披露してくれる真面目で律義。と弟子たちのことを語っておられました。

大物ばかりの人達が弟子って、それだけ二葉さんという人がいかに大きな存在の人だということがわかりますね。

旦那や子供のこと

二葉さんのご主人のお父さんは地方の興行師でご主人は歌手だったようです。2人は、20代からの知り合いだったようで、でも結婚話が出てきたのは30歳を過ぎてからだったそうです。

その後、結婚し子供(息子)を出産。

そして二葉さんは、子どもが生まれる2週間前まで仕事をこなし出産25日後には再開したそうです。

そんな忙しい二葉さんの為に、また子どもの教育の事を考え、旦那さんは夫婦でやれば二葉さんの体も少しは楽になると考え自分でプロダクションを始めマネジャーに徹したそうです。

奥様思い子供思いの優しい旦那さんです。

家を空けることが多かった忙しい両親への寂しさの反抗からか、一時息子さんは話をしなくなって、部屋にこもってしまったそうです。

その時は、3ヶ月間仕事を休んで初めて手弁当を作り、母親に徹した時期があったそうですよ。

そんな息子さんも今では、結婚してすっかり明るくなっているようです。

家族を大切にされているのが伝わってきて、ほんと素敵なお母さんです。

まとめ

3歳からデビューし、ここまで頑張ってこられた二葉さんが凄いなぁと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク