ハイヒールリンゴ、大学卒に博士号を持つ才女。不妊とダウンタウンとのエピソード

ハイヒールリンゴ、大学卒に博士号を持つ才女。不妊とダウンタウンとのエピソード
出典元:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

吉本興業のベテラン女漫才コンビ・ハイヒール。ラジオパーソナリティ志望だったリンゴさんと、レディース上がりのモモコさんという異色のコンビは、デビュー当時から注目を集めていました。

そんなハイヒールのコンビも30周年を超えているから驚きです。

最近は、リンゴさんが関西に加え関東での情報番組にコメンテーターとして出演するなど活躍の幅を広げています。

さっそくリンゴさんについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ハイヒール リンゴ プロフィール・経歴

【芸名】リンゴ(りんご)/ツッコミ担当
【本名】美村美紀(みむら みき)(旧姓:西村)
【出身】大阪府枚方市
【生年月日】1961年8月9日
【身長】159
【血液型】A
【事務所】よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属

NSC1期生で、1982年11月にモモコさんとコンビを結成。ダウンタウン、トミーズ、内場勝則さん、前田政二さんたちとそうそうたるメンバーが同期。

リンゴさんの趣味は、城めぐり・家庭菜園・人間観察・アンチエイジング・健康食品・酒の肴を作ることだそうです。

城めぐりというとリンゴさんは、エジプトが大好きを通りこしてオタクで、そしてまったく興味の無いモモコさんを連れてエジプトに行き、呆れるモモコさんをよそにひとりで興奮し語りつくしていたよう。

これを聞くとハイヒールって漫才師である以上にかけがえのない親友なんだなぁ〜と。

十代の頃からラジオが好きで、ラジオのパーソナリティの仕事がしたいためにこの世界に入ったリンゴさん。そのためか、どんなに早口でも噛む事が無い。

そしてデビューしてから今までラジオの仕事が途絶えた事がないという凄さ。「仕切り」には定評があり「名仕切り」とも言われる。

大学卒に博士号を取得する才女

リンゴさんは、京都産業大学経済学の学士号及び大阪学院大学経済学の名誉博士号を取得されている才女です。

2010年からリンゴさんは聴講生として大阪学院大学院商学研究家の国定浩一教授の下、金融論を研究。その学んだ知識を生かし、出演番組などで、経済学のことを分かりやすい言葉で視聴者に届けたことが評価されたそうです。

たしかにリンゴさんのしゃべりを見ていると頭の回転が早い、仕切れる、MCもサラッとこなす、知識が豊富など賢い人だなぁと思います。

不妊について

リンゴさんは1995年の34歳の時にひと回り年上の当時ラジオ大阪の制作報道部次長・美村篤洋さんと結婚しました。交際期間4ヶ月というスピード結婚だったそうです。

子供がほしいリンゴさん。でもなかなか子宝に恵まれず数年間もの間、芸能活動を中断し不妊治療に充てていたようです。

相方のモモコさんは子供が3人いるわけですから、自分が気にしなくとも周りからの目線があったのかもしれません、リンゴさんはこの時うつ病になったそうです。辛いですよね。

流産してしまうたびに相当な落ち込みでモモコさんすら声が掛けられ無かったほどで、その度にトミーズやダウンタウンが励まし、明石家さんまさんは「芸人は不幸やから人を幸せにするんや」と慰められていたそうです。

リンゴさんの人柄が伺えますよね・・。

また、そのような状況の中、モモコさんが当時珍しくピンで深夜番組のレギュラーを持つ事になったという。ダウンタウンと前田政二さんがOA前にリンゴさんを迎えに行き、和歌山までドライブしてOAを見せないように気遣いをしていたそうです。

ですが、立ち寄ったガソリンスタンドでたまたまOAしていて、浜田さんが「可哀想なことをした」と当時を振り返っていたそうです。

こんなにも努力をしてきたにもかかわらず、結果として子供を授かることはかないませんでした。不妊治療は身体的にも精神的にもそして金銭的にも大変だったことでしょう。本当に残念な事です。

今ではモモコさんの子供たちを実の子供のように可愛がり、進学のアドバイスをしているそうです。

子供さんは授かりませんでしたが、リンゴさんの周りには素敵な芸人仲間が沢山いらっしゃいます。

ダウンタウンとは

NSC入学当時、みんな自分が一番面白いと思ってやってくるそう。しかしダウンタウンを見てハイヒールを含め全員が「2番目でいいや」と思ったそう。

入学当初から注目されるなんてダウンタウンってほんと天才的なんですね。

ダウンタウンとは4人で海へ遊びに行ったり、ドライブをしたりとグループ交際のようなことをしていたそうです。でもお互いに親友という考えが強く、恋愛には発展しなかったようです。

現在でもダウンタウンが唯一対等に接する女性芸人。

まとめ

コンビでまた個々に活躍していってほしいなぁと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク