小籔千豊が宗教の信者という噂は?嫁とは仲良しで子供は?芸人を辞める覚悟だった

小籔千豊が宗教の信者という噂は?嫁とは仲良しで子供は?芸人を辞める覚悟だった
出典元:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

お笑い芸人の小籔千豊さんは昔はコンビを組んでいたそうで、今ではピンで毒舌が売りの芸人さんキャラでブレイク!見ない日がないほどの売れっ子芸人さんになっています。

そんな小籔千豊さんの噂になっているあれこれを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

小籔千豊 プロフィール・経歴

【芸名】小籔千豊(こやぶ かずとよ)
【出身】大阪府大阪市
【生年月日】1973年9月11日
【身長】188
【体重】63
【血液型】B
【趣味】ダーツ・ビリヤード・麻雀・将棋・写真・水泳
【その他】よしもとクリエイティブ・エージェンシー 所属

小藪一豊さんは、1993年から芸人として活動していて芸歴は20年以上になります。この間、売れない期間も長くかなり苦労されたようです。今では見ない日はないというぐらい活躍されています。

宗教の信者と噂される理由

小藪さんを検索すると「宗教」と浮上してきます。この原因というのが2012年にテレビ『ゆるせない話』という番組で「肉が食べられない」「ベジタリアン」と発言したために宗教に入っているのでは?と噂になったようです。

結局、小藪さんが肉を食べないのは宗教に関係しているのではなく「肉は体に良くない」という医療関係の仕事をしていた祖父の教えからなんだそう。だから牛、豚、鶏の肉を食べないんだそうです!(ちなみに魚はOK)

また、ただ単純に「肉が嫌いだから」とも言われているようです。

そんな小藪さんは子供の頃、「水は1日2リットル飲め」と言われ、玄米を食べ毎日青汁を飲まされていたそう。肉は食べませんが、ピザが大好物で、自分なりのルールがあってピザ屋ではピザ窯に一礼するなどマナーにはうるさい一面があるそう。

なんだろうね、そのルールは・・。

嫁とは仲良しで子供は?

2001年に奥さんと結婚した小藪さん。同じ年の奥さんとは、高校卒業後偶然知り合ったようです。小藪さんいわく、奥さんのことをこれまで出会った女性の中で三本の指に入るくらい「おもしろい」女性だったそうです。

その後二人は交際を始め、約9年後に結婚したという。結婚した当初は、芸人として全く売れていなかった時期で当時の月収は約2万円ほどだったのでバイトを掛け持ちし、奥さんも働くなど苦労していたそう。

子供は一男一女を授かった時、お笑い芸人としての自分より家庭を大切に考えていて「俺のこと面白いと思わなくていいから、金だけくれ!」って思っていたそうで、

奥さんと子供を食べさす為に毒舌キャラをしているなどかなり家族思いの小藪さん。

また仕事で嫌なことがあっても家には持ち帰らず、近所のバーで酒と煙草で発散し、子供たちが寝てから帰宅するようにして「怒り」を家庭に持ち込まないようにしているという。

奥さんとは20年以上一緒いるようですが、香港旅行の時に一度だけ奥さんに怒られたことがあるそうですが、それ以外は一度も喧嘩した事がないそうですよー。

家庭円満で、奥さんといつまでも仲がいいって羨ましいですよね。

芸人を辞める覚悟だった

1993年にデビューした小藪さんは当時「ビリジアン」というコンビを組んで活動していました。

しかし、2001年に相方が構成作家の道を目指したため解散。

この当時小藪さんは、自分自身に対して「おもんない。売れない」とずっと思っていたそうで、芸人を辞めて普通の職業に転職し、交際中の女性と結婚し幸せな家庭を築こうと思っていたそうです。

そのような中、芸人仲間の野性爆弾ロッシーさん、シャンプーハット・小出水さん、ケンドーコバヤシさん、バッファロー吾郎さんたちに「絶対売れる」と励まされていたようです。

そして小藪さんは、こんなに気のいい人たちばかりの職場は無いと感動し、思い止まることに。

2001年、ピンになった小藪さんは吉本新喜劇に入団。最初の9ヶ月程はずっとお客さんの役だったそうです。

キャラを確立させるなどそれなりに頑張っていたのに、吉本の社員さんに「新喜劇は売れない芸人の再生工場じゃない、辞めろ」というショックな言葉を言われたそうです。

そして、この頃の月収が2万円ほどしかなくてファミレスでバイトをしていたそうです。辛すぎますよね。

そういった生活が続き入団の3年後の2004年には、座長不在時に代役を任せられるほどにまで上り詰めました。

また、内場勝則さん(奥さんは未知やすえさん)はお偉いさんの前で、
「これからは小藪や!」と発言されたとう。すると、それから新喜劇の中心となる役を多く任されるようになったんだそうです。

2006年1月31日に座長就任が発表されました。

もちろん小藪さんの実力や人徳があったからだと思いますが、周りの芸人さんたちにも助けてもらい今があるという感じがしますね。

今では東京でも引っ張りだこの小藪さんですが、
「新喜劇を離れるつもりは全くない」と発言し、

テレビを通して視聴者に新喜劇に興味を持ってもらう

という思いも持ちながらタレント業にもいそしんでいるようです。

まとめ

今後もどんどんテレビに出演し活躍していってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク