工藤あやの、山形出身の演歌歌手!母親は惣菜店を経営で歌手。熱愛彼氏は?

工藤あやの、山形出身の演歌歌手!母親は惣菜店を経営で歌手。熱愛彼氏は?
出典元:株式会社アルデル・ジロー

『うたコン「山梨発!燃えあがる情熱ソング」』に出演する演歌歌手の工藤あやのさん。アイドル並に可愛らしい彼女のキャッチフレーズは「山形のひだまり娘」。そんな彼女について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

工藤あやの プロフィール・経歴

【芸名】工藤あやの(くどう あやの)
【本名】工藤 綾乃
【出身】山形県山形市
【生年月日】1994年5月7日
【身長】155
【体重】53
【血液型】O
【学歴】山形県立上山明新館高等学校卒
【趣味】民謡、太鼓、スポーツ全般
【特技】料理、バドミントン
【その他】株式会社アルデル・ジロー 所属

工藤さんは、母親の影響で幼い頃から民謡を習っていました。その後、数々の民謡の大会で優勝するなど実績を上げてきました。

【受賞歴】
・2002年「第5回紅花摘み唄コンクール全国大会」少年少女の部 最優秀賞
・2002年「第27回山形県民謡選手権大会 最優秀賞
・2006年「第49回山形県民謡王座決定大会 少年少女の部 優勝
・2009年「第52回山形県民謡王座決定大会 少年少女の部 優勝
・2010年 弦哲也「北区の演歌座2010」第一回新人発掘オーデション 大賞
・2011年「NHKのど自慢山形県天童大会」 チャンピオン

これだけの大会で優勝を何度もしていると彼女の実力というものがわかりますね。それにしても凄いですよね。

そして、2010年16歳の時に出場した「弦 哲也 北区(きた)の演歌座2010」新人歌手発掘オーディションで、見事大賞を受賞し作曲家・弦 哲也さんの門下生となりました。

2013年、高校を卒業後に上京し弦 哲也さんのレッスンを経て2014年1月に弦 哲也プロデュース「さくらんぼ 恋しんぼ」でデビュー。

恩師で弦哲也さんは、工藤さんについて「昭和の忘れ物」と称し、ふるさとの景色や懐かしい思い出を連想させた心に残る歌手!と太鼓判を押されています。

恩師までもが絶賛する工藤さん、山形県民を代表するスターになっていってほしいですね。

ちなみに、工藤さんについて検索していた方はもうお気づきかと思いますが、タレントで2009年全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した工藤綾乃さんと本名が同姓同名のようですが、全くの別人です。

母親は惣菜店を経営で歌手

工藤さんの母親は、郁子さんといって東北地方を中心に活動する歌手で、なんと民謡歴40年以上の大ベテランなんだそうです。

また山形市内で郁子さんの母親の代からずっと続いている総菜店「(有)たかはしそうざい店」を継いでいるそうです。

郁子さんは、幼い頃から民謡の全国大会で数多く入賞しており、歌手という夢を抱いていました。しかし、様々な家庭の事情から夢は遠い夢になっていました。

しかし、長年の夢だった歌手が実現することに。

歌仲間の協力もあって、自主制作で「さくらんぼ小唄」という曲で2500本販売。

そして51歳の時に「北の盆、情火」という曲で演歌歌手としてデビューしたそうです。

工藤あやのさんにとって民謡と演歌は家庭の中で身近な存在だったのでしょうね。

いつかデュエットなんてこともありうるかもしれませんね。

熱愛彼氏は?

これだけのルックスだから彼氏がいるのか気になり調べてみましたが、熱愛彼氏の存在についての情報は全くありませんでした。

まだまだ若いから今は仕事の事で一生懸命なんでしょうね。

今後、プライベートからも目が離せませんね。

まとめ

今後、活躍していってたくさんメディアにも登場してほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク