ケンドーコバヤシ、結婚しない理由。それは歴代彼女の意外な共通点にあった。

ケンドーコバヤシ、結婚を考えた女性がいた。頭いいのが納得
出典元:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

過激な発言を言ってもどこか愛されているケンコバことケンドーコバヤシさん。関西から全国区と今では売れっ子のケンドーコバヤシさんは見ない日がないほどテレビに出演されています。

そんなケンコバさんの結婚しない理由恋愛エピソード女性の嗜好などを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ケンドーコバヤシ プロフィール・経歴

【芸名】ケンドーコバヤシ
【本名】小林友治(こばやし ともはる)
【出身】大阪府
【生年月日】1972年7月4日
【身長】172
【体重】77
【血液型】O
【出身校】初芝富田林高等学校卒
【趣味】プロレス格闘技観戦
【その他】NSC大阪校11期生
【事務所】よしもとクリエイティブ・エージェンシー

1992年4月、大阪NSC入学したケンコバさん。11期生で、同期は陣内智則、中川家、たむらけんじ、ハリガネロックなどなど、そうそたるメンバー。

NSC在学中に元ハリガネロックのユウキロックと「松口VS小林」を結成、ボケ担当。

その後、同期の村越周司さんと「モストデンジャラスコンビ」結成。

実力を評価していた千原兄弟や、バッファロー吾郎、FUJIWARAなど先輩芸人の後押しもあり活躍していく。

2003年9月より、ピン芸人としてうめだ花月を中心に活躍。

2003年から2005年にかけ『アメトーーク!』『考えるヒト』などに出演し全国区として知名度が広がっていく。

また芸人以外でも活動していく。

『「美学」さえあれば、人は強くなれるマンガのヒーローたちが僕に教えてくれたこと』を出版。

「緊急特別番組 容疑者ケンドーコバヤシ逮捕~事件の真相に迫る・完全版~」っていうDVDを発売。この時、ケンドーコバヤシさんが指名手配、そして逮捕されたと噂が流れました。紛らわしいですね・・笑。

以降、芸人としての活躍はモチロンのこと映画・ドラマなどに出演し活躍されています。

ケンコバは頭がいい!

「獄中出産で、処刑された母親から生まれてきた」 「子供の頃、たったの銀貨5枚で実の父親に売られた 」など、生い立ち経歴など嘘を語り悪ぶっているケンコバさん。

実は、父は公務員母は書道の先生だったという堅実な家庭で育ち高校は偏差値68の超進学校に通っていたというケンコバさん。

嘘の発言は、面白くない経歴は芸人のイメージにマイナスであるということを意識しての策略だったようです。

また中学時代は全国の模試で7位になったことも。そして学業だけでなく高校時代はラグビー部で主将を務めていました。

そんな東大や京大が夢でないぐらいの実力の持ち主がなぜ芸人の道を選んだのか?

それは「人と同じ道には進みたくない!」と思ったそうです。なんともその理由がケンコバさんらしいなぁと思いますね。

結婚しないのは理由がある?

ケンコバさんは結構女性からモテるのになかなか結婚しないのは、それなに理由があるのでしょうか?

どうやらケンコバさん自身は結婚したいと言い続けいているんだそうです。

でも「俺は結婚できない」「結婚しなくてもいい」と言っていた周りの人間から先に結婚を越されています。

そんなケンコバさんは女性に弱みを見せないんだそう。見せるというのは死への近道ですと語っている。そして極めつけは意外と恋愛には慎重。

ケンコバが抱えている心の闇

ケンコバさんは、「告白」とか「プロポーズ」とかがどうしてもできないんだそう。それは「人生がかかったことで嘘をつきたくない」から。

だから、今結婚している人たち、自分の両親を含め「悪党」だと思っている。

絶対浮気とかしない。とは考えにくいのに「君だけを愛す」とか言えない。

「君のことを守りたい」なんて言葉は俺は一国と戦える軍事力がないと言うたらあかん!と思っている。

自分が結婚する時は赤ちゃんができて「責任取ります」という以外に考えられない。

アメトーーク!「女の子苦手芸人」で、心に残ったケンコバさんの言葉

「俺のことを好きでいて続けてくれて、なおかつ『好き』って言葉を絶対言うてほしくない」
かなり難解だが、ケンコバ曰く過去、何人か彼女はいたが自分は「好き」という言葉は言ったことがない。

しかし、相手は何百回、何千回も「好き」と言う。にも関わらず、突然、自分のことを嫌いになって去っていく。
「俺は一回も(『好き』って)言ってないのに、まだ好きなのに……」。
(出典元:ゼブラナースのブログ)

結局のところ、ケンコバさんは結婚しないのではなく、結婚したくても出来ないというのが現状。やはり性格的なものなんでしょうかね。

結婚しないといえば、千原ジュニアのジュニアさんもそうでしたが結婚したことで世間を騒がせました。

そして、宮川大輔さん、ケンコバさんたちが約70人の芸人仲間を集め結婚パーティーを開催し2人を祝福。

パーティでは酔ったケンコバさんたちが勝手に「質問コーナー」を仕切り始め、初対面の新婦さんに下ネタ全開の質問をしたり、ジュニアさんが家でなんて呼ばれているか?など、面白そうな事を暴露していた様子。

絶対面白いパーティーだったに違いないね!見てみたいなぁ。

意外に歴代彼女が少ない真面目なケンコバ

ケンコバさんは、過去に熱愛報道スクープされていたようです。気になるそのお相手は15歳年下のグラビアアイドル・青島あきなさん。(現在の芸名は大田明奈)

おそらく2人の出会いは、2005年から放送していたバラエティー番組『ジャイケルマクソン』で知り合ったのではないでしょうか。

スクープされたその写真はどうも2人が腕を組んでいるようにも見えていました。

吉本サイドは「仲の良いお友達」青島さんサイドは「お付き合いしているということは聞いていません」と。

まっ、実際のところはどうなのでしょうね・・。

その後、恋の発展した様子もないようなので関係は終わったのでしょうかね。

また、木下優樹菜さんの友達とお付き合いしていたということを千原ジュニアさんにバラされていたなんてことも。

本人いわく8年間の間に、3人ぐらいの人とお付き合いしていたそうです。

こうしてみるとケンコバさんって意外に女性関係で噂になったことが少ないような気がしますね。

歴代彼女の共通点とは何?

歴代の彼女たちがみんな共通して言うことがあるんだそうです。

「こんなにやさしい人はいない」でも、別れる時とかは「一回も本音でしゃべってくれた記憶がない」「最後の最後までどういう人かよくわからなかった」

などといったことを言われるんだそうです。

そう言われると「やっぱり俺は欠陥人間なんだな」って思うんだそうです。そして自分は自分なりに一生懸命やってきているけど、そう言われるっていうのはなにかあるんだと感じるそう。

だから1度催眠療法みたいなもので、俺のだめなところを全部浮き彫りにして欲しいって思うんだそう。

今田耕司に極秘相談

今までの経緯からいくとケンコバさんは、結婚に向いていない。と感じる人もいたのではないでしょうか?でも実は極秘恋愛していた彼女がいたそうです。

ケンコバさんにしては、意外な意外なことですよね。

エエ感じの女性を、温めてたんすけど・・ガッツリ振られました。」と語っていたケンコバさん。

今田耕司さんには恋愛している彼女の存在を打ち明けていて少しずつ段階を踏んでいたようです。

結果的にダメになりましたが・・。

今田さんいわく、ケンコバさんは女性に対し厳しいところがあるそうですから、それも破局の原因の一部かもしれませんね。

独身のイメージの強いケンコバさんに、結婚を真剣に考えていた彼女がいたとは驚きました。難しい性格のケンコバさんが本気で結婚を考えた女性とはどのような女性だったのか気になるところです。

まとめ

芸人仲間たちも独身の人、結婚している人、離婚している人また再婚している人などが沢山います。その中でいまだ独身で結婚するのが最後になるのは誰なんでしょうね。

ケンコバさんがこのまま独身を貫き通すのか、または幸せに結婚するのか見ものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク