土居美咲、兄はテニスコーチで義姉は日高舞。強さの秘密はコーチにあった。

土居美咲、兄はテニスコーチで義姉は日高舞。強さの秘密はコーチにあった。
出典元:ミキハウス

2016年のリオデジャネイロ五輪に、テニス・女子シングルスの出場権を獲得した土居美咲選手。

技術面や強さだけでなく、かわいい容姿と健康的な身体も注目されています。土居選手の強さ、お兄さん・義姉さんのことなどについてまとめてみました。

まずは土居選手のwikiから。

スポンサーリンク

土居美咲 プロフィール・経歴

【氏名】土居美咲(どい みさき)
【出身】千葉県山武郡大網白里町(現・大網白里市)
【生年月日】1991年4月29日
【身長】159
【体重】55
【出身校】駿台甲英高校卒
【利き手】左
【デビュー年】2008年
【その他】ミキハウス 所属

2016年のリオオリンピックに出場が決まっている土居美咲選手。

身長は159㎝と決して大柄ではなく女子テニスにしては小柄ですが、ダイナミックなフォーム、繰り出されるサウスポーのフォアハンドが最大の持ち味。

土居選手がテニスを始めたのは6歳の時で、メキメキと頭角を表していったのは中学時代から。

全国中学生テニス選手権大会では、2度にわたりシングルスベスト4に進出。

駿台甲英高校在学中にはジャパン・オープン・ジュニアシングルスで準優勝。また、ダブルスで全米オープン、ウィンブルドン、全豪オープンでも準優勝を果たすなど高い成績を残す。

また、2008年の宮崎国際では決勝戦でクルム伊達公子&米村知子組と戦い優勝。

2008年12月、17才8ヵ月でプロ転向。

性格は

可愛くて、オシャレなウエアを着てダイナミックなプレーをする土居選手。そんな彼女の性格はとても人見知りなんだそうです。

優勝した瞬間って、ラケットを投げたりコートに大の字になって寝るといった光景を見ます。でも土居選手はそういった行いをせずに控えめな感情表現だったようです。

そして根っからの真面目な性格とも言われています。

地道なトレーニングにもいっさい手を抜かず真剣にこなし、サポートしてくれる栄養士さんに「食べた物を報告するように」と言われれば、面倒くさがらずにきちんと食事を写真に撮って送っているという。

そんな土居選手の日頃からのストイックな努力が、成果として身を結んでいくのでしょうね。

兄はコーチで義姉は日高舞というスポーツ一家

土居家は父親母親がテニスをしていたというわけではなく、言うなればテニスとは無縁だったそうです。

そんな時、購入した自宅近くにテニスコートがあって、そこで家族で始めたことがきっかけで段々とテニスの魅力にはまっていったそうです。

土居選手のお兄さんはイケメンで土居諒太さんといって3つ歳上で同じくテニスをしていました。

土居選手と違ってテニスを始めたのが小学校4年生と少々遅気味だったようです。

そうが原因なのか、なかなか思うように実績が出ない状況が続きましたが高校進学後に結果が出始め、全国選抜高校団体では準優勝を果たし、同じ年にインターハイシングルスベスト16という記録を残しました。

その後、亜細亜大学へ進学後しテニスを続け今現在は東京都にある「武蔵野ドームテニススクール」でテニスコーチとして働いているようです。

義理の姉について

2014年12月2日、土居選手のお兄さんの結婚式がありました。奥さんは元新体操選手日高舞さんだそう!美男美女のお似合いのカップルで素敵。

土居選手のブログに、その時の様子や画像が掲載されていたので気になる方はぜひ覗かれてみてはどうでしょうか。

ちなみに、その日の土居選手は着物姿でとても美しかったです。はやり元がいいからね・・。

コーチとの出会いが強さの秘訣

2016年の世界ランキングは49位と低迷していますが、実は1年前まで、ランキングは100位前後に留まっていた土居選手。

それが、ザハルカコーチに変わってからメキメキと頭角を現してきました。

ザハルカがコーチとして就任した当初、技術面の指導がほとんど無いことに、土居選手は戸惑いを覚えていたそうです。

そして繰り返し言われたのが「スイングスピードを上げろ」と。

土居選手いわく、フルスイングは全力で腕を振り抜き、ボールは何度も何度も繰り返し打ちこむことも求められ、とても地道な練習だったようです。

ザハルカコーチがこれまでに土居選手を見てきて思ったことは、今まで彼女は才能で勝ってきた。しかし、才能に頼ったプレーはハイリスクであり、そのような試合を毎日することは出来ない。

重要なのは「安定感」と「ショットの質そのものの向上」。

だからコーチは、そのような練習を通じて「安定感」と「ショットの質の向上」を何よりも目指し、最終的にコート上で特別なことをする訳ではなく「常に出来るプレー」で勝ちそして「常に成長し、常に改善し続ける」ことなんだそう。

コーチの指導理念は感心させられますね。

元々もっている実力も大切ですが、いかに凄いコーチと出会うのも運命の別れ道ともいえますね。

まとめ

日本の男子テニスといえば錦織圭選手。女子といえば土居美咲選手といわれるのも夢ではありませんね。まだまだ若い土居選手、今後の活躍がすごく楽しみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク