永瀬貴規、彼女の存在は?ロンブー淳に似ていてる彼は頭がよくて強い 家族は?

永瀬貴規、彼女の存在は?ロンブー淳に似ていてる彼は頭がよくて強い 家族は?
出典元:旭化成

永瀬貴規さんは、柔道男子81キロ級リオ五輪代表選手。その永瀬さんですがなんとなく、顔がロンブーの淳さんに似ていません?

今回は、そんな永瀬選手の彼女のことや家族についてご紹介。

スポンサーリンク

永瀬貴規 プロフィール

【氏名】永瀬貴規(ながせ たかのり)
【出身】長崎県
【生年月日】1993年10月14日
【身長】181
【体重】81
【血液型】A
【段位】弐段
【得意技】内股

永瀬選手は現在旭化成に所属し、昨年の世界選手権で男子柔道81kg級で金メダルを獲得した、柔道界において期待の逸材とされています。

永瀬貴規選手は6歳の時、大叔父である平尾勝司さんに柔道教室に誘ってもらったのがキッカケで兄と共に「養心館」で柔道を始めます。

大叔父・平尾さんはなんと1969年世界柔道選手権大会の80kg級で銀メダルを獲得した凄い人なのです。

永瀬選手の経歴
小学校5年生の時、全国小学生学年別柔道大会の40kg級に出場し5位。

中学3年生の時、全国中学校柔道大会の66kg級に出場し5位。常にライバルの竪山将選手がいました。

長崎日大高校に進学後すぐに、81kg級に変更し1年時の高校選手権と三年時のインターハイで優勝を果たします。

2012年、筑波大学に進学し快進撃が始まります。
全日本ジュニアとアジアジュニアで優勝
ユニバーシアードで優勝

2013年、グランドスラム東京に初出場、5試合オール一本勝ちという快挙を遂げ優勝。

これにより今まで126位だった世界ランキングが一気に23位にまで上昇。

2014年、選抜体重別選手権で優勝し世界選手権の出場権を獲得。世界選手権は5位に終わりましたが、グランドスラム東京では2連覇を達成。

2015年、選抜体重別選手権で2連覇達成、ワールドマスターズ優勝 、そして8月の世界選手権で日本人選手として81kg級初となる優勝を飾る。

グランドスラム東京では誤審による反則負けで残念ながら3位に。

2016年4月、選抜体重別選手権で3連覇を飾り、リオオリンピック出場に。

現在の世界ランクは2位 。間違いなく、リオオリンピックで金メダルを狙えるでしょう。

彼女の存在は?

信ぴょう性ある情報や噂などがないことから今は彼女らしき人はいないと考えられます。現在のところは五輪に集中ということなのでしょうね。
これで今以上に知名度が上昇すればまた状況が違ってくるかもしれまえんね。

顔はどことなくロンブー淳に似ていますが、女性関係では全く違った好青年ということですね(笑)

文武両道な人

永瀬選手の性格は、真面目で研究熱心で勉強家。それを思わせるエピソードがあります。

小学生時代から自分の試合が終わった後で、会場で兄や上級生の試合を熱心に観戦したり、テレビ放映された柔道大会を録画して技を覚えていくなど研究熱心な姿勢を見せていたそうです。

そして学業は、小学校・中学校は長崎大学教育学部付属校という県内屈指の高偏差値(60)を誇る学校。高校は、長崎日本大学高校で進学率が高い学校に進まれています。

進学校に通い柔道をしながらでも成績は優秀だった永瀬選手。大学は、国公立の最高峰・筑波大学に進学されたまさに文武両道を成し遂げた人です。

強さの秘訣

当時、長崎の道場で、目をつぶって組み手をしていたそうです。その練習の目的というのが、心で相手の動きを感じよ。ということだったそうです。

柔道の試合は様々なフェイントや駆け引きが行われる。目線の動き、力のかけ方、重心移動など・・相手を誘導し、引っかかった瞬間、技をかけることもしばしば。

そのような中、相手から伝わるものが自然と身についているという永瀬選手は無敵ですね。

そんな永瀬選手、中学入学時の体重は60kgだったのが高校では81kgになっていたそうです。

このような肉体を作ったのが母親の勧めで中学・高校と1日も欠かさず食べた「カスピ海ヨーグルト」。

普通のヨーグルトに比べてタンパク質が豊富で整腸作用もあるのだそう。

そして永瀬選手は、白米2合を食べる大食漢だったそうで夏場でも練習から帰宅すると「きょうの晩ご飯は何かな」が口癖だったようです。

そんな息子のために、お母さんは食事は常におなかいっぱいになるように用意したそうです。

世界の選手と戦う力を作ったのは、そんな優しいお母さんのおかげもあるのでしょうね。

家族について

父・母・姉・兄・永瀬選手の5人家族

父親・政司さんは転勤族の国家公務として家族を支えています。
母親・小由利(さゆり)さんは中学・高校はテニスをたしなみ全国大会に出場するほどの腕前。
姉・詳しい情報はありませんでした。
兄・諒(りょう)さんは、永瀬選手と一緒に「養心館」に通っていました。その後、日本体育大学へと進み全国体育系学生柔道体重別選手権で準優勝した実力者。現在は地元長崎県の波佐見高校で教員をしています。

実家は官舎で、部屋は広くなく子供部屋もない。家では常に家族の目の届くところにいる。そんな距離感が強いきずなを生んだようです。

思春期、大人ぶって親を避けるのがよくありますが、そういう反抗期がなかった。

3人きょうだいは、お互いが常に目の届くところで育ったせいか、非常に仲が良かったそう。

永瀬選手の成長を全力でサポート

中学では柔道部がなく、高校に掛け合って出稽古に行かせてもらった。車で往復80分の道のりを送迎。「子供は人見知りする。自分から(他校に)行きたいとは言わない」。だからこそ道を切り開いて、少しだけ背中を押したそう。

永瀬選手の強さの秘訣って実力はもちろんのこと、いい環境でよいご両親、きょうだいがいたということが大きいと思いますね。

まとめ

リオでの活躍大いに期待できる選手だと思います。頑張って下さい!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク