山縣亮太(陸上)、ピース綾部似のイケメンで頭もいい!実家は会社経営。彼女はどんな人?

山縣亮太(陸上)、ピース綾部似のイケメンで頭もいい!実家は会社経営。彼女はどんな人?
出典元: 公益財団法人日本陸上競技連盟

リオデジャネイロ五輪陸上100m日本代表山縣亮太選手が選ばれました。イケメンと言われている彼は一体どんな人なのでしょうか?

個人的にはお笑い芸人のピース・綾部さん似のイケメンだと思いますが、みなさんはどう思いますか・・。

スポンサーリンク

山縣亮太 プロフィール・経歴

【氏名】山縣亮太(やまがた りょうた)
【出身】広島県
【生年月日】1992年6月10日
【身長】177
【体重】70
【種目】短距離走
【その他】セイコーホールディングス 所属

山縣亮太選手は、元々野球をしていたそうですが2歳年上のお兄さんが陸上をしていた影響から小学校4年生から本格的に陸上を始めます。

そして実力はこの頃から発揮し始めます。

小学校5年生の時にはすでに、全国大会100mで8位に入賞。

そして、高校1年生の時は大分国体少年B100mで優勝し、2年生の時は世界ユース陸上競技選手権大会で100m4位入賞し、メドレーリレーでは銅メダルを獲得。

大学に進学後、1年生の時に日本ジュニア記録を更新する10秒23のタイムを残しました。

大学2年生の時、ロンドンオリンピック短距離日本代表に選出。100mで自己記録の「10秒07」をマークし、決勝まで進みました。

また、男子4×100mリレーでは第一走を努め4位に入賞。

2013年、大学3、4年生時も日本代表として各種大会に出場しています。

・2013年 ユニバーシアード(カザン)100m 銀
・2013年 ユニバーシアード(カザン)4×100m 銀

・2013年 東アジア競技大会(天津)4×100m 金
・2013年 東アジア競技大会(天津)100m 銀

・2014年 アジア競技大会(仁川)4×100m 銀

2015年、大学を卒業し「セイコーホールディングス」に入社。

この年は腰痛に悩まされ苦しみ、2大会連続で世界選手権出場を逃します。

しかし2016年には、織田記念・男子100mで見事優勝を果たし復活を遂げました。

そして布勢スプリントに出場した際には、自己ベストを更新し「10秒06」をマークしました。

同年27日、ケンブリッジ飛鳥選手、桐生祥秀選手とともにリオデジャネイロオリンピック男子100m日本代表に選出。

前回のオリンピックでは、日本チームを4位に導いていますから大舞台での経験は十分だと思います。

今回のリオでは十分にメダルを期待出来る可能性があるのではないでしょうか!

イケメンで頭もいい!実家は会社経営

山縣亮太選手は陸上の実力はモチロンのこと、イケメンとしても有名です。また筋肉モリモリで身体も素敵なのです。特に太ももが!

そしてそれだけでなく頭もいいんですよ。

山縣亮太選手が通っていた学校は、修道中学・高等学校といって偏差値が67ぐらいある進学校です。この学校のOBは政治家や財界人が多いことでも有名です。

また大学は慶應義塾大学。お坊ちゃんが多いことでも有名ですね。この大学に進学した理由は、慶應の競走部は自由な競技環境だということもあり「自分のやりたいことができる」と思い志願したそうです。

そして見事合格。

本人の努力っていうのはわかりますけれど、頭よくて運動も出来ておまけにイケメンで身長も高い。もう、いうことありませんね。おまけに実家も凄いようですよ。

実家は会社経営

山縣選手の実家は「株式会社ニシヒロ」といってスポーツ用品の販売・メンテナンス等を扱っている会社を経営されています。代表取締役社長は、父親である山縣浩一さん。

いわば、実業家の息子というわけです。跡継ぎが気になるところですね。

場所は広島県で、会社では主にサッカーの商品を扱っているようです。

ちなみに息子さんは、陸上ですーね。

彼女はどんな人?

これだけのイケメンだし彼女の存在を気にしている女子は多いと思います。色々調べてみましたが現時点では、彼女がいるという信ぴょう性ある噂や情報が全くありませんでした。

なかには、禁欲生活を強いられているという噂もありました。競技に集中ってことなんでしょうかね。

もっと今以上に知名度が広がれば、噂も浮上してくるかもしれませんね。

まとめ

メンタルが強そうな山縣選手。リオオリンピックでの活躍に期待したいと思います。頑張って下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク