阿川佐和子の若い頃が平野綾似!結婚せず事実婚。新幹線エピソード

阿川佐和子の若い頃が平野綾似!結婚せず事実婚。新幹線エピソード
出典元:shinchosha

ビートたけしのTVタックル』でハッキリとした物言いや知性溢れる司会ぶり、エッセイ対談など老若男女問わず好感度の高い阿川佐和子さん。

2012年の自著『聞く力 心をひらく35のヒント』がベストセラーしたことも記憶に新しいですね。

スポンサーリンク

若い頃、平野綾に似てる

阿川佐和子さんは、現在62歳(2016年時点)ですが若々しくて品があって綺麗で可愛らしい人です。

そして若い頃は、今以上に可愛らしさが増していて惚れぼれします。その画像というのが、「阿川佐和子 若い頃」で検索すると出てきます。

その何枚かあるうちの「すぐどうぞ」とう画像が、個人的ではありますが声優・女優として活動している「平野綾」さんにどことなく似てます。

見られた方どうでしょうか?キャラは違いますがなんとなく似てませんか・・?

ちなみにこの平野綾さん、現在はニューヨークへ留学されています。自身のInstagramを公開されていますが、そのインスタ写真が衝撃なんだそうです。

もともとオデコが広いタイプという平野さん。最近の写真は、生え際が後退し顔の半分がおでこ状態なんだそうです。その写真に対してファンからは悲鳴が上がっているという・・。

阿川さんからちょっと話が脱線しましたが・・・笑。

そんな阿川佐和子さんについてのことや家族について!

阿川佐和子 プロフィール・経歴

【芸名】阿川佐和子(あがわ さわこ)
【出身】東京都
【生年月日】1953年11月1日
【身長】150
【血液型】O
【その他】所属

東洋英和女学院中学部・高等部を経て、慶應義塾大学文学部西洋史学科を卒業された阿川佐和子さん。卒業後は織物職人を目指し、様々なアルバイトを経験したといいます。今から考えると意外ですよね。

1981年『朝のホットライン』でリポーターを務めブラウン管デビュー。

そして1983年より報道番組『情報デスクToday』のアシスタント経て、1989年からは『筑紫哲也 NEWS23』のキャスターを務めた。

その後、1992年にワシントンへ渡り、帰国後『報道特集』のキャスターに。

報道キャスターとして出演し続づけていましたが、1998年に討論型バラエティー番組『ビートたけしのTVタックル』で進行役に抜擢。

バラエティ色の匂いがする番組なので、一時はどうなるかと思っていた方もおられたのでは?

しかし、ビートたけしさんを筆頭に強烈な個性を持つ共演者立ちにも、全く動じずハキハキとした物言いから、お茶の間の人気を博していきました。

大竹まことさんや浜田幸一さんなど、癖が強い男性に対しても引かずにはっきり意見を言うことができたり、荒れまくっている現場でバシッと一言で落ち着かせたり・・そんな阿川さんは男前です。

家族構成(阿川家)

・祖父/甲一(実業家)
・祖母/キミ(大阪、刀剣・骨董商・石井定次郎の娘)
・父/弘之(日本を代表する小説家)「春の城」「山本五十六」「井上成美」
・母
・兄/尚之(日本の法学者、エッセイスト、弁護士として活躍)
・弟/年が離れた2人の弟(1961年生と1972年生まれの2人)

お父さんは、94歳の時に老衰でお亡くなりになりました。

そんなお父さんとのエピソード
阿川さんは、幼い頃「この家に生まれたことが不幸だと思っていた」と振り返り語られていました。

小学生の時に誕生日会を開こうと考えていたら、バカバカしい会をするなとひどく怒られたようです。

そんなこともあり、大人になってからも留守電が入っているとビクッとし、すぐ折り返しの連絡をしていたそうです。

今日の作家・阿川佐和子とう人間性を造り出したのは、もしかしたらその威厳あるお父さんなのかもしれませんね。

結婚はせずに事実婚

阿川さんは、これだけの美人で知的なのになぜか未だ独身です。何か理由があるのでしょうか。

阿川さんは昔から結婚願望があるようで、お見合いは50回以上経験済みなんだそう。その中で好きになって結婚を考えた人は何人かいたというのですが、どうもうまくいかなかったようです。

阿川さんの理想が高いのでしょうか?なかなか上手くいかないみたいですね。

また、過去にお見合いした相手が国会議員の方がいて自身が司会する『ビートたけしのTVタックル』で何度か再会することがあったみたいです。

その時、気まずくなるのが正直なところ、阿川さんは特に臆することなく討論に交じっていたというからビックリです。でもなんだか阿川さんらしいですよね。

ちなみに阿川さんの現在の恋人についてですが、噂になっていたサイトがちらほら。その情報によると

2014年10月頃、白髪の年上ダンディーな紳士との「純愛」が報じられたようです。気になるお相手は6才年上で、教育関係の仕事をしていたそうです。

出会いは30年前で、阿川さんは「この先も一緒にいられたらいいかな」とパートナーであることを認めているようです。

また「事実婚」であるという報道もあり、大人の落ち着いた関係を築いているのではないでしょうかね。

30年の時を経て、今一緒にいるというのはとても素敵な関係で憧れますね。普通に考えてみて下さい。30年って長いですよ・・。

新幹線エピソード

阿川さんは、新型新幹線の名称決定委員に任命されたました。

その時、鉄道好きだったお父さんから「日本国鉄の列車の名前は歴代すべて大和言葉でつけられてきた」とアドバイスを受け、

そして、最有力候補となっていた「希望(きぼう)」という言葉は大和言葉にすると「のぞみ」になり、結果これが採用されたようです。

何気に知っている言葉の由来がへえーっていう感じですよね。

まとめ

どうでしょうか?若き頃の阿川佐和子さんは平野綾さんに似てましたか?
そんな阿川さんの今後、恋の行方やらも気になりますね。
怖かった威厳あるお父さんと同じ道を辿るのはやはり元々持っているDNAがいいのかなぁーなんて思いますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク